不動産売却のお悩み解決はイエトク!

空き家問題の解決に一石を投じる、空き家対策特別措置法

あなたは空き家対策特別措置法というものをご存知でしょうか? 管理が行き届いておらず、周囲の生活環境に悪影響を与える空家を行政が強制撤去できるよう設けた法律のことです。 これが適用されると固定資産税の負担が軽くなったり、行政代執行に基づいて強制退去させられたりします。以下でこの法の内容や、対象となる特定空き家と判断される基準、助言・指導・勧告を通じて行政代執行に至ることなどについてみていきましょう!

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
POINT
  • 空き家対策特別措置法により、管理が行き届いていない空き家などを、行政で撤去ができる
  • 著しく保安上危険、著しく衛生上有害となるおそれのある空き家には、空き家対策特別措置法が適用される
  • 空き家対策特別措置法を守らないと、行政代執行に基づいて強制的に退去、解体をされる

空き家対策特別措置法ってどういう法律?

平成27年5月より、空き家対策特別措置法が全面施行!

空き家対策特別措置法が、平成27年5月26日から全面施行されました。

空き家問題が増えると、放火などの犯罪が増えたり、管理が行き届いていない空き家の場合、周辺の家に悪影響を与え、クレームなどが発生し、住環境を悪化させてしまいます。

空き家対策特別措置法では、こうした管理が行き届いていない空き家などを、行政で撤去ができることを認めています。また要件を満たせば、こうした空き家を相続した場合、3,000万円までの譲渡益は非課税となります。

空き家対策特別措置法が制定された理由は、全国で空き家が増え、行政で管理が必要だと感じたことにあります。

空き家問題は今後も増えるでしょう。人口減少と、相続はおおよそ50代以降で発生することが多く、相続をした人々がすぐに高齢化し、管理の可否が問われることが増えるためです。

この点、自治体では、「空き家等の適正管理に関する条例」などの条例で対応しています。自治体によっては、解体費を行政側で持つなど、状況や環境に応じた対策を行っています。

そもそも空き家ってどういう不動産?

空き家対策特別措置法が適用される空き家(特定空家)とは

同法の対象となる「特定空き家」とは、次に挙げる状態のものです。

  1. 倒壊など、著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切な管理が行われないことにより 、著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために、 放置することが不適切である状態

国土交通省の設けたガイドラインでは、「空家等」とは、「建築物又はこれに附属する工作物であって、居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む)」を意味しています。ただし、国または地方公共団体が所有し、あるいは管理するものについては除きます。

空き家の適正管理については、仲介会社に依頼して賃貸物件として貸し出したり、管理会社に管理を依頼するといいでしょう。最近は、空き家のまま定期的に見回りをしてくれるサービスも始まっています。

特定空き家に指定されてしまったら、解体することをおすすめします。そして、解体をした後に売却をするといいでしょう。

特定空き家に指定されると、助言・指導・勧告の順で行政から連絡が入ります。

順を追うごとに、精神的に要望を突っぱねてしまい、折り合いがつかなくなってしまう傾向があります。行政からの要望は悪いことばかりではないし、代執行となると精神的に大変なことも多いので、特定空き家に指定された時点で、所有している不動産の管理を見直し、不要な場合、周辺住民への配慮のために解体し、売却をすることをおすすめします。

土地の売却をするなら、土地を売りたい場合に知っておくべき4つのポイントは押さえておきましょう。

空き家対策特別措置法による税金への影響

空き家対策特別措置法の適用で、固定資産税が6倍に!

建物がある土地は、「土地の固定資産税が最大で1/6になる」という優遇特例が適用されます。そのため、相続した土地などは建物を存続させたまま、所有する傾向があります。

固定資産税とは、市町村税です。市町村税とは、住所を置いた自治体が管理をして徴収している税金のことです。市町村税は、固定資産税のほかに住民税があります。

固定資産税の計算方法は、次のようになります。

固定資産税の計算式=固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%(標準税率)

空き家がある土地と更地の固定資産税は、約6倍も違うと言われています。通常、建物があることにより軽減税率が発生し、固定資産税が安くなっています。この点、単純に6で割ればいいのかというわけではなく、対象不動産の環境によって異なることがあるので、都度仲介業者や税理士に聞いてみるといいでしょう。

空き家対策特別措置法を守らないとどうなる?

行政代執行に基づいて強制退去される!

特定空き家の所有者には、改善のために必要な措置を命じることができます。

地域住民の周辺環境へ悪影響を与えていると判断した場合、行政は立ち入り調査を行い、所有者へ助言・指導、勧告および命令をすることができます。履行しても十分でないとき、または履行しても期限内に完了する見込みがないときは、行政代執行法の定めるところに従い、本来は特定空き家の所有者などが履行すべき措置を代執行することができます。

助言や指導、勧告といった前段階を経て、行政代執行が行われます。そのため、行政代執行は最終手段です。あくまで、行政は所有者と対話をし、円満に管理を促します。

空き家対策特別措置法では行政代執行法の定めに従って、代執行ができることを規定しているものの、特定空き家に指定されたからといって、すぐに撤去されるわけではありません。特定空き家になるには、それなりの背景があります。一般的には、本法律の施行により、売却をすれば不動産の活用にも、個人資産の形成にもつながり、揉め事が少なくなるようになっています。

行政代執行ができるための条件は、次のとおりです。

  • 空き家が、特定空家などとみなされた(公益に反する)
  • 行政からの改善命令に従わない(義務の不履行)

これらについては、助言や指導、勧告を通じて判断することになります。

行政代執行が行われると、本来所有者の意思によって生ずる空き家の管理権限が行政に渡り、強制的に撤去、解体をされてしまいます。

POINT
  • 空き家対策特別措置法により、管理が行き届いていない空き家などを、行政で撤去ができる
  • 著しく保安上危険、著しく衛生上有害となるおそれのある空き家には、空き家対策特別措置法が適用される
  • 空き家対策特別措置法を守らないと、行政代執行に基づいて強制的に退去、解体をされる

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

相続には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つの方法がある 日本では、相続財産に占める不動産の割合が非常に高い 相続はほとんどの人が一度 ... 続きを読む

不動産相続の悩み

単純承認TOP

単純承認をするためには、特に手続きを行う必要はない 相続の開始から3か月以内に手続きをしないと、自動的に単純承認となる 「単純承認は、不動産 ... 続きを読む

不動産相続の悩み

単純承認と熟慮期間TOP

不動産の相続税はいくらになる? 不動産の種類で相続税の額は異なってくるのか? 不動産の相続税評価額は「住居用不動産(住んでいる)」か否かで変 ... 続きを読む

不動産相続の悩み

不動産の相続税
×

イエイ不動産売却