不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家を売却するポイント9選!より高くスムーズに売却しよう!

「家を高くスムーズに売りたい!」

家を高くスムーズに売却するにはいくつかのポイントがあります。


この記事では家を売却して得するための説明をします。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

家をより高く売却するためのお金に関するポイント3つ!

家を売りたいと思ったときに、気になるのはいくらで売却できるのかということではないでしょうか。 まずは家の相場を知ることから始めましょう。

インターネットの不動産サイトを調べてみると大体の相場を把握することができます。 不動産の一括査定サービスを利用するとさらに正確な相場を調べることが可能です。

複数の不動産業者に査定を依頼することのメリットは、他社との競争があるためにより高く売りに出してもらうことができ、良い担当者や信頼できる不動産会社に出会える可能性も上がることです。

さらには不動産に関する情報収集ができますので、知識を持って売りに出すことができます。 そのため、はじめから一つの不動産会社に絞って査定を依頼するのは避けたほうがいいでしょう。

査定価格については「一番高く査定した業者」=「一番高く売ってくれる業者」ではないことを知っておく必要があります。

中途半端な知識のままに査定価格で仲介業者を決めるのは間違いです。 家は査定価格で売却できるわけではありません。

買主側も相場を知っている可能性があり、査定価格が高くても市場の相場に合わない場合には売れないことや、相場や希望より安い値段で折り合いをつける結果になりかねません。

高額な査定額を提示してくる業者のなかには、仲介契約を結ぶことだけを目的としている業者もありますので、「なぜその査定額が提示できるのか」ということを直接聞いてみることをおすすめします。

受け答えの態度や内容次第で、良い業者と悪い業者を選別できます。 また、家を売るときにはお金がかかることも知っておきましょう。

残念ながら売れた金額がそのまま手元には残りません。 家の売却には仲介手数料や税金が必要になるためです。

例えば、家が2000万円で売れた場合には仲介手数料は最高で69万3000円もかかります。 税金の分も考慮に入れて資金計画をしっかりと立てることが重要です。

家をスムーズに売却するための交渉のポイント2つ!

家を売却する際には買主の要望に応える姿勢を大事にしましょう。 不動産売買においては最初に現れた買い手のほうが売れる可能性が上がります。

時間が経過するほど売れにくくなる傾向にもありますので、価格交渉にも応じ、若干割引の必要があったとしても売れ残ってしまうよりは早く売却できたほうが得になると考えられます。

中古住宅にはエアコンなどの付属品が多くあります。 また、汚れたキッチンや床のたわみなどマイナスになる箇所もあり、これらをどうするのかについては売主と買主の間で交渉が必要になります。

すべてを聞き入れる必要はありませんが、そういった部分でもなるべく交渉に応じる姿勢を見せるようにしましょう。 買主は売主の態度を見て購入を決定することが多いので、買主の希望にはなるべく耳を傾け、良い印象を与えることが大切になります。

価格の交渉においても応じる姿勢が必要です。 新築住宅の値段が低下傾向にあるため、中古住宅の需要は減っているのが現状です。

そのため、売主の希望通りに売却できることはほぼありません。 売るか売らないかについては売主の自由ですが、交渉に応じる姿勢がないことで、仲介業者から販売活動の中止を告げられることもあります。

希望価格からあまりにかけ離れている場合には値段交渉に応じる必要はありませんが、値下げ交渉が入ってきたら冷静に状況を考えてみることが大切です。

不動産業者を選ぶ際のポイント4つ!

売主にとって良い不動産屋とは物件を高く、早く売ってくれる不動産屋のことを指します。

不動産屋が正しい査定額を示し、丁寧で素早い接客対応をしてくれることで家の価格が100万円単位で変わることもあります。

また不動産仲介会社にはそれぞれ以下の得意分野を持っています。

  • マンション
  • 戸建て
  • 土地
  • どの分野における売却が得意であるのかは、取り扱っている物件の多さで判断が可能です。

    自身での判断が難しい場合には、これまでの販売実績や、売却までにかかる時間を担当者に聞いてみるのも良いでしょう。 また、わからないことに対して説明を求めたときにわかりやすく説明してくれるかといった点にも着目しましょう。

    営業担当者が自分の意見をきちんと言えるかどうかは非常に肝心です。

    自分の考えや意見があり、それを相手に伝えられる営業マンは値引き交渉のときに売手の希望を上手にくみ取って交渉する力があると考えられます。

    信頼できる不動産会社か判断するには、宅地建物取引業の免許番号を調べるのも効果的です。

    免許番号に記載されている更新回数がポイントで、宅建業の免許有効期間である5年から何回更新しているかで、営業歴の長さをざっくり知ることができます。

    免許番号は不動産屋では必ずどこかに提示されていますので探してみましょう。 インターネットでも検索でき、きちんとした登録のある不動産会社である場合は国土交通省のサイトからも検索が可能です。

    妥協せずに家を売却するには?

    家をスムーズに売却するコツは売却に適した不動産屋を選び、円滑なコミュニケーションを図りながら売却を進めていくことです。

    そのために不動産屋選びは非常に重要であり、多くの選択肢の中から自身にとって最適な不動産会社を選ぶのがおすすめです。

    不動産売却の一括査定サイトを利用することで多くの不動産屋を知るきっかけとなり、その中から最適な不動産会社を選ぶことができるので利用してみるのがいいでしょう。

    まとめ

  • 家をの希望価格を考える上で必要なことは家の相場を知ることです。
  • 家をスムーズに売却する際には最初に現れた購入希望者を選ぶと良いです。
  • 不動産業者を選ぶ際には各特印分野を知った上で選びましょう。
  • 家を売却する時に不動産の価値など自分で調べることはほぼ不可能です。

    家を売却する事に関することは不動産会社に聞いた方が確実ですので、ぜひ一括査定を利用して信頼できる不動産会社を見つけましょう。

    「一括査定」の詳細を見る

    不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

    手順 やること
    1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
    2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
    3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

    ”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
    今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

    大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
    などの不動産会社から査定結果が届きます。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

    この記事に関係ある記事はこちら

    一戸建てとマンションでは、毎年下落する価値幅は違う 新築で購入した一戸建ては、毎年2%ずつ価値が下落していく 新築で購入した一戸建ては、大体 ... 続きを読む

    家の売却

    新築物件の売却のタイミングTOP

    中古住宅は築30年以上が人気の傾向 築年数が30年もあると、そもそも家が売れるのか心配になる人も多いかもしれません。 しかし、実際の市場の動 ... 続きを読む

    家の売却

    no image

    p空き家で売却するメリットとデメリット 空き家で売却する際のメリットとデメリットは以下のようなものがあります。 メリット 売却の際に避けられ ... 続きを読む

    家の売却

    no image
    ×

    イエイ不動産売却