イエトク

マンションを売却するべきか買取にするべきか迷ったら読むコラム

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

マンション売却ではなく買取を選ぶメリット・デメリット

マンション売却で不動産会社に仲介ではなく、買取をしてもらうことによるメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。 ★メリット まず、買取のメリットについては、現金化が早くできるということです。特に買取業者として物件の取り扱いの多い不動産会社は取引が慣れているので、査定額の算出も早い傾向があります。マンションの買い替えが決まっていたり、転勤や家庭の事情などですぐに引越しをしなければならなかったりするときには、買取は便利な方法です。さらに、マンションを仲介で売却するときには仲介手数料がかかります。この仲介手数料は物件の価格が高いとそれなりの金額になりますが、不動産会社が直接買取すると仲介手数料がかかりません。業者に直接売却することで瑕疵担保責任も免除されます。 ★デメリット 買取のデメリットとしては、仲介よりも価格が安くなってしまう可能性が高いです。不動産業者は必要なリフォームや再販の際の利益などを考えて買取価格を決めるので、仲介相場の60から70%ほどの価格になると考えておくといいでしょう。売却を急いでいない場合で、なるべく高くマンション売却したいと考えているときには、この価格面がデメリットといえます。すぐに買取をしてもらうのを迷っている場合には、買取り保証を検討してみてもいいでしょう。

マンションの買取はなぜ売却より安いのか

マンション売却で不動産会社に買取してもらうと、なぜ仲介での売却より安い価格になるのでしょうか。買取のデメリットでもふれましたが、不動産会社はマンションを買い取って価値を高めてからできるだけ高い値段で再度売却活動を行います。リフォームや修繕をしっかり行い、きれいな状態で売り出す必要があるのです。買取をするときには、仕入れ値でなければ最終的に不動産会社が利益を得ることができませんので、仲介相場の60から70%ほどの買取価格にしないとビジネスとして成り立ちません。そのため、買取は安くなってしまうのです。しかし、価格は相場より安くなったとしても、すぐにマンション売却する必要がある人にとっては、不動産会社に即時買取をしてもらったほうが良い場合もあるでしょう。

マンション売却を諦めきれない人は買い取り保証を考えて

買取してもらったら早く売却できる、瑕疵担保責任や仲介手数料なども必要ないなどメリットはあります。しかし、売却したいけれどそれほど急いでいないときには、やはりできれば高くマンション売却ができるに越したことはないでしょう。そのため、やはり仲介か買取で迷ってしまうこともあります。そんなときには、買取保証を検討してみてはいかがでしょうか。すべてのマンションが買取保証できるという保証はありませんが、不動産会社に打診してみる価値はあります。買取保証は、一定の期間に仲介で売却ができなかったときに、不動産会社が買取をしてくれるという制度です。この方法であれば、必ず売却できるという安心感がありますし、業者買取になると仲介手数料はかかりません。さらに、買取価格も即時買取と比較すると仲介で売却予定の価格の80~90%程度での買取ってくれることがあります。不動産会社によって条件は変わるので、何社かに問い合わせして比較してみましょう。

売却より買取に適したマンション

自分の所有しているマンションは、仲介が良いのか買取が良いのか判断に迷うこともあるでしょう。買取に適しているといえるマンションについてポイントをまとめてみます。まず、仲介で売却するにあたり時間がかかることが予想される物件である場合には、買取をお願いしたほうが良い可能性があります。仲介で買主を見つけることが難しい理由としては、借地権などの権利関係が少々難しいマンションや、事故物件、築年数が30年を超えているなど古いマンションが挙げられます。さらに、長期間所有していたが修繕状態がそれほど十分ではなく、リフォームにかけるお金を節約したい、仲介で売却後の瑕疵担保責任を追いたくないと考えている場合にも、買取が適しているといえるでしょう。

マンション買取と仲介による売却の違い

マンション売却を成功させるためには、買取と仲介の違いについてしっかり確認しておく必要があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、必ずおさえておきましょう。買取は買取保証なども含めて、不動産会社がマンションを買取ってくれる方法で、買主は不動産会社になります。そのため、業者が買主となることで仲介手数料と瑕疵担保責任は免除になります。売却にかかる期間もはっきりしているので、すぐに売却したいときにはおすすめです。仲介は不動産会社が買主を探します。買主が見つかるまで売却活動を続けなければならないので、いつ売却できるか時期は読めない可能性が高いです。仲介で売却した場合には、買取よりも高く売却できる傾向がありますが、仲介手数料や売却前にリフォームをしなければならないなど、買取では必要がなかったコストがかかることがあります。

マンション買取でも仲介による売却でも注意すべきこと

マンション売却においては、仲介にするか買取にするか、ある程度気持ちを固める前に自分なりに相場を知っておくことは大切です。不動産会社に依頼する前に、インターネットなどを利用して複数の不動産会社から一括査定をしてもらい、どれくらいの価格になるのかを調べておきましょう。そうすることで、不動産会社からの買い叩きを防ぐことができます。買取で依頼する場合には査定相場の60から70%の価格になるので、買取してもらうときにも参考になるでしょう。

まとめ

マンション売却はどれくらいの期間で売却しなければならないのか、マンションの状態や築年数、立地などによって買取が良い場合と仲介が良い場合があります。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、自分のマンションの状態を把握しましょう。不動産会社は必ずいくつかの会社に打診をして信頼できる査定価格やサポートが得られる業者を選ぶことが大切です。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

しつこいマンション売却の勧誘電話… 覚えておきたい知識いろいろ

マンション売却の勧誘電話… 目的はなに? マンションを売却しないか?という勧誘電話をかけてくる業者の目的は、オーナーから投資用マンションを言 ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image

マンション購入は売ることも考えて!賢いマンションの選び方

マンション購入はなぜ売ることも考えたほうがいいの? マンション購入を考える際は、将来的に売ることも視野に入れて購入することが大切です。もちろ ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image

共有名義のマンションをトラブルなく売却する方法

マンションを売却する前におさらい!共有名義とは? 共有名義とは、1つの不動産の所有者が複数人いる状態のことです。不動産を購入する時に、その資 ... 続きを読む

マンションの売却方法

no image
×

イエイ不動産売却