不動産売却のお悩み解決はイエトク!

マンション売却のタイミングはいつがいい?高く売るための見極め方

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

築年数から考える!マンション売却のタイミングを決定するポイント

マンションの価格を左右するポイントの1つとして、とても重要なものが築年数です。マンションに限らず、住まいは新築として購入した時点で価値がどんどん下がってきます。中古になった時点で、たとえ住んでいなくても百万円以上価値が下がることも珍しくありません。築年数が進むにつれてマンションの価値も下がっていってしまい、いつの間にか売却金額が低いものになってしまいます。マンションの価値は15年までの下げ幅が大きいと言われています。15年を過ぎると価格は一定になる代わりに、取引量も減少する傾向にあります。そのため、マンション売却を考えている方は築年数が15年に至る前に取引をすることで、マンションの価値が高い状態で売ることができます。また、築年数が15年を超えることには他にもデメリットがあり、マンション自体にボロが出始め、修繕積立金や管理費が上がる可能性が高いのです。古い物件を購入した上に諸経費が大幅にかかってしまっては、費用を抑えて購入を考えている買主にとってはメリットが少なく、なかなか契約にこぎつけない可能性があるのです。マンション売却は売るタイミングが早ければ早いほど高値で契約に至る可能性が高いことを覚えておきましょう。遅くても築年数が10年から15年の間に売却することがベターといえるでしょう。

マンション売却のタイミングは譲渡所得にも注意したい

マンションの売却には譲渡所得によって税がかかります。マンションは築年数によって価値が下がるといいましたが、焦って早く売っては損をする場合もあります。譲渡所得による税率は、築年数が5年未満の場合は短期譲渡所得といわれ39%の税がかかってきます。もし5年以上経過している場合は長期譲渡所得として20%の税が課せられます。築年数が5年を境に19%も税に差がでるので、基本的に5年を超えて売却したほうが無駄に税金を取られる心配がないといえるでしょう。しかし、必ず5年を待たなければいけないわけではありません。地域環境の影響などで将来的にマンションの価値が下がってしまう可能性がある場合、早めに売却したほうが良い場合もあります。例えば、購入後に地盤が緩いことがわかったケースや、マンションをデザインした建築家や建築業者が耐震偽装など問題を起こした場合は一気に価値が下落することが考えられます。その後、補修をするなどと対策がたてられることも考えられますが、それによって価値が上がる可能性は少ないでしょう。もしものトラブルがあった場合は状況判断を素早くすることが大切です。

シーズンで考える!マンション売却のタイミングを決定するポイント

人の入れ替わりの時期は、不動産業界の最盛期と言えるでしょう。その時期は、新シーズンや転勤シーズンがある1月前位にピークを迎えます。新シーズンである4月や転勤シーズンである10月前の3月と9月がマンションの売却値が上がる時期でもあるのです。不動産屋にも一番情報が集まる時期でもあるでしょう。売却時期をどちらかのシーズンに持っていき、売却計画を練ることで高値での取引ができる確率が上がるでしょう。しかし、最も売れる可能性が高いシーズンであることは、他の売却者も承知しています。そのため、同じような物件を売りに出そうとするライバルがたくさん現れるのもこの時期です。もし自分のマンションよりも、さらに魅力があるマンションが出回った場合、売れ残るリスクもあります。もちろん活発に不動産が動く時期はメリットも多いですが、さまざまな物件がでてくる意味ではデメリットの部分も把握したうえで対策を立てることを忘れないようにしましょう。もし他に魅力があるマンションなら、無理に最盛期に売却を焦る必要はありません。

マンション売却を長期で見た場合のタイミング

不動産の値動きは水物で、過去を振り返るとバブル期にうなぎ上りであった土地の価値が、一気に下がった例もあります。バブル崩壊のとき、土地の売買で難を逃れた人は値崩れする前の1カ月から3カ月前に売却に出し成約をして生き残ったといわれています。2020年には東京五輪がひかえており、土地の値段が上がるであろうと考えられていましたが、2017年時点で不動産の売却価格が下落傾向にあります。これは日本の人口推移の影響を受けた結果と言われています。日本は少子高齢化であり、2025年には人口が1億2千万人を切ると予測され、2030年までに超高齢化社会になるといわれています。そのため、将来的に人口は減っていき、現在の不動産には住む人がいなくなり、空き家や空き室が増える可能性が高いのです。将来の予測をもとにマンション売却のタイミングを考えると、できるかぎり早めが売り時ということがわかるでしょう。需要が減ると不動産の価値は一気に下落をします。人口が少なくなるということは、魅力があるマンションでも買主がいなくなる可能性があるので、売却相手がいる間に売りに出すのが賢明でしょう。

マンション売却の最適なタイミングを知る方法

マンションの売り時は4つのポイントを抑えることで絞れますが、実際の売り時になるとためらってしまい、なかなか売りに出せないものです。そのため、実際に不動産会社に査定依頼を出し、反響を見て判断するのも1つの手段でしょう。本当に魅力のある物件ならば、不動産会社からの反響もすごいでしょう。また、コンタクトを取った不動産会社の担当者が良心的なら売却のタイミングが今かどうかなど情報を教えてもらえるでしょう。不動産会社側も自分の会社で物件を売却することができれば、大きな利益につながるので売手有利で交渉を進めることができます。複数の不動産会社に査定をしてもらう場合は、一括査定サイトで査定申し込みを行うのが良いでしょう。一括査定サイトなら、自分で複数の不動産会社に連絡をしなくても、簡単な登録で多くの不動産会社とコンタクトをとれます。また、一括査定サイトによっても反響率や登録している不動産会社が違うので、いくつか使ってみて、信頼のできる不動産会社を探すのが良いでしょう。

まとめ

マンション売却のタイミングは「築年数」「譲渡所得」「シーズン」「将来」の4つのポイントを押さえることができれば、高値で売却することができるかもしれません。このポイントを抑えつつ、一緒に売却するパートナーである信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。売るタイミングは情報を集めるだけではわかりません。現場を知るスペシャリストがいてこそ、より満足いく売却契約ができます。一括査定サイトでさまざまな不動産会社と連絡を取り合うのは、最も高値の査定額を出す不動産会社を探すためではありません。相場に忠実で、できるかぎり損がないように売却できるビジョンを持っている不動産会社と契約するためです。特に将来をしっかりと把握している不動産会社の担当者なら、うまく4つのポイントを抑えた売却プランを立ててくれるはずです。 マンション売却は時間と費用がかかります。決して焦らず、売却するべきタイミングを待つようにするのが賢明です。タイミングが合えば、必ず満足いく売却ができるでしょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

住宅ローンから見るマンション売却に適した築年数 マンション売却の条件は、築年数に応じて変わります。そのもっとも大きなものは売却価格です。築5 ... 続きを読む

マンションの売却

no image

マンション売却の相場とシーズンの注意点 マンションの売却はどのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。マンションの相場を決めるのは、築年 ... 続きを読む

マンションの売却

no image

①オリンピックでマンション価格高騰は2018年まで?!市場からわかる売り時は? マンションの売り時は2017年から2018年と言われています ... 続きを読む

マンションの売却

マンションの売り時
×

イエイ不動産売却