不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家が狭いなら買い換えるべき?買い換えで後悔する人しない人

「家が狭いの解決できないかな?」

家が狭い問題は、収納方法やリフォームで一時的になら解決できるかもしれませんが、根本的に解決したいなら広い家に引越しするべきです。

実は、広い家に住み替えた方がいい人には共通の条件があります
ここでは、買い換えを積極的に検討するべき人とすべきでない人について理由とともに紹介しています。

広い家への買い替えを検討するべき人の特徴!

  • 家が狭くて生活に支障が出ている
  • これから子どもが増える、成長する
  • 子どもが異性同士

買い替えをすると損してしまう人の特徴!

  • 諸費用分まで含めて住宅ローンを利用している
  • 新築物件の購入から10年以内で、購入金額の大半を住宅ローンで支払っている

上記の場合はローンが残り、住宅ローンが膨らんでしまうため買い替えをおすすめできません。

これらのケースに当てはまらず、子供が増える等の理由で家が狭くなってしまうなどの問題が生じる人は買い替えを検討してはいかがでしょうか?

買い替えするならやっておきたいこと

買い替えを検討するならまず自分の物件の売却価格相場を把握し、不動産のプロにもできるだけ相談しましょう。売却価格を調べるなら、一括査定で複数社に依頼するのがおすすめです。

買い替え時に一括査定を利用するメリット

  • 査定の際に、買い替え物件の相談もできる
  • 買い替えをするべきか、リフォームで済ませるべきか適切な助言をしてくれる
  • 一括査定なら自動で対応可能な査定会社が見つかる
  • 1度に最大6社まで一括で査定依頼できる
    • 「ピタットハウス」「大京穴吹不動産」「ソニー不動産」などの企業が1,000社以上登録
  • 比較しないとハズレの担当者が見抜けない
    • 査定額に500万円の差が出る
    • 売却が1年以上遅くなる
    • 法的トラブルになることも

一括査定にはデメリットもあります……

  • やり取りの電話がかなりかかってきます
    • メールで査定結果をもらえるよう要望欄に記入してください
    • 査定依頼するのは2~3社にしておきましょう
  • 不動産会社と契約すると解約にお金がかかります
    • 無料相談も活用して慎重に選んでください
  • お断りするのもかなりストレスになります
    • 一括査定の「お断り代行サービス」を活用してください

みんな知らない、一括査定の6つの事実

  1. 個人情報は、イエローカード制度(※リンク先のPoint5参照)があるから漏れません!
  2. しつこい営業の電話直接訪問はありません!
  3. 自分が名義人じゃなくてもこっそりバレずに売却価格を調べられます!
  4. 不動産に関する悩みを無料でなんでも相談できます!
  5. 査定だけして売却しなくてもOKです!
  6. 仲介会社からの報酬で運営しているから、無料で利用できます!

イエイならたった1分で一番高く売れる不動産会社が見つかる!/

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

家が狭いと思っている人が買い替えを検討すべきケース

マンションやアパートなどの賃貸住宅に住んでいる人であれば、家が狭いと感じたら、引越しをして広い家に住み替えることも可能です。しかし、すでに家を購入した人の場合、そう簡単に住み替えるわけにはいかないという考え方が従来は一般的でした。

ですが、今では購入物件の情報も収集しやすく、住宅ローンの金利も安いので、住まいを買い替えるという選択も考えられます

以下は、実際に家が狭いと感じて不動産会社に買い替えの相談をする人が挙げている、主な理由です。

家が狭いことを理由に、買い替えの相談をする主な理由

  • 赤ちゃんが生まれる、生まれた
  • 子どもが成長して室内が狭くなった
  • 子どもが異性同士のため、現在のままでは部屋が足りない
  • ペットが増えた
  • 自宅兼事務所にしていて、仕事が増えた
  • いくら片付けても収納スペースが足りない

実際にこうしたニーズを持った人の多くが、家の買い替えをして結果的に成功しています。

家が狭い人が買い替えを積極的に検討すべきケース

なお、不動産のプロによると、特に次にあてはまる人は、買替えを積極的に検討すべきとのことです。

  • 家の狭さによって、現生活に支障が出ている
  • 子どもがまだ小さい、または子どもが増える可能性がある
買い替えを検討するべきケース

家の狭さによって、現生活に支障が出ている

2LDKの家に5人家族が生活しているなど、物理的にスペースが足りていない場合は、そのまま生活をしていても圧迫感などの問題は解決されません。原因が狭さにある問題は、もっと間取りの広い家に引越すの一番効果的な問題解決方法です。

子どもがまだ小さい、または子どもが増える可能性がある

育児をしながら暮らしていて家が狭いと感じ、実際に引っ越しを選択する方は非常に多いです。子供がまだ小さい場合、大きくなるにつれて物理的にスペースが不足することが予想されます。また、今後子どもが新たに誕生すると、現在よりも家が狭く感じられるようになります。

土地面積が狭い家のことを狭小住宅というのですが、狭小住宅にリフォームなどで無理やり子供部屋を作ると、子どもが成長するにつれてまたスペースが足りないといった問題に直面するケースが多々見受けられますので、早めに引越すのがお勧めです。

買い替えをするならまずは無料一括査定サイトで相場を調べる

以上を踏まえて、現在の住居を処分して、新たな住居への引っ越しをするならばまずは自分の物件の売却価格相場を知りましょう。相場を知るには物件の査定をするのが最も的確な方法なのですが、複数社に査定依頼をする場合、一つの会社で必要とされる手続きを申し込みたい依頼数だけしなければならなく、非常に面倒です。

そこで、無料一括査定サイトを用いると、一回分の記入だけで複数社に依頼ができて大変便利です。その中から信用のできそうな不動産会社を一社選べばよいのです。料金もかからないので気軽に見積もりを依頼すると良いでしょう。

無料の一括査定はこちら

ただし注意点として、見積もり価格が高ければ信頼できるというものでもありません。なぜなら見積金額と実際の売却価格に大幅な差があるという場合もあるからです。

家が狭くても買い替えを避けるべきケース

逆に、不動産のプロによると、次にあてはまる人は、買い替えを避けるべきとのことです。

  • 諸費用分まで含めて住宅ローンを利用している
  • 新築物件の購入から10年以内で、住宅ローン利用額と購入金額がほぼ同じ

諸費用分まで含めて住宅ローンを利用している

仲介手数料や登記にかかる費用など、住宅や土地以外の購入代金以外の費用も住宅ローンを利用して支払っている方が当てはまります。

諸費用は物件本体の価格ではないため、家が高く売れたとしても、買い替えた家のローン旧宅のローン残債とを二重で支払う可能性があります。また、その可能性がある限り、そもそも住宅ローンの審査も通りにくくなります。

新築物件の購入から10年以内で、住宅ローン利用額と購入金額がほぼ同じ

購入時は新築物件で築10年以内であっても、それが一度売りに出されると「中古物件」になります。不動産の価格が最も下がるのは新築から中古になるときなので、この値落ち分が住宅ローンの残債となってしまいます。

2000万円の新築物件を2000万円の住宅ローンを借りて購入していた場合、10年以内に売りに出してしまうと、住宅ローン残債は減っていないのに不動産の売却値だけが著しく下がってしまい、売却額での全額返済は難しくなるのです。

こうしたケースに該当する場合は、買い替えは避けたほうが無難です。住宅ローンの返済が困難になってしまうと、せっかく購入した家に住めなくなる恐れがあります

POINT
  • 家が狭いと感じたときには、思い切って引越してしまうのが良い選択
  • 子どもが増えた、子どもが成長したなど、子育てにまつわる家族構成の変化が買い替えの主なタイミング
  • 諸費用分も含めて住宅ローンを利用している場合、買い替えた家のローンと旧宅のローン残債を二重で支払う可能性がある

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

ポイント1:老後に住み替えすべき3つの条件 まず、住み替えのタイミングや理由にどのようなものが挙げられるでしょうか。 実は、老後は住み替えの ... 続きを読む

住み替え・買い替え

老後の住み替え

ダブルローンとは同時に2個の住宅ローンを借りること ダブルローンとは、現在の家のローンがまだ残っている状態で、新しい家についてもローンの借り ... 続きを読む

住み替え・買い替え

ダブルローン

マンションの住み替えマニュアル!損をしないためのコツは? 初めてマンションを住み替えるときには分からないことが多くて、不安を感じてしまうもの ... 続きを読む

住み替え・買い替え

×

イエイ不動産売却