イエトク

離婚でマンションを売ることに… トラブルなしで売却するには?

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

離婚でマンションを売ることになったら何をしたらいい?

夫婦でよく話し合って2人で購入したマンションを売却することになったら、少しでも良い条件で売りたいと考えるでしょう。そのためにまずするべきことは、その時点での住宅ローンの残債とマンションの売却価格を知ることです。住宅ローンの残債はローンを組んでいる金融期間に問い合わせをしてみると詳しい残高を教えてもらえます。売却予定のマンションの価格は不動産会社に依頼をして鑑定をしてもらいます。不動産会社も一社だけではなく複数社に鑑定をしてもらうことで、より正確に売却価格の相場を知ることができるようになります。マンションの売却相場価格がわかったら、現時点で残っているローンの残債と売却予定価格のどちらが多いのかを計算してみます。売却予定価格が住宅ローンの残債を上回ったときのことをアンダーローンと呼びます。アンダーローンの場合は、マンションを一般売却するかもしくは不動産会社に買い取ってもらうことができます。 一方で、マンションの売却価格が住宅ローンの残債を下回ってしまった場合、それをオーバーローンと呼びます。オーバーローンになったときは、不動産を売却してもローンだけが残る状態ですから任意売却を検討してみましょう。ローンが残っている状態では離婚が理由でも自分たちの判断で自由にマンションを売ることが難しいのです。任意売却とは不動産業者にローンを組んでいる金融機関との仲介に入ってもらってマンションの売却手続き成立させる手続きです。

離婚でマンションを売るなら仲介?買取?

離婚を理由にマンションを売るときは、不動産仲介会社を通じて売りに出すかもしくは不動産仲介会社に買い取ってもらうかになります。どちらの方法を選ぶにしてもメリット、デメリットがありますので、よく理解した上でどちらの方法でマンションを売るかを考えましょう。 不動産仲介会社を通じて売りに出す最大のメリットは相場価格で売れやすいということです。マンション売却を検討するときは、まずはマンションの価格を不動産会社に査定してもらいます。その査定価格に近い価格で販売してもらうことができます。そのため、マンション売却時に利益を多く得られる可能性も高いのです。 一方で、不動産仲介会社を通じてマンションを売りに出すと、売れるまでに時間がかかることがあるのがデメリットです。離婚を考えている夫婦はマンションを早く売却したいと考えがちですので、とにかく早く売れるように不動産仲介会社に依頼をします。そして、マンションがなかなか売れないと不動産仲介会社は値段を下げてでも早く売ろうとするのです。その結果、想定していた価格よりも安い価格でマンションが売却されてしまうのです。不動産仲介会社に買い取りをしてもらうメリットは、マンション売却手続きがスピーディーに済むことです。買い手がつくのを待っているよりもすぐにマンションを売却して利益を得られるのです。しかも不動産仲介会社に仲介手数料を支払う必要もありません。 しかし、不動産仲介会社に買い取りをしてもらうと相場価格よりも安く買い取りされてしまうことが多いのがデメリットです。

離婚でマンションを売る!任意売却とは?

マンションの売却相場価格を住宅ローン残債が上回った場合、自分たちの意思でマンションを売ることが難しくなります。それは住宅ローンを組んだときにその対象となる不動産の抵当権を金融機関が持っているからです。これまでは抵当権がローンを組んだ金融機関にある限りはマンションを売ることが難しいとされていたのですが、任意売却の手続きを取ることでマンションを売却できるようになります。住宅ローンの残債がマンションの売却価格を上回ってしまうため、マンションを売却せずに夫婦のうちどちらかが離婚後もローンを支払うという選択肢も考えられるでしょう。 しかし、万が一、住宅ローンが支払えなくなってしまったら競売にかけられてしまう危険性が高くなります。競売とは裁判所によってマンションが差し押さえられて売却手続きをすすめられてしまうことです。住宅ローンの滞納が続くと債権者である金融機関は裁判所に申し立てを行うことができます。そして競売手続きを行い、その売却価格で得た利益を住宅ローン残債の返済に充当するのです。また競売にかけられてしまうと新聞や情報誌などにも物件の情報が掲載されてしまいますし、裁判所のスタッフなども物件やその周辺に出入りするようになりますので周囲にも競売にかけられていることが知られてしまいます。しかも競売物件は相場価格よりもはるかに安い価格で売却されてしまうため債務者は損をする可能性が高いのです。ローンを払えなくなってしまった場合のことも考えると、任意手続きによってマンションを売却したほうが安心です。

離婚するならマンションは売ったほうが良い理由

離婚をしてもマンションを売らないという選択肢もあるでしょう。離婚の際の慰謝料として夫婦で購入したマンションに妻が住み続け夫が住宅ローンを支払うというケースも想定できます。しかし、夫が収入減や新しいパートナーとの生活を始めるなどの理由により住宅ローンを支払えなくなってしまった場合は、競売にかけられる危険性が高くなります。競売にかけられてしまうとその執行力はかなり強く、たとえ立ち退きを拒否した場合でも、強制的にドアを開けられて中にある家財道具や荷物を放り出されてしまうのです。マンションの所有権が誰にあるかによってもトラブルに発展することがあります。たとえば夫にマンションの所有権があっても離婚後、妻がそこに住み続けることができます。しかし、夫が妻に内緒でマンションを売却してしまった場合、たとえローンをきちんと支払っていてもこれ以上そのマンションに住み続けることができなくなるのです。そのような事態を考慮して名義変更をしようと考えても収入などの状況によっては、名義変更ができない可能性も出てきます。もともとは夫婦とその家族で住む予定で購入したマンションですから、離婚することになったら売却してしまったほうが後のトラブルが起こりにくくなるのです。

まとめ

せっかく購入したマンションですし、住み慣れた環境ですから離婚後も売らずにそのまま住み続けたいと考えることがあるでしょう。しかし、離婚後もそのままマンションを所持していると、それに伴うさまざまなトラブルが起こる危険性が高くなるのです。離婚するならマンションは所持するより売却したほうが、お互いに気持ちよく新しいスタートを切ることができるのです。マンションを売却するには不動産会社にお世話になりますが、できるだけ良い条件でマンションを売却するためには信頼できる不動産会社を見つけることがポイントとなります。複数の不動産会社を比較検討することは優良な不動産会社を見つける判断材料になります。しかし、離婚や売却手続きをスピーディーに終わらせるためにも不動産会社を探す時間的余裕はあまりありません。不動産会社を見つけるときは一括査定サイトを利用すると便利です。最低限の情報を入力するだけで複数の不動産会社に一度に査定を依頼できますし、見積もりや対応などを比較するのにも役立ちます。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

マンション売却で得するとは限らない!損失が出た場合の対処法

マンション売却で損失が出た場合の特例1 マンションを売却して売却損が生じた場合には、所得税の軽減措置として2つの特例が用意されています。ケー ... 続きを読む

マンション売却の注意点

no image

マンション売却で損をしないための注意点とは?

マンション売却の相場とシーズンの注意点 マンションの売却はどのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。マンションの相場を決めるのは、築年 ... 続きを読む

マンション売却の注意点

no image

マンションは売るか貸すならどっちが得?決断時の5つの判断基準

マンションを売る場合と貸す場合に、かかるお金と手に入るお金 マンションを売るか貸すか悩んでいるときに、一番最初に知るべきことはお金に関するこ ... 続きを読む

マンション売却の注意点

×

イエイ不動産売却