不動産売却のお悩み解決はイエトク!

マンション売却を成功させる不動産会社のおすすめの選び方

マンション売却を成功させたい!

不動産業者にはそれぞれの得意分野があるのでマンション売却を得意とする業者を探し出すことが重要です。


この記事ではマンション売却を成功させるための説明をします。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ

マンションを売却しようと思った場合、単に有名な不動産会社を選べば上手くいくというわけではありません。

不動産会社には得意な分野とそうでない分野があり、マンション売却に相応しい会社を見つけ出すことが大切なのです。

もしもマンションが不得意な業者と契約すれば、不当な値段で買い叩かれることもありえます

いくつか不動産会社の種類を挙げると、まずは媒介業者です。
媒介業者は土地の持ち主から売買を任されている代理業者です。

専門的な知識と経験を駆使して、できるだけ持ち主にメリットがある売買契約を結ぶために努力します。

分譲業者は土地の開発を行ったうえで顧客に販売活動を行ったり、別の会社に販売委託したりします。

自分たちで物件情報を生み出していくことが特徴だといえます。 そして買取業者は、土地の買取に特化した業者のことを指します。

ほかにも不動産業界は細分化しており、それぞれに異なる分野で成果を残しています。

マンションを売却する場合にはマンション売却不動産会社と呼ばれる、マンションで顧客数が良いなどの販売実績のある会社を探し出しましょう。

マンションを売却する際に選ぶ不動産会社は両手仲介と片手仲介どちらがいい?

不動産仲介の種類には以下の2つが挙げられます。

  • 片手仲介
  • 両手仲介
  • マンションの売却を検討しているときに注意したいのが、不動産会社が両手仲介か片手仲介かというポイントです

    片手仲介

    通常、売主と買い手は別々の不動産会社を利用していることが多く、取引が決まればそれぞれが利用していた不動産会社に仲介手数料を支払います。 これが片手仲介です。

    両手仲介

    結果から伝えると消費者にデメリットが多くなってしまいます。

    両手仲介ではひとつの不動産屋が売主とも買い手とも契約を結び、取引成立時に双方から手数料を払ってもらえるようなシステムを設定しています。

    依頼する側からすれば、手数料は変わらないしどちらでも良いと思うでしょう。

    しかし、両手仲介では顧客の囲い込みが発生しやすい傾向があります。

    囲い込みとは顧客を独占し、与える情報を制限する営業手段を指す言葉です。

    囲い込みがエスカレートすれば顧客の選択の機会が失われてしまうだけでなく、独占を招いて不動産業界の買取価格上昇へとつながるケースもあります。

    消費者にデメリットが多くなってしまうのです。

    不動産会社との契約マンション売却を成功させやすい媒介契約とは?

    土地を売るには媒介業者との契約内容を知る必要があります。

    媒介業者とは、以下のいずれかを結ぶことになります

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約
  • 一般媒介契約

    一般媒介契約では、契約者が複数の業者を使って取引先を探す自由が認められています。

    最終的には一社に絞る必要がありますが、それまでは数多くの選択肢を検討することができます。 じっくりとより良い案件を探せる契約です。

    専任媒介契約

    専任媒介契約では一社と単独契約を結び、ほかの業者と交渉することは契約違反になります。

    ただし、自分で見つけてきた買い手については業者を通さずに直接交渉することができます。

    専属専任媒介契約

    専属専任媒介契約では一社単独契約を結ぶうえ、仮に自分で買い手を見つけてきても不動産会社を通して交渉する必要があります。

    最終的にはどんなかたちであれ、業者に仲介手数料を払わなくてはいけないので顧客の金銭的負担は大きくなります。

    一般媒介契約以外の契約では、不動産会社は顧客を逃さないために囲い込みを行ってしまう傾向があります。

    売主が選択の自由を確保し、いろいろな相手の話を聞きたいのであれば一般媒介契約がおすすめです。

    マンション売却で信頼できる不動産会社の選び方とは?

    信頼できるマンション売却不動産会社を見つけるには、まず不動産会社のホームページを確認します。

    悪徳業者は実績や能力が伴っていないため、ホームページに記載できる内容がない傾向があります。

    そもそもホームページを作成していない悪徳業者もあります。 次に、免許番号を確認しましょう。

    不動産会社のなかには無免許で営業活動しているところも少なくありません。 発行されている免許番号があれば、とりあえず無免許の可能性はなくなります。

    また、行政処分歴のある不動産会社は過去、不正な取引を働いたことがあるということです。

    不動産情報がしっかりとしていない不動産会社は避けて通ったほうが無難でしょう。

    不動産査定で積極的に活用したいのが一括査定サービスです。

    複数の業者から比較ができるので、それぞれのメリットとデメリットを把握してより条件に適した会社選びをしましょう。

    さらに、査定価格ついては、値段だけでなく根拠も追求しましょう。 明確な根拠がある会社ほど信頼に足るといえます。

    口コミサイトのランキングで評判の良い会社を探すのもいいですが、内容の信憑性は薄いのでしっかりと自分の目で確かめて査定依頼をしましょう。

    まとめ

  • 不動産業者には各自の得意分野があるため、マンション売却を得意とする業者に依頼をしましょう
  • マンション売却を選ぶ際にはなるべく片手仲介を選びましょう
  • マンション売却を成功させるための媒介契約は一般媒介契約です
  • マンション売却はなるべく早く良い相手を見つけて、健全な取引を締結したいところです。

    たとえ不動産会社と契約を結んだ後でも、三カ月を目安にして、より良いマンション売却不動産会社に依頼し直すのも肝心です。

    心から納得できるマンション売却を実現するためには、売主も正しい不動産知識を身につけ、不動産一括査定などを利用して信頼できる不動産会社を見つけられるように動くよう努めましょう。

    一括査定はこちら

    不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

    手順 やること
    1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
    2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
    3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

    ”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
    今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

    大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
    などの不動産会社から査定結果が届きます。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

    この記事に関係ある記事はこちら

    マンションを早く売る方法は「低めの査定額設定」 マンションを「早く」、しかも「高く」売ることを両立するのは正直、非常に難しいと言えます。早く ... 続きを読む

    マンションの売却

    マンション売却の方法

    内覧を成功させるには、購入希望者の立場で考えつつ、好印象を与えるためのアピールをする マンション売却につなげる内覧のテクニック1:売主は基本 ... 続きを読む

    マンションの売却

    マンション売却時にかかる税金とは マンションを売却する場合には、主に所得税、住民税そして印紙税の3つの税金が関係します。所得税と住民税は、マ ... 続きを読む

    マンションの売却

    no image
    ×

    イエイ不動産売却