不動産売却のお悩み解決はイエトク!

離婚時の財産分与にかかる税金を最大限抑える方法

離婚時の大きな問題となるのが財産分与の問題。自動車や預貯金、保険など、あらゆる財産を上手く分売する必要があります。その中で、不動産の分与を考えてはいるものの、どれくらいの税金が掛かってくるのかを考えると不安になってしまうのではないでしょうか。今後の生活もありますから、できることなら少しでも税金を抑えたいと思うはず。ここでは、そんな財産分与の際にかかる税金を抑える方法について紹介します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

離婚時の財産分与ではいくら税金がかかるのか?

財産分与する側とされる側で税金の種類や額は異なる

離婚後の財産分与では、どのような税金が掛けられることになるのでしょうか。まず、建物や土地といった不動産の財産分与が行われた場合、財産分与を行った人に対しては譲渡所得税が掛けられることになります。

では、財産分与される側にはどのような税金がかけられるのでしょうか。基本的には、登録免許税のみが税金としてかけられますが、原則贈与税と不動産取得税はかからないのが一般的です。

しかし、不動産の所有権移転の目的が財産分与をであったとしても、それが清算を目的とした財産分与ではなく、離婚後の扶養や慰謝料といった目的であれば、不動産取得税が税金として掛けられることになります。ただし、分与を受けた人が財産分与の対象になった不動産を住居として使用する際は、既存住宅を取得した際の不動産取得税の軽減が利用できるので、不動産取得税で問題が生じるということは多くありません。また、贈与税についても、次のような条件に当てはまってしまった場合、贈与税をかけられることになります。まず、財産分与を受けた財産の金額が、夫婦が婚姻中の協力によって得た財産や金額、その他すべての事情を加味しても多いと判断された時は、贈与税が多いと判断された財産部分にかけられることになります。さらに、離婚の原因が贈与税や相続税を免れるための行為であると認められた際は、離婚によって得ることとなった財産すべてにおいて、贈与税がかけられることになります。ここまでが、財産分与でかかる可能性のある税金になります。

では、具体的に不動産の財産分与でどれくらいの金額が税金としてとられるのでしょうか。まず、財産を分与される人がどれくらいの税金がかかるかを見ていきます。財産分与を受ける人は登録免許税のみとなります。この登録免許税は、固定資産評価額の2%になります。ですので、贈与された不動産の固定資産評価額を1,000万円とした場合の登録免許税は、20万円ということになります。

一方、財産分与をする人は、どれくらいの税金がかかるのかを計算します。不動産を譲渡し、1,000万円の利益を得たとします。ですので、この1,000万円に税金がかけられることになります。税金は、売却した年の1月1日時点の不動産の所有期間が5年以上もしくは5年以下で、かけられる税率が変化します。最初に、5年以上の長期譲渡所得の税金です。計算すると次のようになります。

所得税は1,000万円×15%、復興特別所得税は150万×2.1%、住民税は1,000万円×5%となり、合計で203万1,500円となります。

次に、5年以下の短期譲渡所得の税金の金額です。

所得税=1,000万円×30%、復興特別所得税=300万×2.1%、住民税=1,000万円×9%で、合計で396万3,000円課税されます。

なお、財産分与で不動産を贈与されたと判断された場合、贈与税が発生するため、確定申告は忘れずに行いましょう。

譲渡所得税をかけずに財産分与する方法とは?

財産分与をする人は、少しでも税金を抑えたいと考えるのではないでしょうか。そこで、利用したいのが譲渡所得の特別控除の特例です。この譲渡所得の特別控除が利用できれば、最高で3,000万円の控除が受けられるため、譲渡所得税が免除または免額される可能性があります。しかし、財産分与のタイミングを間違うと、譲渡所得の特別控除が受けられなくなります。まず、夫婦間の譲渡には譲渡所得の特別控除は適用されません。そのため、離婚をすることが決まっていても成立する前に財産分与をしたら、夫婦間の譲渡とみなされてしまうことになります。譲渡所得の特別控除を利用するためには、離婚が成立してから財産分与を行うようにしましょう。

住宅ローン残債がある家の財産分与で税額を低く抑える方法

不動産の財産分与をする場合、住宅ローンの支払いが終わっていない家も対象になります。では、住宅ローンの残債が残っている家の財産分与はどのように行われるのでしょうか。

まず、離婚が成立すれば、基本的に財産は半分ずつです。もちろん、話し合いなどでその割合は変化しますが、家の権利については困難を極めます。まず、ローンの名義は誰なのか、支払い期間はどれくらいあるのかなどトラブルを未然に防ぐためにも明確にしておきたいところです。それらの確認ができたら、次はローンの残債が家の売却額を上回るか下回るかを調べます。もしローンよりも売却額が上回る状態(アンダーローン)であった場合、ローンの返済ができ、残った金額を分割することが可能です。しかし、家の売却額がローンを下回る時(オーバーローン)は、売却してもローンが残ることになるので、財産分与やローンの返済などの問題が山積します。

このように、住宅ローンは、離婚後の生活にも大きな影響を与えかねません。そこで、「住宅借入金等特別控除」を活用することをおすすめします。住宅借入金等特別控除は、所得税や住民税といった税金の減免が利用できる制度です。この制度が利用できると、年末時点でのローン残高の1%が所得税から控除されます。

住宅借入金等特別控除の適用条件は、「合計所得が3,000万円以下」、「10年以上の住宅ローン」、「新築または購入する住宅の床面積が50m2以上、増改築、その他の場合50m2以上」、「住宅ローンの名義人が住むこと」、「中古住宅は耐震性能を有していることが必要」「リフォームした場合の費用が100万円以上」などです。これらの要件を満たすことができれば、住宅借入金等特別控除が利用できます。

不動産は売却して現金での財産分与にした方が良いの?

不動産の財産分与の登記費用や名義変更費用はどれくらい?

証明書類の発行手数料は自治体によっても違いがある場合がありますが、不動産の財産分与に必要な登記費用は下記の通りです。

財産分与に必要なもの 費用
評価証明書の取得 300円
住民票の取得 300円
印鑑証明書の取得 300円
登記簿謄本 1物件につき2000円
登録免許税 固定資産税評価額の2%

また、名義変更の場合であれば、手続きに必要な費用の内訳はおおよそ下記の通りです。

名義変更に必要なもの 費用
3ヶ月以内の印鑑証明書 450円
住民票 300円
固定資産評価証明書 400円
登記事項証明書1物件につき 600円
評価証明書 250円
登録免許税 固定資産税の0.4%

現金で財産分与するメリットとデメリット

不動産の財産分与では、売却してそのお金を分与するという方法があります。現金で財産分与するメリットは、既にローンが完済されていて物件を売却できる状況であれば、正確な金額を分与することができるという点です。ただし、ローンが残っている場合には、その金額を上回る売却金額がなければ売却できません。

そして、売却することにはいくつかのデメリットがあります。まず、物件によってはすぐに売れるとは限らないという点です。人気のある立地であれば、すぐに売れることも考えられますが、不動産を購入するということは多くの人にとってかなり大きな買い物です。今日売りに出して、次の日に売れるということは考えにくいでしょう。

そして当然のことですが、売却してしまった物件に住み続けることはできません。また、販売する際には内見できた方が有利ですので、売れる前には家を明け渡した方がよいということになります。離婚する場合には、さすがに同じ場所に2人で引っ越しをするということはないと思いますので、別々に引っ越し費用が発生します。また、売却するためには費用が発生します。物件の売却額が400万円以上である場合には、不動産会社に支払う手数料が売却額×3%+6万円となります。例えば400万円で物件を売却した場合には、18万円の費用が必要となります。この費用の分、分与額が減ってしまうということは理解しておく必要があります。

売却と名義変更ではどちらが得か?

一般的に離婚による財産分与には贈与税がかかりません。この場合の贈与は、正確な意味では贈与に当たらず、清算に該当すると判断されるからです。ただし、財産の金額が多すぎると判断される場合や、税金対策として離婚したと見なされる場合には、贈与税が発生するケースもあります。

そのため、売却した場合にかかる費用は、不動産会社への仲介手数料である「物件売却額×3%+6万円」となります。一方、名義変更にかかる費用は証明書類の発行手数料もありますが、一番大きな金額となるのが登録免許税で、「固定資産税の2%」。つまり、固定資産税が物件の評価額の1.4%となりますので、「物件評価額×1.4%×2%」となり、割合だけを見た場合に名義変更よりも多くなります。ただし、元にする金額が「物件売却額」と「物件評価額」と異なりますので、物件によってどちらが得であるのかは変わってくるでしょう。離婚で物件を売却する際には、なるべく早く手放したいと考える人が多いでしょうから、早く売れるように売却額を低く設定することも考えられます。そういった場合には、名義変更の方がお得になることもあります。

不動産の種類によって財産分与にかかる税金は異なるのか?

不動産が居住用かそれ以外かで財産分与にかかる税金は違う?

不動産の贈与には、受け取り側には不動産取得税が発生するケースもあります。ただし、結婚後に取得した不動産である場合や、離婚による清算を目的とした贈与である場合には、通常は税金がかかりません。

分与する側としては、譲渡取得税というものが発生します。譲渡取得税に関しては、不動産が居住用であれば、条件を満たすことで税金が大幅に控除されることがあります。しかし、贈与された物件に、居住用の場所と非居住用の場所が混在している場合には非居住用の部分は控除の対象となりません。まずは、購入時の金額が物件評価額を下回る場合。このケースでは課税自体が行われません。また、3000万円までの物件であれば特別控除があるため、課税はなしということになります。ただし、近親者への譲渡の場合には、控除の対象とはなりません。そのため、この控除を有効にするためには、離婚を成立させてから譲渡する必要があります。離婚前に譲渡を行いたい場合であれば、20年以上の婚姻関係があれば2110万円の控除があります。また、物件が居住用か非居住用かを問わず、(事業用)物件の所有期間が5年を超える場合と、5年以内の場合で、金額の計算方法が異なります。

戸建とマンションでは財産分与にかかる税金は異なる!

不動産の贈与では、所有権の移転登記という登録免許税が課税されます。夫婦間で財産を渡すことは贈与となりますが、離婚したときに相手に財産を渡すことを分与といいます。不動産の財産については分与でも贈与でも所有権は移転されることになりますから、登録免許税がかかってきます。

登録免許税の金額は固定資産課税台帳に書かれてある物件の土地と建物の価格が基準額となって決定され、固定資産評価額の2%となっています。また、新築や中古物件の取得や売買の際に適用される軽減措置は、財産分与や贈与には適用されません。物件が一戸建てでなくマンションである場合は、建物全体の価格のうち共有持分にあたる割合が対象となり、

不動産の固定資産評価額は分与される物件のある場所によって異なります。不動産の評価額が高い場合には高額になることもあるので、事前に役場や都税事務所で確認しましょう。

財産分与にかかる税金で損をしない方法

財産分与後も住宅ローン控除を受け続けることはできる!

財産分与された物件が、まだローンの支払いが終わっていない場合に、居住要件などを満たしていることで住宅借入金特別控除を受けることができます。ただし、物件の所有者と贈与後も生計を共にする場合には対象とはなりません。離婚による贈与の場合にはほとんどのケースで離婚後は生計を別にしますので、対象となることが多いでしょう。

また、居住用の物件のみが対象となり、それ以外の目的で所有している物件については控除を受けることができません。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

離婚をすると住宅ローン残債のある持ち家は誰のものになる? 妻名義、夫名義、共有名義の場合における違いとは? 婚姻中に夫婦が家を購入する場合、 ... 続きを読む

離婚と不動産

離婚と住宅ローン

離婚したら不動産の財産分与はどうやって行う? 不動産は評価額から計算して財産分与するのか? 財産分与をする場合、夫婦の分与割合に基づいて財産 ... 続きを読む

離婚と不動産

離婚時の家の財産分与TOP

ローン名義人が誰かによって、財産分与の方法や内容は変化するのか? ローンが夫婦どちらか一方の名義の場合 離婚をして夫婦が別々に暮らすわけなの ... 続きを読む

離婚と不動産

×

イエイ不動産売却