不動産売却のお悩み解決はイエトク!

空き家を損なく売却したい!高く売却できる3つの特徴と売却方法

「空き家の管理大変だし、固定資産税がかかるから売却したい」
「特例で売却にかかる税金が安くできるの?」

空き家を放置していると、固定資産税が6倍に膨れ上がるかもしれません

なぜなら税制改革が行われたため、今まで利用していた固定資産税の控除ができなくなる可能性があるからです。

ここでは、高く売れる空き家の特徴、空き家売却を損なく成功させるための方法についてわかりやすく説明します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

空き家の売却を成功させる秘訣は【一括査定】

空き家売却は相続した古い物件の売却が多く、建物の価値がないことがほとんどです。

そのため

  • 改修後の見積もり
  • 家の解体費の見積もり

などのノウハウのある不動産会社を選ぶ必要があります。

無料の一括査定を使えば、約1分で済む簡単な記入をするだけで、複数社から査定結果が送られてきます。
その中から先ほど言った解体費や改修費用について説明してくれる、空き家売却に強い不動産会社を選ぶことが売却成功の秘訣です。

しつこい営業電話は一切ないので、是非お気軽にお試しください。

空き家売却が得意な不動産会社を探す

空き家の放置は危険!賢い売却と対策方法まとめ

今まで親や親族が済んでいた家が、高齢化などの様々な事情で空き家になっている人は気を付けた方がいいことがあります。

空き家の管理や固定資産税の支払いなど大変なことは多いのですが、これから空き家を放置しておくと固定資産税が6倍に膨れ上がる可能性があるのです。

これは税制改革が行われたためで、今まで行われていた固定資産税の控除がなくなることによる影響です。空き家があれば放置せずに必要な対策をとるべきでしょう。

空き家を放置しておくのはNG!どんな危険がある?

近年、空き家で問題になっているのは、相続人が固定資産税を安くするために古い家を取り壊さずに放置した結果、近隣の住民に迷惑をかけていることです。

空き家を取り壊し更地にすることで土地の税金が上がってしまうため、安易にそのままにしているケースが多くなっています。

これ以上空き家を増やさないために、2014年に国は「空家等対策の推進に関する特別措置法」の中で、「特定空き家」の定義を行いました。これは「倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態、著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態」の空き家のことです。

そして「特定空き家」に該当すれば固定資産税の軽減を認めないことにしました。空き家を放置すれば「特定空き家」になる危険性があり、大きなリスクを抱える可能性もあるでしょう。

売却には調査が重要!必要な確認事項

売却する際に空き家が戸建てか更地になっている場合には、「権利」について注意しなければならないことがあります。

空き家が相続人の共有になっている場合、売却するには全員の同意が必要で、さらに名義変更がされているのかについても確認しなくてはいけません。

もし名義変更がされていない場合、親戚の関係者全員の承諾が必要になるのです。また「権利」の中には土地の「境界」も含まれます。境界が明確でないと土地の面積が確定できず売却できないので、隣の土地所有者や隣接する道路を管轄している自治体との合意・協議後に測量することが必要になります。

ほかにも現地や現状の確認、周辺環境確認、法令上の制限確認、再建築の場合に制限があるか、道路についての確認が必要です。

さらに地上権、貸借権など、利用目的を阻害する権利はないか確認する、どのようなものを建てることができるか、どのように土地を使うことができるかについても調査をします。 空き家に電気や水道、ガスのライフラインはあるかについても確認して、相場情報を知り資産としての評価・価値も知っておきましょう。

空き家の売却にあたっては、このような確認事項へ細やかに対処しておくことでスムーズな流れを期待できます。 https://www.akiya-techo.com/knowledge/sell-out-procedures

仲介と買取がある?売却の仕組み

不動産売買には仲介と買い取りがあり、仲介は不動産売却を代行してもらうことができるシステムです。

購入者を探して契約、売却後のアフターフォローまで不動産会社が行うもので、査定額を参考にしながら売主が販売価格を決めることができるメリットがあります。

しかし仲介手数料を支払うこと、契約内容によってはなかなか売れないこともあります。買い取りは不動産会社が不動産を直接購入する方法です。

仲介手数料がかからないこと、早く売却できることがメリットですが、直接売却するよりも安く買い取られる傾向があります。 仲介で売却を行う場合はローンの残債を確認し、査定、媒介契約、販売活動、売買契約、抵当権の抹消準備という流れになります。

空き家を売却する手段!どんな方法で売ったら良いの?

放置されている空き家を「特定空き家(※倒壊の恐れや衛生上問題のある空き家)」に認定する制度がありますが、それに認定されていない限りは、建物がある状態で売るのがベターです。

建物があるほうが固定資産税の減免が受けられ、売却時に売主の持ち出し費用(余計にかかった分の費用を負担すること)を最も抑えつつ、高い金額での売却が可能になります。ただし、建物が古すぎたりすると、建物があった状態だと買い手がつかないケースはあります。不動産会社の担当者に「更地にしてから売却したほうがいいのか」と聞いて、判断を仰ぎましょう。

売却のために、わざわざ空き家にする必要はありません。多くのケースでは、住みながらの売却が成立しています。住みながらのほうが生活のイメージがわきやすく、売主は引っ越し費用や仮住まいの賃貸費用の出費を抑えられるメリットがあります。無理に空き家にしても、それが長期にわたると傷みが進み、むしろ売れにくくなる可能性があります。

その家で何かしらの理由で人が亡くなった、いわゆる事故物件については「心理的瑕疵」に該当し、なかなか買い手が現われにくいのが実情です。そのため、多くの事故物件は買い取り専門業者に相場の70%程度で売却するケースがほとんどです。

空き家を高く売る!上手く売却するためのポイント

空き家を少しでも高く売却するためには、今までに高く売れた空き家の傾向を知っておくことが必要です。

高く売れた空き家には、室内がきれい、残置物がないか少ない、立地条件が良いという特徴があります。このような空き家であれば購入後に利用する人のコストは低く抑えられるので、その不動産のニーズは高くなることが分かります。

反面、売り手側はできるだけ早く現金化したい、残置物は引き取ってもらいたい、手間をかけずに売りたい、空き家なので管理が行き届かず状況も分からないが早く売りたい、といった希望を持っている人が多く見られます。高く売れた空き家のような魅力があれば買い手がつきやすく、魅力がなければ販売期間が長期化し価格を下げて販売するということになってしまうでしょう。

このようなことから空き家を高く売るには、購入希望者の要望に沿った空き家の状態になるよう、しっかりとした空き家の管理・保持、残置物の撤去などが必要と言えます。

また売却を仲介する不動産会社の選び方も重要です。「最適な売り方」ができる経験豊富な業者を選ぶことで、売却についての適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。

高く売却できた空き家の特徴(傾向)を把握する

少しでも空き家を高く売るためには、すでに高く売れた空き家の特徴(傾向)を知っておく必要があります。

高く売却できた空き家に共通する特徴

features_of_sell_vacant_house
  • 室内がきれいに保たれている
  • 残置物がない、または少ない
  • 立地条件がよい

こうした特徴から分かるのは、その空き家を購入した人が実際に利用するまでに必要となるコストが低いことと、その不動産の流通性が高いことの2点です。この2点において魅力的な空き家は買い手がつきやすく、逆にそうではない空き家は販売期間が長期化する、安くしないとなかなか買い手がつかないといった傾向が見られます。

3,000万円の特別控除と解体費用の補助金!受ける条件は?

不動産の譲渡所得の3,000万円控除は、投資目的でない居住用であれば一定の条件のもとで適用されます。

また空き家問題が叫ばれるようになってからは、空き家の売却や再利用を促す目的で特例が設けられました。これは一定の条件に合っていれば3,000万円の特別控除を受けることができる制度です。

特別控除の条件には、耐震性のない建物の場合は耐震リフォームしたもの、耐震性がなくても取り壊して土地を譲渡する場合、相続日から3年経過する年の12月31日まで相続人が住んでいたことがあげられています。控除を受けるには税務署に書類を提出する必要があります。

また空き家を解体する際の補助金には「空き家再生等推進事業」がありますが、これは地方公共団体を対象とするものです。

この制度は、公共のために土地を有効利用する目的で取り壊す場合であることが条件です。 http://空き家処分2016.com/baikyaku_koujo.html

まとめ

空き家を相続した場合少しでも高く売却するためには、きれいに保持するための管理や残置物の撤去が大切です。

また空き家を放置する危険性やリスクを把握しておき、空き家の状態や権利、土地の境界などの様々な確認を行うことも重要です。空き家相続の特別控除など制度について知っておくことも必要でしょう。

売却の際には経験豊富な不動産会社に仲介を依頼することがポイントで、最適な空き家の状態での売却方法をアドバイスしてもらうことで希望の売却が可能になると言えます。

空き家を放置することで損をしないように、売却に関する的確な情報をもとに対策をすることが大切でしょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

その1.家を個人売買するメリットとデメリット 個人売買のメリット 最大のメリットは、仲介を委託した不動産業者に手数料を支払う必要がないことで ... 続きを読む

家の売却

家の売却依頼時に必要な書類 不動産会社へ家の売却を依頼する場合、事前に準備しておく必要のある書類がいくつかあります。一般の人は、普段あまり取 ... 続きを読む

家の売却

no image

家を売却する前に不動産売却の基礎知識を学んで準備しよう 基礎知識の準備1:家を売却するには「媒介契約」が必須 不動産の売却には大きく2通りの ... 続きを読む

家の売却

家を売る準備
×

イエイ不動産売却