不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家の売却にトラブルは付きもの?トラブル事例と対処法まとめ

「家を売却する際にトラブルは起こるの?」


家を売却するときにトラブルがつきものといっても過言ではありません。


この記事ではトラブルを回避するための方法について説明します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

家の売却時にトラブルは多い?

平成26年度に行われた宅地建物取引業法の施行状況調査によると、売却時のトラブルは399件発生しています。

その内訳は以下の通りです。

  • 宅地
  • 土地付き建物
  • マンション
  • 上記の中で「住宅」は全体の33%を占めています。

    年間に締結される売買契約から見るとこの数値は少なく感じるかもしれませんが、これはあくまで苦情・相談があった件数です。

    実際はこれよりも多くのトラブルが発生していると予想ができるでしょう。

    契約に関するトラブルは多い

    不動産取引を行うときは必ず契約書を作成し、内容に合意したうえで売買の手続きを進めていきます。 しかしこの売買契約書は専門的な言葉も多いため、内容をしっかりと確認しない人もいます。

    契約書の内容を理解しないままサインをしてしまうと、のちのち大きなトラブルにつながるため注意が必要です。

    一度契約書にサインをしてしまうと、その契約内容を取り消すことは困難です。 仮に契約破棄を申し出たとしても違約金を求められることがほとんどです。

    家の売却自体が大きな取引となるため、違約金も高額になる傾向があります。 よって契約書はすべての項目を確認し、不明点があれば不動産業者に質問すると良いでしょう。

    家の売却を業者任せにするのではなく、自分自身できちんとコントロールすることでトラブルのリスクは軽減できるはずです。

    瑕疵担保責任のトラブルも起こりがち

    瑕疵担保責任とは簡単に発見できない欠陥が見つかった場合に、売主が負う担保責任です。

    対象となる瑕疵には雨漏りやシロアリをはじめ、構造上主要な部分の瑕疵、給排水設備の不良などが挙げられます。

    こういった欠陥は発見が難しいため、不動産物件の知識がある専門家による不動産調査が必要となります。 一般的な不動産売買の場合、これらの調査内容を売主、買主ともに認識したうえで契約を進めていきます。

    けれども一部の取引では、売却の経費を抑え、少しでも物件を高く売るために、これらの調査を十分に行わないケースがあります。

    もし家の売却後、契約物件に何らかの瑕疵が見つかった場合はその責任を取ることになります。

    売主にとっても買主にとっても納得のいく売買にするためには、事前に劣化が激しい場所などの不動産情報を周知しておくことが重要です。

    トラブル回避策は事前に!

    これまで紹介してきた契約に関するトラブルや瑕疵担保責任については、事前に回避することが可能です。

    まず契約に関するトラブルについては、契約の解除条件をしっかりと確認することが大切です。 もし簡単に契約解除できないような内容になっている場合は慎重に契約締結しましょう。

    また瑕疵担保責任は売主が判明している瑕疵を隠さずに告知し、買主も自分自身の目で確認することが重要です。

    たとえ売却に不利になるような情報だったとしても、公開しないことはのちのち自分の首を絞めることに繋がります。

    また買主は可能な限り物件の調査に立ち会い、自分の目で瑕疵があるかないかを確認すると良いでしょう。

    もしもトラブルになったら

    もしも家の売却でトラブルに巻き込まれてしまったら「全国宅地建物取引業協会」や「全日本不動産協会」に相談しましょう。 これらの窓口は不動産売買に関するトラブル解決のスペシャリストです。

    トラブル解決のノウハウも蓄積されているため、納得のいく落としどころを見つけることができるはずです。

  • 司法書士
  • 弁護士
  • 土地屋敷調査士
  • また不動産には上記のように様々な資格を持った人が関わっています。

    登記に関することは司法書士、法律に関することは弁護士、地積や測量に関することは土地家屋調査士など、そのトラブルの専門家に相談することでスムーズに解決することができるでしょう。

    不動産会社の選定が重要!

    不動産売買のトラブルを避けるためには、信頼できる不動産会社の選定がポイントとなってきます。

    売主を煽ったり高圧的な態度を取ったりする業者もあるため事前に不動産会社についての情報も収集すると良いでしょう。 また対応が遅い業者にも注意が必要です。

    不動産会社に査定依頼を決めてからは、売買の担当者と密なコミュニケーションを取ることも大切です。 すべてを不動産会社に任せるのではなく、しっかりと自分の考えを伝えることを心がけましょう。

    家をスムーズに売却するための不動産会社選びには、一括査定サイトの利用がおすすめです。

    複数の業者を比較して契約できるためトラブル回避に繋がります。 会社の紹介ページや口コミなどをチェックし、信頼できる不動産会社を探しましょう。

    価格の安さだけでなく、売却の実績や担当者の対応など総合的に判断し不動産会社を選ぶことで、納得のいく不動産売買ができるはずです。

    まとめ

  • 家の売却にはトラブルが起きる可能性があるので可能な限り自分の目で瑕疵の有無を確認しましょう。
  • 万が一トラブルが起きてしまったら「全国宅地建物取引協会」「全日本不動産協会」に相談しましょう。
  • 家の売却で起きるトラブルを避けるためには一括査定で不動産会社を選ぶのがポイント
  • 家の売却で起きたトラブルは自分で解決することは難しいでしょう。 トラブルを回避するためには複数の会社に不動産査定を依頼する必要があります。

    トラブルなくスムーズに売却するためには是非不動産一括査定サイトで自分の信頼できる不動産会社を選びましょう。

    一括査定はこちら

    不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

    手順 やること
    1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
    2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
    3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

    ”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
    今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

    大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
    などの不動産会社から査定結果が届きます。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

    この記事に関係ある記事はこちら

    pローン中の家でも売却できる? 住宅ローンが残っている家を売却するには住宅ローンを全額一括返済する必要があります。 ローンの支払いが残ってい ... 続きを読む

    家の売却

    no image

    空き家の放置は危険!賢い売却と対策方法まとめ 今まで親や親族が済んでいた家が、高齢化などの様々な事情で空き家になっている人は気を付けた方がい ... 続きを読む

    家の売却

    家をより高く売却するためのお金に関するポイント3つ! 家を売りたいと思ったときに、気になるのはいくらで売却できるのかということではないでしょ ... 続きを読む

    家の売却

    no image
    ×

    イエイ不動産売却