イエトク

マンション売却のために!リフォームはすべきか否か

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

リフォームしたほうが有利なの?マンション売却への影響は

マンション売却は、リフォームすることでどのような恩恵を得られるのでしょうか。まず、リフォームは物件の印象を良くできるというメリットがあります。中古物件を探している人のなかには、できるだけきれいな状態で住みはじめたいと考える人もいます。中古物件でもリフォームが施されている物件は、きれいな中古物件を求めている人にとっては目に留まりやすいといえるでしょう。中古物件を売却する際は、できるだけ早く成約につなげたいと思うのが心情です。ただ、目に見えて建物が劣化しているよう物件の場合、購入希望者に敬遠されてしまい、なかなか成約に結びつかないということもあります。物件を売却に出した後も、実際に成約が決まるまでは維持費や固定資産税などの税金もかかります。とにかく素早い売却につなげたいという人にとっては、リフォームをして建物を刷新することで得られるメリットも小さくないといえます。

リフォームの注意点!リフォーム費用は売却代金に上乗せ不可能

中古マンション市場においては、購入者が物件を買った後に自分でリフォームをするということも多くあります。そういう場合、すでにリフォームされている物件は敬遠される傾向にあります。というのも、購入後にリフォームを検討している人にとっては、むしろ手つかずの物件のほうが購入した後に自分好みに改造しやすいためです。また、リフォームにかかった費用は、必ずしも売買代金に上乗せできるわけではないことにも留意が必要です。そもそもマンションの価値は、駅からの距離や周辺環境などによって総合的に決められます。したがって、建物のグレードが少し改善されただけでは、実際に売却代金にほとんど影響を与えないということもあります。マンション売却に際してリフォームを検討する際は、こうしたデメリットがあることも十分に注意してください。

マンションのリフォーム費用はいくらかかる?相場はどれくらい?

マンション売却のときに、もしリフォームをするなら費用がどのくらいかかるのかぜひ相場を知っておきたいところです。もちろん、マンションの状態や工事の規模によって、実際にかかるリフォーム費用は大きく変化するでしょう。ただ、リフォームする場合は部屋全体を新築同様にする必要はありません。壊れてしまっている箇所や汚れがひどい箇所などを中心にリフォームするというのが一般的です。リフォーム費用については、工事会社によってもそれぞれ見積もりが異なるでしょうが、一般的な相場としては一室のクロス交換でおよそ10万円前後、全室クロス交換をすれば60万円から80万円程度が目安となります。もちろん、リフォームをしたからといって必ずしもすぐに売却につながるわけではありません。リフォームするなら、できるだけ費用を節約できるような方法を選択するのが大切です。

売却にはさまざまなお金がかかる!リフォームは費用を踏まえて

マンション売却にはさまざまなお金がかかります。抵当権抹消のための費用や住所変更登記に関する費用など、売却に関してはさまざまな費用がかかることを考えておかなければなりません。なかでも不動産会社に支払う仲介手数料は、マンション売却で最も大きな出費となります。取り扱うマンションの規模が大きくなるほど、不動産会社に支払う仲介手数料も高額になる傾向がありますから、マンション売却の際はこうした費用を前もって捻出しておく必要があります。また、売却の際は家を引き渡すために、期日までに引越しをしなければなりません。時期によっては引越し費用が高額になることもあり、こうした費用の工面もあらかじめ用意しておく必要があるでしょう。リフォームする際は、こうした諸々の費用を計算に入れたうえで物事を進めていくということが大切です。

マンション売却のポイント!買い手が求めるものを見極めることが大切

マンション売却にあたっては、買い手が何を求めているのかを見極めることが大切です。最新設備の整ったマンション購入を考えている人は、そもそも中古物件ではなく新築物件の購入を検討するものです。リフォームをして手持ちのマンションをきれいにすることには、確かに物件を新しく見せることができるなどのメリットはあります。しかし、新しく見せることにこだわりすぎて、買い手が求めているものを見誤ってしまっては元も子もありません。特に近年では、リノベーション用の物件としてマンション購入を考える人も増えています。リノベーションとは、簡単にいってしまえば、中古物件を新築同様に改築するということです。そういう人が求めているものは、物件そのもののきれいさではありません。このように、買い手が物件に対して要求するものを見極めることが、マンション売却の一番のコツなのです。

掃除や簡易リフォームが有効的?費用もそれほどかからない

もし売却にリフォームを検討するなら、簡単な掃除などといった簡易リフォームがおすすめです。中古マンションとはいえ部屋の内部があまりに汚れているような場合、やはり購入者からは敬遠されてしまうかもしれません。とりわけ玄関から入って、すぐに汚れや臭いが気になるような物件は、簡単なクリーニングをしてもらって見た目を良くしておくというのもひとつの手です。玄関周りだけでなく、主婦の決め手になりがちな水回りなどにも注意を払っておきたいところです。掃除程度の簡単なリフォームであれば、費用もそれほどかからずに済むでしょう。リフォームは小さくコンパクトに、というのがマンション売却の成功の秘訣です。

リフォームしようか迷うなら!相談や一括査定で検討してみよう

もしリフォームしようかどうか迷っているなら、不動産の専門家に相談してみるというのもひとつの手です。ただ、マンションの査定などに関しては、不動産会社によって価格が異なるのが常です。そのため、複数の不動産会社を回って査定額や相談の質について調べたいところですが、いちいち不動産会社に赴くのは時間も労力もかかります。そこでおすすめしたいのが一括査定です。一括査定サイトで手持ちのマンションを審査してもらえば、すぐにも複数の不動産会社の評価を知ることができます。また、そこから親身になって相談に乗ってくれる不動産会社を探すきっかけにもなります。マンション売却にはやはり専門家の判断を仰ぐのが一番です。手っ取り早く、かつ高値で取引できるように、ぜひ一括査定を利用してみてください。 マンション売却は取引される金額も高額ですから、失敗しないためにもリフォームするかどうか慎重に検討するようにしましょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

マンション売却には費用をかけろ?高額で売却する方法

マンション売却を考えるならまずは「現状を知ること」 マンションを売却するなら、まずは自分の希望額と査定額の相場の違いを認識する必要があります ... 続きを読む

マンション売却のコツ

マンション売却を成功させるためのポイントは内覧にある!

内覧件数が多いのに、なぜか売却につながらない「3つ」の理由 マンションの売却と内覧件数の関係 マンションを売却するときは、必ずと言っていいほ ... 続きを読む

マンション売却のコツ

マンション売却の内覧TOP

マンション売却のための、内覧を成功させる7つのテクニック

内覧を成功させるには、購入希望者の立場で考えつつ、好印象を与えるためのアピールをする マンション売却につなげる内覧のテクニック1:売主は基本 ... 続きを読む

マンション売却のコツ

×

イエイ不動産売却