不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家を査定する前に相場を知る!満足度の高い売却の必須知識!

「家を売却するなら高く売りたい!」

家を売却する際、一社に絞った依頼はやめましょう。


ここでは査定依頼や査定額の正しい知識を説明します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

査定額の誤った認識に注意!

家の査定を不動産会社にお願いしたら、プロが出した結果なのだからその金額が相場だと考えてしまう人は多いでしょう。

しかし、実際にはそうではない可能性もあります。 実は査定額は不動産会社が独自に算出している売却を想定した金額なのです。

そのため、1社に査定をお願いしただけで、それが相場であると結論づけてしまうのは早いです。

もし、自分が想像していたよりもはるかに高い査定額が出たらうれしいですが、それは実際に売れる金額ではないことがありますので注意しましょう。

家を売却するための査定であるにもかかわらず、金額が相場と離れているために売れなければ本末転倒です。

不動産会社の中には、仲介物件を獲得したいためにあえて相場よりも高い査定金額を出す場合もあるので、必ず1社だけでなく複数の不動産会社に査定を依頼し比較することが大切です。

査定前に相場を知ろう!

家を売却するときに、早く売ってしまいたいからといってすぐに多くの不動産会社に査定を依頼することがあります。

確かに、急いでいるときにはそれも有効ですが、自分なりに相場感をもっておかないと不動産業者とのやりとりをする中で気持ちが固まらない原因になることがあります。

できれば不動産会社に査定をお願いする前に、自分で相場を調べておきましょう。 自分なりに事前知識をもっておけば、複数の査定が出た後でどの査定が現実的なのかを判断する材料になります。

調べる方法はいくつかありますが、マンションであれば同じような間取りの売り出し物件をWeb上で探すことができます。

売却したい家と同じマンションが見つかれば良いのですが、同じマンションで売物件がないときには、近所で同じような築年数、間取りの物件を探しましょう。

他には、Web上で簡易査定ができるサイトもあります。 自分で手軽に調べることができるので上手に活用しましょう。

家の売却相場を調べる3つの方法!

さらに家の売却相場を詳しく知りたい場合には、どのような方法があるのでしょうか。

主に3つの方法を紹介します。

  • 国土交通省の土地総合情報システム
  • 国土交通大臣指定のレインズ
  • 不動産会社の一括査定サービス
  • 土地情報システム

    土地情報システムとは、国土交通省が提供しているシステムです。 土地の相場や地価が上がっているのか下がっているのかを詳細に知ることができます。

    レインズ

    レインズは不動産会社が利用しているシステムですが、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているため信頼性が高いサイトです。 全国の物件の売買価格を検索することができます。

    不動産会社のポータルサイト

    ポータルサイトから無料で審査を依頼できる一括査定というサービスをご存知でしょうか。

    一括査定では一度に複数の不動産会社へ査定を依頼できるほか、査定額の差をすぐに見分けることができる便利なサービスです。

    相場を調べる際に知っておこう!

    家の査定相場について、不動産会社によって違いがあること以外に知っておくとよいことはあるのでしょうか。

    一般的な知識として相場を調べるときに気にしておきたいポイントがいくつかあります。

    土地の価値はそれほど変動しませんが、建物は築年数が経てば経つほど不動産価格は下がります。 そのため、新築ならまだしも中古住宅であるならば築年数についても気にしましょう。

    また、どれだけ急いで家を売却したいかによって売却額がかわってくることです。 不動産会社は一般の方に広く家を売り出すことによって、できるだけ高く売却できる買主を探します。

    しかし、すぐに売りたい場合には不動産会社が買い取ってくれることもあります。 急いでいるときには有難い制度ですが、その際は相場よりは安くなることが多いです。

    一般的な仲介は売却に時間がかかる傾向にありますが、買取よりも売却価格は高くなるでしょう。

    正しい査定相場を知るコツ!

    家を売却するときは情報が多すぎると、どれが正しい査定金額なのかわからなくなってしまうことがあります。 そのため、自分なりに相場感をしっかりもつことが大切といえます。

    さらに、情報が多すぎることは混乱の原因になる可能性がありますが、1社だけの査定で満足しないようにしましょう。

    高い査定がでたからこの金額で売却できると思ってその不動産会社に依頼しても、一向に売れる気配がないという可能性もあるからです。

    適切な時期に納得のいく金額で不動産売却するためには、必ず複数の不動産会社に査定をしてもらい、適正な査定相場を基に売却依頼をすることが大切といえます。

    複数の不動産会社に一括査定を依頼できるサイトなどがありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

  • 不動産会社への査定依頼は一社だけに頼らず複数の会社に依頼しましょう。
  • 相場を知る前の注意点として建物は築年数が経つほど取引価格は下がるということを覚えておきましょう。
  • 査定を依頼して希望売却価格以上の査定価格が出ても、その査定額は実際に売却できる金額ではないので気をつけましょう。
  • 家を売却するときにはなるべく高く売れるように不動産会社に売却相談をしましょう。

    査定を依頼する際には一社に絞らず複数社に依頼して自分が一番信頼できる不動産会社を見つけましょう。

    「一括査定」の詳細を見る

    不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

    手順 やること
    1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
    2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
    3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

    ”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
    今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

    大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
    などの不動産会社から査定結果が届きます。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

    この記事に関係ある記事はこちら

    一戸建てとマンションでは、毎年下落する価値幅は違う 新築で購入した一戸建ては、毎年2%ずつ価値が下落していく 新築で購入した一戸建ては、大体 ... 続きを読む

    家の売却

    新築物件の売却のタイミングTOP

    p家の掃除が査定額に影響する? 家の価値は掃除しただけで大きな変動はあるのでしょうか。 実際に家の価値を決めるのは以下の3つの要素が関係して ... 続きを読む

    家の売却

    no image

    家の売却を考えたら即行動が大切! マイホームは一生の買い物とはいいますが、もし今の家より良い物件があれば買い替えしたいと思う人も少なくありま ... 続きを読む

    家の売却

    no image
    ×

    イエイ不動産売却