不動産売却のお悩み解決はイエトク!

売却に備えて!マンション査定に欠かせない必要書類情報

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

マンションの売却に重要!関係してくる必要書類は?

売却の手続きには、さまざまな物件関連情報が記載された書類が必要になります。特に「登記簿謄本」は査定の段階から必要となりますので、最初に準備しておきましょう。この書類で、不動産や権利者の情報の他、権利についての記録が証明できます。電子化されている場合は、登記事項証明書でもかまいません。 登記簿の他に必要となる書類は、売り主の本人確認書類として「身分証明書」「実印・印鑑登録証明書」「住民票」などです。また、権利に関する書類や、建物に関する書類など、査定から物件の引き渡しまで売却の流れに合わせて、必要書類を準備しましょう。 公的な書類は、法務局や市区町村役場など、いろんな場所に出向く必要があります。休暇を取って書類を取得する場合は、二度手間にならないように計画的に行うとよいでしょう。準備不足のために、後で慌てて書類を取りに行くようなことがないようにしたいものです。 さらに個人売買の場合は、売買契約書や重要事項の説明書も自分で準備する必要があります。書類の作成には時間と手間がかかりますので、余裕を持って行いましょう。

土地の権利に関わる!取引にも欠かせない必要書類

一般的に「権利書」と言われている書類は、不動産の売却取引には欠かせないものです。法務局が交付する書類で、正式には「登記済権利証」または「登記識別情報」と言います。以前は登記の手続きが完了すると、不動産の所有権を登記した本人を証明する書類として、登記済権利証が発行されました。しかし、平成18年からは順次、登記識別情報に切り替わり、現在、登記済権利証は発行されなくなっています。 登記済権利証は不動産を取得した時に、所有者が受け取るものなので、所有者のみが取得できる書類です。また、再発行できない書類なので、非常に重要で、紛失や破損に気を付けなければなりません。マンションの売却取引には、実務上この書類が不動産所有者としての本人確認となります。不動産を所有していれば必ず持っているものなので、一度確認してみましょう。 登記識別情報は英数字の記号のみですが、この情報を知っていることが所有者としての証明になります。登記済権利証と同様、厳重に管理し、紛失や漏えいに気を付けましょう。

マンションに関する情報が載っている!建物に関する必要書類

売却時には、建物や設備、管理や規約に関する情報が記載された書類も必要になってきます。ただし、これらの情報は、不動産会社や買い主によっても異なりますので事前に確認しましょう。 建物に関する書類としては、「設計図書・工事記録書」があります。不動産会社が仲介する場合は、管理組合や管理会社へ問い合わせてくれることが多いようです。必須の書類ではありませんが、買い主が取引の際に参考にすることもあります。 マンションの売却では、管理費や修繕積立金など、買い主が居住するために必要な情報が記載された書類もそろえておきましょう。管理規約や維持費に関する書類の他、耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書などが求められることもあります。特に古い物件の売却では、用意した方がよい書類です。 また、付帯設備や物件状況を買い主に報告するための確認書は、不動産会社が書式を用意してくれます。しかし、個人売買の場合は、自分で作成する必要がありますので、付帯設備の有無や物件の不具合について記した書類を準備しましょう。

とりあえず査定を受けたい!最低限必要となる書類は?

マンション査定を受けるために、最低限必要となる書類が「登記簿謄本(登記事項証明書)」です。登記簿謄本には、売却しようとしているマンションの権利や、建物の床面積などの情報が記載されています。そのため、不動産の査定には欠かせない書類なのです。登記簿謄本は法務局で入手できますが、査定を依頼する場合はできるだけ新しい日付のものを用意するとよいでしょう。 物件に関する情報が多いほど、正確な査定額が出ます。そのため、登記簿謄本以外にも、購入時の契約書や重要事項証明書があれば、間取り図や物件の状況が確認でき、査定額がより確かなものになります。また、マンションの耐震診断や地図、権利書などもそろっていると理想的です。 正確な査定を求めるなら、書類は最初にそろえておくとよいでしょう。ただし、インターネットなどでできる「簡易査定」なら物件の種別や築年数、所在地などの情報があれば、手軽に査定できます。この時点では、書類を用意する必要もありません。

ケースによって異なる?人によって必要書類が違うって本当?

売却物件の状況や売却の方法によっては、さらに書類が必要となってくることもあります。例えば、住宅ローンが残っている状態で、マンションの売却をするケースです。この場合は、借り入れをしている金融機関に「ローン残高証明書」を発行してもらい、提出する必要があります。住宅ローンは返済しなければ、売却することができません。そのため、売却した代金でローンが完全に返済できるか、確認するために書類が必要となるのです。 また、不動産会社を通さずに個人売買する場合は、契約書や重要事項説明書などの書類を自分で用意する他、地図や間取り図、設計図書なども用意する必要があります。売却物件の相場や広告を出すために必要な書類、契約締結に必要な書類など、ありとあらゆる書類を準備する必要があるのです。書類の漏れや不備があると、後々トラブルになることもありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

必要書類の用意はどうすればいい?取得方法を教えて!

多くの書類が必要となるマンションの売却。書類の取得はできるだけ効率的に、無駄のないように行いたいものです。特に、平日しか取得できない書類は、まとめて取得できるとよいでしょう。 不動産売却に必要な書類は、主に法務局が交付する書類と、不動産の所有者が保管している書類、市区町村の窓口で発行される書類があります。法務局は本局以外にも、市区町村を管轄する出張所があり、登記簿謄本の取得は出張所で取得が可能です。事前に取得に必要な手順や案内図を法務局のホームページで確認しましょう。 登記事項証明書の請求は、オンラインでも行えます。オンラインで請求すると、手数料が安くなる上、平日の夜9時まで申し込み可能です。書類は郵送でも送ってもらえるので、平日忙しい方には便利かもしれません。 その他、新たに取得が必要な書類も、事前にホームページで確認したり、電話で問い合わせたりすることをおすすめします。 参考URL http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/online_syoumei_annai.html http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/index.html

どこまで用意すればいいかわからないなら… まずは不動産会社に相談

売却の時期や方法に関わらず、必要書類について疑問があるなら、一度不動産会社へ問い合わせてみることをおすすめします。マンションの売却には、煩雑な手続きが付きもので、素人ではわかりにくいこともあるからです。個人売買をお考えの場合も、売却物件の相場や手順を確認しておくことが重要となります。 不動産会社に依頼する場合は、情報サイトなどで信頼できる不動産会社を探しましょう。一括査定サイトを利用すれば、簡単に査定ができ、査定額の比較まで行えます。不動産の売却は金額が大きいので、複数の不動産会社を比較して、自分が納得できる取引をしたいものです。 マンション売却にあたっては、査定や取引をスムーズに進めるためにも、必要書類の準備が欠かせません。また、不明な点については、どうしてもプロの知識が必要になります。売却をお考えでしたら、まずは信頼できる不動産会社へ相談してみてはいかがでしょうか。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

①オリンピックでマンション価格高騰は2018年まで?!市場からわかる売り時は? マンションの売り時は2017年から2018年と言われています ... 続きを読む

マンションの売却

マンションの売り時

マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ マンションを売却しようと思ったら、多くの人がまず不動産会社を探すでしょう。しかし、単に有名な不動産会 ... 続きを読む

マンションの売却

no image

マンションを早く売る方法は「低めの査定額設定」 マンションを「早く」、しかも「高く」売ることを両立するのは正直、非常に難しいと言えます。早く ... 続きを読む

マンションの売却

マンション売却の方法
×

イエイ不動産売却