イエトク

マンション購入は売ることも考えて!賢いマンションの選び方

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

マンション購入はなぜ売ることも考えたほうがいいの?

マンション購入を考える際は、将来的に売ることも視野に入れて購入することが大切です。もちろん、誰しもが必ず購入したマンションを売りに出すわけではありません。ずっと住むことを念頭にマンション購入をする人もたくさんいるでしょう。しかし、世の中何が起こるかわかりません。もしものときのための対策を打っておくことは、何より自分自身の将来のためにも重要です。夫婦で済むことを念頭に購入したら離婚してしまった、病気にかかってマンションのローンを支払うことができなくなったなど、さまざまな事情からマンションを手放さなければならなくなるかもしれません。売ることを念頭にマンション購入をしておけば、こうした不測の事態にも柔軟に対応することができるようになるはずです。 また、マンションは年を経るにつれて価値は下がってしまうものです。売りたいと思ったときに、自分が想定していた価格よりも物件の価値がずいぶん下がっているということも考えられます。そうなると、売りたくてもつい後ろ髪を引かれて売却をためらってしまうかもしれません。いざというときのために自分の希望する価格で売るためにも、やはりなるべく高値で売却できるような物件を探しておいた方が後々のためにも良いはずです。高値でマンションを売ることができれば、後々の買い替えにも有利に働くかもしれません。これらの理由から、マンション購入に際しては売却も念頭に入れておくことをおすすめします。

売ることも考えて… 購入するならこんなマンション

具体的にどのようなマンションを購入するのが良いのでしょうか。マンションの価値は年数を重ねるごとに目減りしていきます。新築マンションでも、人が住めばそれはもう中古マンションになります。新築マンションというのは、まさに新築だからこそ価値があるといえます。したがって、新築でなくなってしまえば価値も一気に下がってしまうでしょう。それだけに、新築マンションは購入したときの価格と売却するときの価格の差が非常に大きくなってしまいます。将来的な売却を考えてマンション購入するなら、この価格の差が小さくて済む中古マンションがおすすめです。 もちろん、中古マンションも年数を経れば価値は下がっていきます。しかし、同じ中古マンションでも価格の下がりにくい物件も中にはたくさんあります。それでは、価格の下がりやすい物件と下がりにくい物件の違いはどこにあるのでしょうか。そもそも中古マンションの価値は、立地条件や管理状況に大きく左右されます。たとえば、駅から近いマンションは価値が下がりにくいといわれています。また、急行が停まる駅の近くや、高い人気を誇るエリアに立地するマンションも、価値が下がりにくい物件ということができます。こうした周辺環境は、マンションの築年数とは無関係であるため、年数を経ても価値が下がりにくいのです。また、管理がしっかりしている物件も価値の減少幅は小さいといえます。中古マンションでも内装が綺麗であったり、駐車場があるなどの生活環境が整っていたりすれば、マンションを選ぶ側も安心して購入ができるからです。売ることも考えてマンションを購入するなら、こうしたマンションを検討してみると良いでしょう。

購入したマンションを売る場合… ローンが残っていてもOK?

売ることを考えてマンションを購入したとき、実際に売りたくなっても売ることができないようなことはあるのでしょうか。たとえば、ローンが残っていてもマンションの売却はできるのか気になっている人も多いでしょう。売ることを考えてマンション購入をしても、ローンの残債があるうちは売却できないなんてことがあったら本末転倒です。もちろん、ローンの残債がある場合、基本的にマンションを売却することは難しいといわざるを得ません。たとえば、住宅ローンの残債が3000万円あるとします。マンションの査定をしたら2000万円という価格が算出されました。このマンションを2000万円で売却できたとしても、差し引きで1500万円不足することになります。こうした場合は、残債の1500万円を自分で用意せねばならず、基本的にマンション売却はできないと考えておいた方が良いかもしれません。 ただ、すべての事情が上記の例に当てはまるわけではありません。残債があったとしても、残債より高い金額で売却できれば、もちろん問題なく売ることができます。また、通常マンションには住宅ローンの担保として抵当権が設定されていますが、この抵当権を抹消することで売却に出すことも可能です。ただ、抵当権をはずすためにはローンを完済しなければならないので、結局は残債の金額で売却できるかどうかは決まってくるといえるでしょう。他にも、買い替えローンを利用して売却するという方法もあります。すでに新しい物件の購入が決まっている場合、残債を上乗せしてローンを組むことができます。ただ、この場合はローンの審査が厳しめになることには注意しておいてください。

マンション買い替え!売るのと購入どっちが先?

買い替えでマンション購入を検討している場合、まず売る方が先なのか、それとも買う方を先にするのか迷っているという人も多いのではないでしょうか。どちらにも一長一短があります。そのため、自分に合っていると思う方法を臨機応変に選択することが大切です。 たとえば、マンションを先に売る方を選択した場合、購入資金を潤沢に用意できる点は明らかなメリットになります。住宅ローンはとかく大きな金額になりがちです。長期間の借り入れになれば支払い金額も大きくなるため、自己資金がその後の支払いに大きな影響を与えることになります。先にマンションを売ってしまうことで、潤沢な自己資金を得ることができれば、ローンの負担を軽減することにもつながるでしょう。一方で、先にマンションを売ることになれば、新しいマンションが見つかるまでの仮住まいを確保しておかなければなりません。仮住まいといって侮甘く見ていると、資金計画に狂いが生じてしまうこともあります。仮住まいでも新しいマンションが見つからなければ、その分だけ家賃などの出費もかさんでしまうからです。 これに対して、買う方を先に済ませてしまう場合はどうでしょうか。この場合は、物件をじっくり選ぶことができるというメリットがあります。現状の住まいに心配はいりませんから、仮住まいを用意する必要もありません。値引き交渉をする時間もたっぷりあるため、自分の条件に合った物件を探しやすいともいえます。ただ、こちらの方は資金面で少し不安があります。先に売る場合と比べて、資金の準備が十分にできず、購入資金の大半をローンで用意しなければならないこともあるでしょう。そうなると、ローンの支払額も大きくなります。買い替えをする際は、それぞれのメリットとデメリットをよく精査し、自分に合った方法を選択するようにしましょう。

まとめ

マンションは人生で一番ともいえる高い買い物になるでしょう。それだけに、手放すのは惜しいと考える人も多くいるのではないでしょうか。ただ、マンションは財産でもあります。財産であるからには、それをうまく活用しない手はありません。売却を考えて購入したマンションでも、結局はずっと住み続けることもあるでしょう。しかしながら、もしものときのために対策を考えておくことは決して無駄なことではありません。売ることを念頭に入れて購入したマンションは、これまで紹介してきたようにそもそも価値の高いマンションでもあります。中古でも主要駅から近く、環境の良いマンションは、売るにも住むにも良い条件といえるはずです。将来何が起こるかわからない世の中だからこそ、いろいろな状況に対応できるマンション購入をぜひ検討してみてください。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

現状渡しでマンション売却!進め方のコツと注意点まとめ

マンションをそのまま渡すこと?現状渡しとは 現状渡しとは、現状、つまり現在の状態のままでマンション売却を行うことで、現状有姿渡しともいいます ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image

【マンション売却の流れが知りたい】絶対に失敗しない為の9ステップ

マンション売却までの9ステップ ステップ1.マンション売却の動機を整理する マンションを売却する理由には様々なものがあります。 「今のマンシ ... 続きを読む

マンションの売却方法

どう契約するべき?マンション売却で不動産会社と揉めないためには?

マンション売買契約の流れ マンション売却をするなら、初めに売買契約の流れを知っておくことが大切です。買主が決まってからの、大まかな流れは「重 ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image
×

イエイ不動産売却