イエトク

マンション売却は居住中でもOK?なるべく高く売るには?

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

居住中のマンション売却における内覧のメリット・デメリット

居住中にマンション売却をするメリットは、仲介業者だけではなく、売主側も買主がどのような人物かをある程度選定できることです。理不尽なクレームをつけてこないか、後でトラブルを引き起こさないかなどを見られるので、安心してマンション売却ができることでしょう。また、住んでいる人にしかわからない近隣情報を内覧者に伝えることで、よりマンションを魅力的に見せることができます。その結果、マンションが売れる確率が上がるかもしれません。一方、居住中にマンション売却をするデメリットもあります。実際に誰かが生活をしているため、収納や水回りなど事前にチェックしておきたい部分を十分にチェックできないということが内覧者にとっては不満のひとつになります。さらに、すぐ近くに売主がいるため、落ち着いて内覧できないと感じる人が出てきたり、売主を気にして内覧中にマンションに関する感想が率直に言えなかったりするケースもあります。居住中の売却は余計な引越しをして家賃などを支払わずに済むという売主側にメリットがある一方、内覧者には自由にさまざまなところを見ることができないというデメリットがあります。居住者と内覧希望者との間でスケジュール調整をしなければならないということも、大きなデメリットのひとつです。少しでもマンション売却のチャンスを上げるためには多くの内覧希望者を受け入れる必要があるため、売主側の生活リズムの変更を余儀なくされることがあります。

空き家のマンション売却におけるメリット・デメリット

室内を空き家にしてマンションを売却する場合のメリットは、内覧希望者がいつでも時間を気にせずにマンションを訪れられることです。売主側が内覧希望者のためにスケジュール調整をする必要がないため、売主に対する負担が軽減されます。また、内覧者も売主を気にせずに隅々まで見学できるので、満足度が高いといえます。売主側も内覧者の反応に気を使ったり、内覧者からの質問に答えたりする必要がなくなるので、内覧にかかるストレスから解放されます。空き家にしてマンション売却する際のデメリットとしては、床や壁の傷みなどが一見してわかりやすくなることが挙げられます。買い手がつくまで誰も部屋に住まないため、ホコリがたまったり劣化が早くなったりすることもあります。これらのデメリットを避けるためには、定期的に訪問したりハウスクリーニングを入れたりすることが大切となります。空き家でのマンション売却は居住中に比べて売主と内覧者の双方で負担が少ないものの、部屋が傷みやすくなるので注意が必要です。また、空き家にすることで誰も住んでいない期間は部屋を遊ばせていることとなってしまい、その分損をする可能性もあります。特に買い手がつくまでに年単位の時間がかかった場合、大きな損失が出るかもしれません。

マンション売却を成功させたい!居住中の内覧準備で気をつけること

居住中にマンション売却を成功させるためには、いくつかの守っておきたい注意事項があります。より高い値段で素早く買い手を見つけられるよう、以下のことに注目してみてください。 ・隅々まで清掃をしておく より清潔でより新しく見えるマンションが欲しいと多くの人は思っています。そのため、特にキッチンやお風呂場、トイレなどの水回りや部屋の隅などをきれいに掃除しておくことは、マンションを高値で売るためのポイントといえます。掃除という一手間を加えるだけでマンションの価値が上がることがあるので、内覧者が来る前には徹底的に部屋をきれいにしておきましょう。壁に穴が空いていたり床に傷があったりする場合は、DIYで直せるなら事前にリフォームしておいたほうがいいでしょう。 ・生活感を出さない 掃除と一緒にやっておきたいのは、生活感をなるべく出さないようにすることです。床に物を置いたり靴を玄関に散乱させたりせずに、収納できるものは全部収納していきます。寝室ではベッドメイキングをきちんと行い、ホテルのようなニュートラルな空間作りを心がけることが大切です。布団を床に敷いて寝起きしている人は、押入れにしまってください。ただし、見えるところだけきれいに整えれば良いというわけではありません。内覧者のなかには収納の造りを見たいという人もいます。クローゼットや押入れを開けたらいろいろなものが乱雑に詰め込まれていたのでは、心象を悪くしてしまうことでしょう。整理整頓は収納の中まで徹底させるのがポイントです。 ・換気をしっかりして生活臭を消す 大切なことなのにもかかわらず忘れがちなのは、部屋にこもった生活臭です。居住者は慣れているため自身で気がつかないことが多いですが、訪問者はにおいに対して敏感です。内覧者が訪問する30分くらい前から換気をしっかりと行い、生活臭をできるだけ消すように心がけてください。生活臭を消すために芳香剤を振りまくのは、かえって悪印象を与える可能性があります。良い香りであってもにおいはなるべく部屋につけないことをおすすめします。

まとめ

今回は、居住中と空き家のマンション売却に対するメリットとデメリットの両方を見てきました。最終的にどちらがマンション売却のためには良いかは、信頼できる不動産仲介会社へ聞いてみるのが1番です。物件ごとに状況や条件が変わってくるため、個々のケースで仲介会社の経験に頼って判断してもらうのがベストといえます。不動産仲介会社は、一括査定サイトを利用して見つけると早くて便利です。一括査定サイトにはさまざまな不動産仲介会社が登録しており、大手から地元密着型の業者まで幅広く紹介してくれることでしょう。 マンション売却をストレスが少なく、かつ高い値段で行うためには、不動産仲介会社の見極めが重要なポイントです。自分にとってベストな会社を見つけて、マンション売却を成功させましょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

マンションを売却するべきか買取にするべきか迷ったら読むコラム

マンション売却ではなく買取を選ぶメリット・デメリット マンション売却で不動産会社に仲介ではなく、買取をしてもらうことによるメリット・デメリッ ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image

しつこいマンション売却の勧誘電話… 覚えておきたい知識いろいろ

マンション売却の勧誘電話… 目的はなに? マンションを売却しないか?という勧誘電話をかけてくる業者の目的は、オーナーから投資用マンションを言 ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image

【マンション売却の流れが知りたい】絶対に失敗しない為の9ステップ

マンション売却までの9ステップ ステップ1.マンション売却の動機を整理する マンションを売却する理由には様々なものがあります。 「今のマンシ ... 続きを読む

マンションの売却方法

×

イエイ不動産売却