不動産売却のお悩み解決はイエトク!

【プロ推奨!】不動産売却には専任媒介契約がオススメな理由と注意点

専任媒介契約は、不動産仲介会社に売却を依頼する際の契約形態の1つです。
仲介会社1社とのみ契約を結ぶことができ、かつ「自己発見取引」が可能な契約形態ですが、不動産のプロはこの専任媒介契約での売却をオススメしています。

今回は専任媒介契約がオススメな理由と注意点について説明します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
POINT
  • 専任媒介契約は1社に絞って売却の仲介を依頼する
  • 専任媒介契約は、不動産会社が販売に積極的になるという理由でおすすめ
  • 専任媒介契約を結んだ後は、報告義務や販売活動を行っているかチェックする

専任媒介契約の特徴とほかの媒介契約との違い

不動産の売却を依頼する場合、その契約形態によって3つの方法があります。最も契約内容の縛りが厳しいのが「専属専任媒介契約」で、特定の1社のみに売却を依頼するため、自己発見(=自分自身で買主を見つけること)をすることはできません。その反対に複数の会社に依頼することが可能で、自己発見もできるのが「一般媒介契約」です。

専任媒介契約は、1社のみに売却を依頼するという点では専属専任契約と同じです。しかし、自己発見ができるため、専属専任媒介契約と一般媒介契約の中間のような位置づけです。

会社から売主への報告義務についても、専属専任媒介契約の場合には週に1回、専任媒介契約の場合には2週に1回という違いがあります。

不動産のプロが専任媒介契約を推奨する理由

不動産会社に売却の仲介の依頼をする場合、不動産のプロは専任媒介契約を推奨しています。その理由は、以下のとおりです。

  • 不動産会社が販売活動に力を入れてくれる
  • 2週間に1回、販売活動を報告すればいい
  • 複数の会社から物件の情報が出回ることなく、鮮度を保ったまま販売活動ができる
  • 売却を依頼した会社自身で買い手を見つけた場合(両手取引・両手仲介)、仲介手数料の値引きが期待できる

本気で不動産を売りたいのであれば、事実上、専属専任媒介契約か専任媒介契約のいずれかでないと難しいというのが半ば業界の常識になっているので、一般媒介契約は「売れたらラッキー」という程度の売却意欲の場合にのみ選択するのが妥当です。

しかし、専属専任媒介契約だと自己発見が認められておらず、身内や知り合いなどから購入の引き合いがあったとしても、そちらに売却すると違約になってしまいます。自力で購入希望者を見つける見込みがないからこそ媒介契約をするので、実際にはそういうケースはほとんどないのですが、自己発見の可能性を残しておくという意味で、専属専任媒介契約よりも契約内容に柔軟性がある専任媒介契約が推奨されています。

なお、専属専任媒介契約の契約期間は最長3か月なので、契約を更新せずに満了となれば、以後は自己発見による売買も可能です。

専任媒介契約におけるチェックすべき点と注意点

専任媒介契約を結んだ後は、基本的に不動産会社が購入希望者を探すことになります。だからといって任せっぱなしにするのではなく、ある程度は不動産会社の販売活動に対するチェックも必要です。

前提として、媒介契約書の内容に一度は目を通しておきましょう。

具体的にチェックすべきは、「2週間に1回の報告義務を守っているか」と「ネットやチラシなどの広告による販売活動を行っているか」です。販売活動については、一般媒介契約よりも力を入れてくれるのが普通ですが、自身でもチェックすることをおすすめします。

また、専任媒介契約において注意すべき点もあります。それが、「他社から引き合いがあったとき」と「解約をしたいとき」です。

専任媒介契約をした後であっても、他社からアプローチが来ることがあります。その場合、勝手に直接やり取りをすると違約になるので、専任媒介契約をしている会社を通すように申し出ましょう。

専任媒介契約の最長期間は3か月です。あくまでも最長なので、それより短い期間で契約をすることや、途中で解約することもできます。ただし、不動産会社が十分な販売活動を行い、報告を怠っていなかった場合(不動産会社に非がない場合)での中途解約は、不動産会社から広告費を売主に請求することも可能なので、最長期間である3か月後の契約満了を待つのが無難です。

他社に乗り換えたいという場合も同様で、契約期間中に勝手に乗り換えると損害賠償を請求されることもあります。

ただし、不動産会社が十分な販売活動を行っていなかった場合や、問題になっている囲い込み(※)と見なされる行為を行った場合には解約することができます。
※売却を依頼された物件について、他社からの引き合いがあっても販売せず、自社の顧客にのみ販売しようとする行為のこと。

POINT
  • 専任媒介契約は1社に絞って売却の仲介を依頼する
  • 専任媒介契約は、不動産会社が販売に積極的になるという理由でおすすめ
  • 専任媒介契約を結んだ後は、報告義務や販売活動を行っているかチェックする

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

基礎知識1.不動産売買に仲介会社は本当に必要なのか 不動産の仲介とはどういうもの? 不動産を売却・購入するときは、ほとんどの人が不動産仲介会 ... 続きを読む

不動産仲介

違約金を払わなければいけない4つの場合 契約方法や契約の設定期間によっては違約金を払う必要があります。 【違約金を払う必要がある場合】 仲介 ... 続きを読む

不動産仲介

不動産違約金TOP

不動産会社による売却物件の囲い込みは禁止されている 売却物件情報の囲い込みによる、不動産業界への影響 物件の「囲い込み」という言葉は、一般の ... 続きを読む

不動産仲介

×

イエイ不動産売却