不動産売却のお悩み解決はイエトク!

マンションを売るのにかかる期間は?売却を4か月早める3つの方法

「マンションを売却して新しい家に買い替えたい!」
「なかなかマンションの買い手が見つからない...」

マンションを早く売るコツは、

  • 「売却に強い不動産会社を選ぶ」
  • 「マンション売却の適切な手続きとかかる期間を把握する」
の二つです。

コツを押さえることで4か月早くマンションを売却することができます。

そこでこの記事では、各手続きにかかる時間をわかりやすくまとめ、早く売るためのポイントやコツをお伝えします。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

不動産会社選びをする際は、無料の一括査定を利用しましょう

マンション売却に強い不動産を選んだほうがいい理由は二つです。

  • マンション売却に強い不動産は、買い手を早く見つけるノウハウを知っている
  • マンションを早く売却できる

一括査定サイトを利用して、マンション売却に強い不動産会社を見つけましょう。

しつこい勧誘は一切ありませんので、お気軽にご利用ください。

マンション売却に強い不動産会社を探す

マンション売却の3ステップと各ステップに要する期間

マンション売却の流れとそれぞれに要する時間は以下のようになっています。

step1 マンションを売り出す下準備をしよう(1~2週間程度)

step1ではマンションを売り出すための下準備をしましょう。おおよその目安の時間は1週間から2週間程度です。マンション売却は難しいものではありません。ここでは一緒に手続きを進めていきましょう。

相場をみて情報収集や相談をする

まずは、インターネットや不動産会社の広告を利用して、周辺の相場を調べましょう。

  • 「最近売り出されたマンションはどのくらいあるのか」
  • 「周辺のマンションはいくらで売り出されているのか」

を念頭に入れながら、ライバル物件を中心に調べていくとが大切です。

また、「その地域のマンションや家を買おうとしている人がどのくらいいるのか」も同時に調べられると今後に良いでしょう。

不動産需要は増加しており、価格は全国的に上昇傾向にあります。このような全国の相場の傾向を知っておくことも役に立ちます。

詳しくは「マンションを高く売る方法とは?知らなきゃ100万損する2つのコツ」をご覧になりましょう。

不動産会社に査定を依頼する

不動産会社への査定の依頼は、一括査定サイトを利用しましょう。一括査定サイトを利用することで、個別に不動産会社を訪ねるよりも数倍、スムーズに取引が進みます。

一括査定にかかる時間は最短60秒程度ですので、早めに査定をし、不動産会社を決めましょう。査定価格が事前に調べた相場価格とあまり離れていない不動産会社を選ぶことがポイントです。

「不動産会社に査定を依頼する」というステップは非常に大切です。査定を依頼した不動産業者の実力で今後の取引のスピードや売却価格が決まっていきます。中古マンションも新築マンションも同じです。

「どのようにすれば売却に強い不動産会社を選ぶことができるのか」は下記で説明しているので、しっかり見ておきましょう。

今すぐ一括査定をする

不動産会社に仲介を依頼する(媒介契約)

不動産会社が決まったら、実際にマンション売却の契約を結びましょう。

不動産会社は、売り手である私たちと買い手であるマンション購入者の仲介業者として働いてくれます。この「仲介役として働いきます」という契約を「媒介契約」と言います。

この契約を結ぶのにかかる時間は丸1日程度です。難しい契約ではないので時間はそれほどかかりません。

この媒介契約には3種類あります。

1⃣ 一般媒介契約

売主が複数の不動産会社に売却の依頼をすることができる契約です。一般媒介契約には、全国の売却されている物件の情報をまとめているレインズというネットワークシステムに登録する義務はありません。

メリット 依頼主は自分で買い手を探すことが同時にできる。
デメリット レインズに登録されないため、なかなか買い手が見つからない。

2⃣ 専任媒介契約

複数の不動産会社ではなく、特定の不動産会社のみに仲介の依頼をできる契約。しかし、先に自分で買い手を見つけることは可能。

2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務と7日以内にレインズへ情報を登録する義務があります。

メリット 不動産会社が特定のため、売却に向けて真剣に働く。
デメリット 不動産会社が気に入らない場合があっても、なかなか解約はできない。

3⃣ 専属専任媒介契約

「専任媒介契約」と同じで、複数の不動産会社ではなく、特定の不動産会社のみに仲介の依頼をできる契約。しかし自分で売り手を見つけることができない。

1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務と5日以内にレインズへ情報を登録する義務があります。

メリット 比較的早く買い手が見つかる。
デメリット 不動産会社が気に入らない場合があっても、なかなか解約はできない。

マンションを早く売るなら、「専任媒介契約」や「専属媒介契約」がお勧めです。一般媒介契約より早く売却できます。

しかしそこで大切になってくることは、不動産会社選びです。不動産会社の選び方は「不動産会社の選び方が今後の取引の時間を大きく左右する!?」で説明しているので、ご覧になってください。

以上で下準備は終了です。不動産会社との予定が合えば、一週間程度で終わることもあります。

step2 実際にマンションを売り出そう(約3ヵ月)

いよいよマンションを売り出していきましょう。マンション売却に強い不動産会社を選んでいればすぐ買い手も見つかります。目安は3ヵ月です。順番通りに焦らず売却していきましょう。

マンションの売却を開始する

不動産会社を選び、契約を結ぶ段階まで終えたら、実際にマンションを売却していきます。

不動産会社と契約を結んでいるので、特別な契約は必要ありません。よってこの段階にかかる時間は買い手が決まるまでにかかる時間、平均3ヵ月です。

できる限りマンションをきれいに見せるために、掃除をしておきましょう。場合によってはリフォームやリノベーションも必要です。

その他に、マンション購入希望者から「近隣にスーパーはあるのか」などマンションに関する様々な情報を聞かれることがありますので、できるだけ答えられるように情報は集めておきましょう。

内見、内覧の依頼がある場合は土日祝日に多いので、できる限り買取希望者の都合に合わせられるようにしましょう。内覧の際には、写真を撮らせてあげるなどの配慮をしてあげると、買い手の印象が上がり良いです。

マンション売却期間で差が出るのはこの段階です。早く売却するためには、早く買い手を見つける必要があります。なかなかマンションの買い手が見つからないときは、価格を下げる等をしてみましょう。

詳しくは「即実践!売却を4ヵ月早める3つの方法」を参考にし、実践してみましょう。

購入希望者と交渉する

購入希望者が見つかったら、買取希望者と交渉しましょう。交渉の進行具合によって大きく変わっていきますが、交渉だけで言えば長く見積もっても3日かからないでしょう。

価格交渉されるケースもあります。端数切捨て程度の値引きは一般的にありますが、基本的には大幅な値下げに応じる必要はありません。

以上で買い手が見つかりました。あとは実際にマンションを引き渡すだけです。ここまで来ればその後の手続きに時間はそれほどかかりません。あと一息ですので頑張ってマンションを売却していきましょう。

step3 買い手が決まったら、マンションを売却しよう(約2週間)

いよいよ最終ステップです。契約、引き渡しを終えたらマンションを売却は終了です。このステップで要する時間は約2週間です。不動産会社、売主、買い手の三者の予定が合えば、それほど時間はかかりません。あと少し頑張っていきましょう。

売買契約を結ぶ

マンションの買手が見つかったら、次は売買契約を結びましょう。売買契約書を作成し、仲介手数料などを話し合い、契約内容の最終確認を行います。手続きそのものは1日あれば終わります。

買い手がローンでの支払いを希望している場合は、審査に少々時間がかかります。仮審査→本審査の順に進み、仮審査は早くて3日程度、長くても約1週間程度を見ておけば大丈夫でしょう。本審査は1~2週間程度かかります。

必要書類は事前に調べておきましょう。書類によっては、平日のみの役所において手続きが必要となるので、役所を何度も通わずに済むようにしっかり調べておきましょう。詳しい手続きは「不動産売却の流れ8ステップと相続不動産売却の流れ5ステップ」を参考にしてください。

購入されたマンションの引き渡し

成約し、支払いも確認しましたら、マンションの引き渡しをして取引終了です。日程は余裕をもって決めましょう。不動産会社、売主、買主が揃った状態で立会いを行い、マンションを引き渡し、取引は終了です。

売却するマンションの所在地によって売れるまでの期間は異なる

売却するマンションの所在地によって売れるまでの期間は異なります。各地域の平均は以下の通りです。

地域 平均売却期間
首都圏 平均2.5ヵ月
近畿圏 平均3.3ヵ月
中部圏 平均4.1ヵ月

首都圏、特に東京は比較的早くマンションが売れる傾向にあります。売却の下準備の段階で参考にすると良いでしょう。

マンションが売れない人必見!知らなきゃ損する3つの理由

「マンションがなかなか売れない・・・」という状況に陥ってしまっている方は多いと思います。そのような時は、まず原因を理解し、そして対策することが大切です。マンションが売れない理由を理解して、早くマンションを売りましょう。

ここではマンションが売れない理由について解説していきます。

考えられる3つの理由

マンションがなかなか売れないときに考えられる理由は下記の3つです。

  1. 相場より高く価格を設定をしている
  2. そもそも不動産会社に売る気がない
  3. 競合物件の多い地域に売り出している

上記の三つの理由を解説していきます。

理由1 相場より高く価格を設定をしている

マンションの販売価格が相場よりも高く設定されているとなかなか売ることはできません。できるだけ高くマンションを売却したいと思う気持ちはわかりますが、価格は相応なものにしておくことをお勧めします。

競合の末、高くなることはあっても、最初から価格設定の高い物件が売れることはありません。

しかし、それでも高く売却したいと思う方は多いと思います。そのようなときは不動産一括査定を利用しましょう。一括査定を利用することで買い手が見つかるギリギリの価格を把握できるので、100万円高く売却することが可能です。

一括査定で値段を確かめる

理由2 そもそも不動産会社に売る気がない

「契約した不動産会社に売る気がないことなんてあるの!?」と驚いた方も多いのではないでしょうか? 残念ながら、そのようなことがあります。

「もうすでに売却を始めて、不動産会社と契約を結んだが、そこから進展しない・・・」という方は、この可能性が非常に高いです。今すぐに不動産会社を見直すことをお勧めします。

選んだ不動産会社によっては、いつまでも売れない場合もあります。早くマンションを売るために、もう一度不動産会社を見直しましょう。

理由3 競合物件の多い地域に売り出している

マンションを売り出した地域にライバル物件が多いとなかなか買い手が見つからなくなることが多々あります。

そのような時こそ、不動産会社の強さが大きく影響していきます。事前調査で競合物件が多いことがわかった人、もしくは途中でそのことが分かった人も、もう一度、しっかり不動産会社選びをしましょう。

即実践!売却を4ヵ月早める3つの方法

「理由は分かったけどどうすればいいの?」

そのような疑問を持つ方は、3つの方法を試してみましょう。実践するかしないかで売却までの期間が4ヵ月も変わっていきます。

  1. 売却価格を見直そう
  2. 一括査定を利用して不動産会社を選びなおしてみよう
  3. 買い取り業者に買い取ってもらうことも1つの選択肢

大切なことは実践することです。難しいことはないので、以下の3つの方法を試してみましょう。

1. 売却価格を見直そう

マンションの売却価格を相場よりも大幅に高く設定している場合は、販売価格を下げてみましょう。

マンションを買おうと考えている人は、まず相場から調べます。よって相場から大きく離れてしまっていると、「この物件は高いな・・・」と悪い印象を与えてしまいます。

逆に相場より安いマンションは、それだけでアピールポイントになります。価格は一括査定サイトを利用して調べると良いでしょう。

2. 一括査定を利用して不動産会社を選びなおしてみよう

マンションをなかなか売却できない理由の一つとして、不動産会社がそもそもマンションを売る気がないことがありました。そのようなときはすぐに不動産会社を見直しましょう。

まずは一括査定サイト「イエイ」を利用して、査定額を見て不動産会社を選びましょう。一括査定サイト「イエイ」が紹介している不動産会社は、どれも実績があり、マンション売却に強いとマンション売却経験者から高い評価を得ています。

不動産会社に複数候補が上がった場合は、「不動産会社を見極めるポイント」を参考にしましょう。

3. 買い取り業者に買い取ってもらうことも1つの選択肢

何をしても売れないという方は、最終手段として買い取り業者に買い取ってもらうこともできます。売買契約や引き渡しなど、ほとんどすべてを行ってくれるため、非常に楽です。また、売却代金を早期に受け取れることも大きなメリットです。

しかし、一般的なマンションの売却よりも買取価格は下がってしまいます。一般的に通常の売却価格の7割程度と考えてください。

不動産会社をしっかり選べば、マンションが売れないことはありません。まずは、買取業者に買い取ってもらうよりも、もう一度不動産会社を選びなおすことが良いでしょう。

不動産会社の選び方が今後の取引の時間を大きく左右する!?

不動産会社の選び方が取引の時間を大きく左右する理由

不動産屋によって、取引の時間は大きく変化していきます。自分に最適かつ、迅速な対応をしてくれる不動産会社を選んでスムーズにマンション売却を進めましょう。

不動産会社によって取引の時間が大きく左右する理由は2つあります。

一つは当然ですが、販売活動をするかどうかによって買い手が見つかるまでの時間も左右されます。販売活動をしっかり行う不動産会社でないと一向に買い手は見つかりません。

もう一つは、不動産会社の評判によって買い手が見つかるまでの時間が変わります。買い手は評判の良い不動産会社を選ぶ傾向にあるので、好評価の不動産会社に依頼する方が買い手は早く見つかります。

あなたは大丈夫!?不動産を選び直すべき3つの状況

  1. 売れない期間が続いている
  2. 販売価格が相場より高い
  3. 不動産会社の対応が悪い

もし状況に当てはまるのであれば、不動産会社を見直してみるといいでしょう。

1. 売れない期間が続いている

内見の依頼すら来ない状況が3ヵ月以上続いている場合は、このまま同じ状態で販売していても、売れる可能性は低いです。今すぐ価格や不動産会社を見直すなどをしましょう。

2. 販売価格が相場より高い

価格が買い手に与える印象は大きいです。販売価格は、競合により上がっていくこともあります。売れないときは思い切って販売価格を下げてみましょう。もう一度相場を確かめ、一括査定サイトを利用し、価格を見直しましょう。

3. 不動産会社の対応が悪い

不動産会社の対応が悪い場合は今すぐに不動産会社を選び直しましょう。不動産は信用の高さが取引のあらゆる場面で大きく関わってきます。

お客様への対応の悪い不動産会社は、売り手にも買い手にも寄り添わないため、買い手も高額な取引に敬遠しがちになり、購入を考えている買い手も逃げてしまいます。結果として、買い手が見つからないという事態も発生しやすくなります。

見るポイントとしては、担当者の対応はもちろんのこと、連絡への返信の速さや担当者の知識量や経験もしっかり見ておきましょう。

60秒で一括査定をしてみる

マンション売却を4ヵ月早める!不動産会社を見極めるポイント

不動産会社を選ぶ際、どのようなところを見ればいいのでしょうか?

しっかり見極めて、良い不動産会社を選びましょう。

1. 不動産会社の情報が頻繁に更新されているか確かめよう

不動産会社のホームページを見て、売り出されている物件情報が頻繁に更新されているか確かめましょう。空き部屋情報などの更新頻度も見ておくと良いでしょう。

情報を頻繁に更新している不動産会社は、販売に熱心であり、早期にマンションが売却される傾向にあります。マンションを早く売るためには、ここをしっかり見ておくことが非常に大切です。

2. 信用できる担当者か見極めよう

担当者が信用できる人か見極めましょう。知識や経験、電話応対の態度、雰囲気などで判断しましょう。

特に電話応対はその担当者の人間性をよくあらわします。質問などに対してまともに答えず、「とにかく会社に来てください」とすぐに会社に来させようとする担当者は、やめておくことをおすすめします。

不動産会社を変える必要があると思った人や、これからマンション売却を考えている人は、一括査定サイト「イエイ」を利用しましょう。ここで紹介している不動産会社は、情報も頻繁に更新されており、従業員も実績のある方が多いそうです。

POINT
  • 適切な不動産選びで売却までの期間は4カ月変わる
  • 平均的なマンション売却期間は3~6カ月
  • 適切な相場を知りたい場合は不動産一括査定サイトを利用しよう
  • マンション売却に強い不動産を選ぶことで、最短でマンションを売却できる

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

マンションを高く売却したいなら査定の方法もこだわる マンションがいくらくらいで売れるのかという、相場観や価格を知るためによく利用されるのが査 ... 続きを読む

マンションの売却

居住中のマンション売却における内覧のメリット・デメリット 居住中にマンション売却をするメリットは、仲介業者だけではなく、売主側も買主がどのよ ... 続きを読む

マンションの売却

no image

①オリンピックでマンション価格高騰は2018年まで?!市場からわかる売り時は? マンションの売り時は2017年から2018年と言われています ... 続きを読む

マンションの売却

マンションの売り時
×

イエイ不動産売却