不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家の売却を住みながら進めたい!どんな方法がある?

「家に住みながら売却したい!」


家に住みながら売却することはデメリットもあります。


この記事では家に住みながら売却したい方へデメリットも含め説明します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
p

空き家で売却するメリットとデメリット

空き家で売却する際のメリットとデメリットは以下のようなものがあります。

メリット

売却の際に避けられない内覧を不動産業者にほぼ任せることができる点が挙げられます。

不動産業者に家の鍵を預けることが出来るので内覧希望者の応対や家族の都合を考えずに内覧できます。 また、内覧希望者と売主の時間の都合があわず、やむなく断るといった事態は起こりません。

そして空き家になっているため、内覧希望者は素の状態の家を見られます。

暮らしている人間には感じにくい事柄ですが、初めて来た人には気になることがあり、物件のイメージを損ねることがあります。

少しでも良いイメージを持たせるために 室内には家具を置かず広く明るく見せるようにしましょう。

デメリット

家の売却が済むまで次の新居の購入資金が入らないわけですから、その間売主は賃貸物件で生活することになります。 ですので売却するまでの期間が長引けば出費も増え、資金計画に影響が出るかもしれません。

売却物件の住宅ローンの支払いが終わっていなくても、ダブルローンなどを組んで新居を購入する方法もありますが、それには手持ちの資金に余裕が必要になります。

またメリットのはずの、空き家になり家具が置かれていない状態は、置かれていた跡や日焼けなどを目立たせ物件を汚く見せてしまう子ケースもあります。

汚れに関しては、空き家にするにしても注意しておかなければなりません。

住みながら売却するメリットとデメリット

家に住みながら売却するメリットとデメリットを説明します。

メリット

住みながらの家の売却では、売買契約が結ばれるまで自宅に住み続けることができます。 内覧のために家を片付けなければならないとはいえ、引っ越すほどの大きな変化ではありません。

引っ越しには賃貸料だけではなく、生活用品を移動させるという手間と料金も掛かります。 空き家にして売却を待つ方法だと、2回引っ越ししなければならなくなることがあり、負担感も強くなります。

デメリット

実際に生活しているので住んでいる人間の予定とかち合い、内覧のスケジュール調整は空き家の場合よりも神経を使います。

また、家具が置かれている分本来の部屋の面積より、部屋が狭く見えてしまうのもデメリットといえます。

生活に使っている空間は、モデルルームのような美しさはないでしょう。 住んだときのイメージをくっきりさせる効果も持ちますが、万一不潔といったマイナスイメージを持たれるようなものだと逆効果になります。

また内覧に来た人は、自分の持っている家具が室内に収まるかどうか長さを測るといった情報も欲しがっています。

ですが、ここで生活しているのだと思うと、人によっては遠慮が勝ってしまうこともあるかもしれません。

家に住みながら売却するポイント!

家に住みながら売却する場合には、売主のほうにメリットが多くなります。

そこで売却を有利に進めるためには、内覧希望者のマイナス面をできるだけ減らすように努めなければなりません。

希望者は売主にとってはお客様に当たるのですから、内覧の希望があったらそちらの都合を最優先にするようにしましょう。 先延ばしにしていると、別の物件に流れてしまう可能性もあります。

室内はすみずみまできれいに掃除し、引っ越し直前のように必要なものだけしかない状態にします。

散らかった部屋は悪印象を持たれがちですし、必要最小限に物を抑えることで広く見せる効果もあります。 内覧時は晴れていても照明を付け、明るくしておきましょう。

内覧希望者が落ち着いて見学できるように、子どもやペットがいる場合は、その時間は連れ出してもらうことも大切です。 また生活臭を少しでも減らすため、内覧の直前には換気しておくのが良いでしょう。

想定される質問への用意を!

住みながら家を売却する場合には、内覧の際に売主が立ち会うことが多くあります。

家で生活している本人がいるのですから、内覧に来た人としてはいろいろ質問したくなるものです。

  • スーパー
  • 学校
  • 公園
  • 上記などの生活に関わる周辺環境の利便性は物件の使い勝手とつながりますから、よく聞かれる質問です。

    しかしそれについて知ってはいても、突然尋ねられると具体的には説明できないと思います。 聞かれやすい事柄をわかりやすく答えられるように、前もって回答を整理しておくと良いでしょう。

    実感の伴った答えを親身にくれる売主には好印象が持たれ、購入する決心をする後押しになることもあります。 また、物件の売却理由といった契約に関係することを尋ねられることも考えられます。

    このような質問は相手の身になって考え、回答するようにしましょう。

    売却方法で迷ったら一括査定で解決!

    空き家にしてからの売却と、住みながら売るのには両方にメリットとデメリットが発生するためどちらが良いとは言い切れません。

    売主の努力によっては、デメリットがメリットに変えられるものもあります。

    家の売却という大きな取引では、どちらが自分の物件に向いている方法か素人にはすぐに判断できないことがあります。

    そこで不動産会社のスタッフというプロに相談するのが、失敗しない売却を進めるためには重要となってくるのです。 それにはまず、一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。

    多くの不動産会社と当たることにより、査定価格だけでなく自分との相性の良し悪しもわかります。

    それにより売却方法を決めるための頼もしいアドバイザーを得られ、自分に適したやり方で家を売ることができるでしょう。

    まとめ

  • 家を売却する際は家に住みながら売却する方が良いです。
  • 内覧で良く聞かれる周辺環境などは事前にまとめましょう。
  • 売却する際には是非一括査定を利用しましょう。
  • 空き家で売却するか住みながら売却するか、とても悩むと思います。 しかし、両方を比較すると家に住みながら売却する方が良いことが分かります。

    上記を決めたら次は不動産会社をどこにするか悩むと思います。 是非、一度に複数社に依頼できる一括査定サービスを利用して信頼できる不動産業者を見つけましょう。

    一括査定はコチラ

    不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

    手順 やること
    1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
    2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
    3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

    ”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
    今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

    大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
    などの不動産会社から査定結果が届きます。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

    この記事に関係ある記事はこちら

    一戸建てとマンションでは、毎年下落する価値幅は違う 新築で購入した一戸建ては、毎年2%ずつ価値が下落していく 新築で購入した一戸建ては、大体 ... 続きを読む

    家の売却

    新築物件の売却のタイミングTOP

    空き家の放置は危険!賢い売却と対策方法まとめ 今まで親や親族が済んでいた家が、高齢化などの様々な事情で空き家になっている人は気を付けた方がい ... 続きを読む

    家の売却

    知らないと騙される!契約前に家の相場を把握する 不動産会社の出した査定額が間違っていた場合、あなたの家はいつまでも売れなかったり、安く買い叩 ... 続きを読む

    家の売却

    ×

    イエイ不動産売却