不動産売却のお悩み解決はイエトク!

不動産の公売とは?損する公売より任意売却なら最大30%もお得!

お急ぎの方はまとめをお読みください。

公売だと安値でしか売れないって本当?

公売とは、競売とは違い、未払いの税金を回収するために国が家を差し押さえて売却する行為です。
実は、不動産の公売は市場価格の7~8割の金額しか支払われず、損をしてしまうというのはご存知でしょうか?

このサイトでは、不動産の売却は避けられない状況でも、「損をせずに売却をする方法」を紹介します。

公売で損をしたくないなら、絶対に任意売却をするべき!

  • 市場価格に近い金額で不動産を売却できる
  • 売却にかかる費用負担は売却代金に含められるので現金いらず
  • 早い段階で売却ができるため、精神的に楽になれる
  • 任意売却の相談は一括査定で複数社にするべき

一括査定とは?任意売却をする際に一括査定をするべき理由

  • 任意売却の実績豊富な不動産会社にマッチしやすい
  • 複数社に依頼することで、信頼のできる会社かどうか比較できる
  • 1度に最大6社まで一括で査定依頼できる
    • 「ピタットハウス」「大京穴吹不動産」「ソニー不動産」などの企業が1,000社以上登録
  • 比較しないとハズレの担当者が見抜けない
    • 査定額に500万円の差が出る
    • 売却が1年以上遅くなる
    • 法的トラブルになることも

一括査定にはデメリットもあります……

  • やり取りの電話がかなりかかってきます
    • メールで査定結果をもらえるよう要望欄に記入してください
    • 査定依頼するのは2~3社にしておきましょう
  • 不動産会社と契約すると解約にお金がかかります
    • 無料相談も活用して慎重に選んでください
  • お断りするのもかなりストレスになります
    • 一括査定の「お断り代行サービス」を活用してください

みんな知らない、一括査定の5つの事実

  1. 個人情報は、イエローカード制度(※リンク先のPoint5参照)があるから漏れません!
  2. しつこい営業の電話直接訪問はありません!
  3. 自分が名義人じゃなくてもこっそりバレずに売却価格を調べられます!
  4. 不動産に関する悩みを無料でなんでも相談できます!
  5. 査定だけして売却しなくてもOKです!

イエイならたった1分で一番高く売れる不動産会社が見つかる!/

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

【結論】公売よりも任意売却の方が売却価格が高い!

公売と比べて損をせずに不動産を売却できる任意売却の方がメリットが多いです。

【任意売却のメリット】
  • 市場価格に近い金額で不動産を売却できる
  • 売却にかかる費用負担は売却代金に含められる
  • 早い段階で売却ができるため、精神的にも楽になれる

公売を取り下げて任意売却できる期間は、およそ1ヵ月しかありません。早めに行動を起こさないと、任意売却自体が出来なくなってしまいます。

無料の一括査定を利用すれば複数社に、簡単に60秒ほどで査定依頼ができるので、まずは簡易査定だけでも行うことをオススメします

任意売却に強い会社が見つかる「一括査定サービス」の詳細を見てみる

不動産の公売ってどのようなもの?

不動産の公売が行われる条件は?

公売とは、滞納した税金を回収するために税金滞納者から財産を国が差し押さえて、入札などの方法で売却する制度のことをいいます。現在では、インターネットでの公売も行われています。対象となる税金は全てであり、税金の不足分を補うため、可能な限り公売は行われます。公売は、公売財産の所有者である税金滞納者、税務署や国税庁、国税局の職員、公売への参加を制限された人以外であれば、原則誰でも参加することができます。
基本的に不動産が公売に掛けられることになりますが、宝石類や自動車などの動産についても、差し押さえの対象になります。なお、公売に掛けられはしないものの、預貯金や給与といったものも差し押さえされます。差し押さえを防ぐには、滞納した税金をすべて完済することが必要になります。

不動産の公売と競売の違いは?

公売と同じようなものに競売があります。どちらも債務不履行による不動産の差し押さえをして売却するという点では同じですが、様々な違いがあります。まず、公売は税金を滞納した場合に不動産が差し押さえられて行われますが、競売は住宅ローンの滞納や借金の未返済、不動産担保ローンの回収などの返済ができなかった場合に不動産を差し押さえられて行われます。また、公売の場合は管轄が国や地方自治体であるのに対し、競売は裁判所の管轄下になります。さらに、入札後の物件に住み続けてしまった際には、強制的に立ち退きをさせられる強制執行を受けることになりますが、競売については認められているものの、公売では所有権による明渡し請求訴訟の結果次第では強制執行が行われません。そのため、公売は競売と比べ、強制執行をするために時間と労力を浪費することになります。しかし、公売も競売もインターネットでの情報公開や期間入札を行うなど、仕組み自体はほぼ同じになります。価格相場についても、公売と競売共に市場価格の70%~80%となっています。

公売での売却費用は債権者と債務者のどちらが負担する?

不動産公売のメリットの1つとして、価格の安さがあります。もしかしたら、公売で出品されている物件の中には、掘り出し物の良い物件が見つかるかもしれません。では、公売を利用する場合、どのような費用がかかってくるのでしょうか。まず、公売財産の権利移転に伴う費用が発生する場合には、その費用はすべて買受人が負担することになります。その他にも必要になる費用として挙げられるのが、公売物件の買受代金の納付にかかる費用と必要書類を準備するためにかかる費用です。これらを用意する必要があれば、すべて債権者に負担となります。また、公売で落札した物件に以前の占有者が居座り続けている場合、強制執行で立ち退きをするよう求めることができます。しかし、公売物件では、強制執行をするためには、所有権にもとづく明渡し請求訴訟を起こし、これに勝訴する必要があります。この訴訟には費用の負担が必要になるのですが、すべて債権者が負担しなくてはならないので注意が必要です。公売物件の落札を考えるのであれば、買受代金と諸経費、そして訴訟を起こすための費用など、余裕を持って資金の準備をすることが大切になります。

税金の滞納から公売までの流れ

不動産の公売を始める手続きの方法は?

公売手続きへは、どのような流れで行われるのでしょうか。
まず、税金の滞納が明らかにされます。そこで、督促状を送られてくることになりますが、それでも滞納分の納税をしなければ、差し押さえが行われます。そして、差し押さえにされた不動産などは、公売に出されることになります。
公売では、「期日入札」「期間入札」「インターネット公売」「広告随意契約」の4つの方法で売却されます。
「期日入札」は、1日で開札までの全てを行う入札方法になります。ただし、必ず入札ができるわけではありません。次に、期間入札ですが、公売開催地へ出向かずとも、郵送での入札も行われます。そして、最も利用されているのが「インターネット公売」であり、オンラインでの公売が盛んに実施されています。そして、「広告随意契約」は、広告で行う公売で、申し込みをした人の中で選ばれた人が買受人となります。

不動産が公売になるとき、差し押さえられるのはどのタイミング?

公売手続きは、どのような流れで行われるのでしょうか。
まず、1日でも納付期限を過ぎれば「税金の滞納」となります。なお、税金の納付期限は、自治体や税金の種類によってそれぞれ違います。納税通知書がある手元にある場合、書面に記載されています。
次に、「督促状による催告」が行われます。この督促状は、納付期限後20日以内に送付されます。しかし、法律上は、督促状の発送日から10日を経過すると、「財産の差し押え」を行わなくてはならないとされています。
督促状が送付された後でも滞納した税金の納付が行われない時は、「電話や文書等による催告」が行われ、文書や電話、場合によっては
訪問による催告が行われます。また、滞納者がどういった生活をしているのかなどの身辺調査や、差し押さえを行うための財産調査も実施されます。
財産調査の結果を基に、差し押さえの必要がある財産が決定された後、差し押さえがここで行われます。動産となると、自宅や事務所を捜査してから、差し押さえが行われることにあります。また、滞納者が保有している第3者に対する債権なども、財産として差し押さえの対象になります。
不動産の差し押さえがなされた後は、差押登記が行われ、抵当権者には差押通知書が通知されることになります。なお、差し押さえの対象が給与の場合は勤務先へ、預金が対象となると金融機関へ差押通知書が通知されます。
差押え後も滞納分の完納がされない場合、インターネットまたは入札による公売が開始されます。さらに、債権などの取り立ても行われます。
公売で換価された金額は、滞納した税へ充てられることになります。なお、税金滞納での差し押さえは、法律で定められていることから、裁判所からの許可や判決を得る必要はありません。また、税金滞納者の同意や事前連絡も行わずに行政処分をします。滞納した原因や滞納金額などで違いはあるものの、納付期限から約2ヶ月で財産の差し押さえが行われる可能性があります。

共同持分の不動産の場合、公売はどのように執り行われるのか

不動産の所有には色々な形態がありますが、一般的には単独での所有が多いようです。しかし、相続などで2人以上が共同で不動産の所有をするというケースも見られます。そこで気になるのが、固定資産税の問題。もし、共同保有の不動産の固定資産税を滞納した場合、どんなことが起こるのでしょうか。
まず、固定資産税は、共同保有している人が連携して支払う必要があります。例えば、2人の共同保有者の間で固定資産税の支払いは半分ずつというルールがあったとします。Aさんは固定資産税を決められたとおりに払い続けていましたが、Bさんは何かしらの理由で払わいませんでした。この場合、固定資産税を支払われてはいないということになりますから、滞納するということになります。これにより、役所から支払いをするよう納税の請求がきます。しかし、固定資産税の支払いは連帯責任ですから、支払いを続けていたAさんも支払いをする義務があるのです。このまま滞納した税金を支払わずにいると、不動産を差し押さえられることになり、最終的には公売にかけられることになります。
では、固定資産税以外の税金で滞納が起きた場合、公売の手続きはどのように行われるのでしょうか。基本的に、固定資産税以外は納税の連帯責任はありません。ですので、税金の支払いは不動産の持ち分によって決定されるのが一般的です。例を挙げると、AさんとBさんが共同で不動産を所持しており、持ち分は5対5とします。税金の支払いについても、持ち分で通りですから、半分ずつ支払うことになります。Aさんは滞納もなく、税金を払い続けましたが、Bさんは滞納をしてしまいました。役所はその滞納分を回収しようとします。そして、税金の支払いができないままでいると、財産が差し押さえられます。しかし、Aさんの持ち分は差し押さえられることはありません。また、公売に出されるのもBさんの持ち分のみです。ですので、公売手続きにはBさんの保有分だけが出されることになります。なお、購入者はAさんと共有して不動産を所持することになり、Aさんはそのまま住み続けることが可能です。ちなみに、購入者は半分の権利を持っていますので、不動産を売却して得た金額から持ち分だけもらうことができます。

公売された不動産は買受人によって買い取られる!

公売された不動産の買受け人を決める方法は?

公売の参加には条件がありますが、その条件とはいったいどんなものなのでしょうか。まず、公売の参加者は、「税金滞納者ではないこと」「国税局や税務署、国税庁で働く職員でないこと」「公売への参加制限を受けていないこと」という3つの参加要件を満たした人になります。それから入札が行われるのですが、公売には色々な方式があります。
まず、「期間入札」ですが、公売の入札方法の1つで税務署長または国税局長が設けた期間中に入札の受付をし、後日開札で最高価申込人が決まる入札方法です。
次に、「期日入札」は、定められた日時・時間・場所で入札が行われ、その日に開札を行って最高価申込人を決める入札方法となります。
最も行われているのが「インターネット公売」で何回でも入札可能なせり方式や1回だけ入札できる入札方式があります。
最後に「広告随意契約」ですが、他の方法とは違い、申し込みをした人の中から選抜し、選ばれた人に売却する方法です。
差し押さえられたすべての公売物件の買受人は、これらの方式を使って決定されていることになります。
この買受人とは、公売への参加要件を満たした人で、公売不動産などを最も高い金額で落札した人を指します。もし、最も高い金額で公売物件を落札したとしても、参加要件について満たすことができなかった場合、その資格は取り消され、次順位の申し込み者に買受人の権利が渡ることになります。

公売では任意売却よりも売却代金が低くなる!?

公売以外にも、不動産を売却して債務の回収をできる方法があります。それは、「任意売却」です。では、この任意売却ですが、公売と比べると何が違うのでしょうか。
まず、任意売却では売却にかかる費用負担がほとんどないというメリットがあります。仲介手数料や抵当権末梢登記料といった費用は売却代金に含めるようにしてあることが多いです。また、引っ越し費用についても含めてくれることが可能です。一方、公売の場合、強制執行の問題があります。もし、落札した物件に元の居住者が住み続けた場合、訴訟を起こして勝訴をしたのちに強制執行が可能になります。このような事態が起きたら、時間だけなく費用の負担も増えることになります。
さらに、任意売却は早い段階で売却ができるため、精神的にも楽に安心して利用することができます。
任意売却の最も大きいメリットは、市場価格に近い金額で不動産を売却できるということにあります。なお、公売では市場価格の70%~80%とほどでしか売却はできませんから、損をしてしまいます。
では、同じ物件で比較したときに、価格にどれくらいの差が出るのかを検証します。売却をする不動産の市場価格を3,000万円とした場合、任意売却では市場価格に近い3,000万円前後で売却できるのに対し、公売では3,000万円の70%~80%ですから、2,100万円~2,400万円での売却となります。最大で900万円ほどの差が出るため、ぜひ利用したいところです。
なお、公売を取り下げて任意売却できる期間は、約1ヵ月ですので、早い段階で相談することが大切になります。

まとめ

【この記事のPOINT】
  • 公売は市場価格の7~8割りしか支払われないため損をする
  • 公売の管轄は国や地方自治体であるため、時間とお金がかかる
  • 公売に出されても1カ月以内なら任意売却を選択できる
  • 任意売却は市場価値に近い金額で早く売却できる

税金の滞納により不動産が公売に掛けられた場合、実績がある不動産会社にお願いして任意売却を行うのが1番です。

しかし不動産会社の良し悪しは、1社としか相談をしていないと気づくことができません。
公売ではなく任意売却を考えるなら複数社から、あなたに合った不動産会社と出会える「イエイ一括査定」の利用がオススメです。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

任意売却と競売の違い 競売とは、住宅ローンを滞納され、回収の見込みがない債権者が、各地方裁判所に不動産競売の申し立てを行うことにより、裁判所 ... 続きを読む

競売

不動産の競売で債務者が負担する費用って何がある? 競売の費用負担は全額債権者になる? 競売の手続きを進めていく中、 送達や広告に関する費用 ... 続きを読む

競売

競売の申立は取り下げられる? 競売の申し立てをどうやって取り下げるのか 不動産競売の申し立ては、対象不動産所在地を管轄する地方裁判所に対して ... 続きを読む

競売

競売の取り下げ
×

イエイ不動産売却