イエトク

マンション売却の準備は万全に!どんな準備をすればいい?

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

マンション売却の準備期間はどのくらい?

そもそも、マンションはどのくらいの期間で売却できるのでしょうか。この期間の目安がよくわかっていないと、準備をするにもなかなかできないものです。実際、マンションの売却期間の目安はだいたい3~6カ月程度を見積もっておいてください。もちろん、早ければ1カ月ほどで成約を取り付けることもできないわけではありません。その一方で、売却を完全に完了までに1年以上要する場合も珍しくないのが現状です。期間はそれぞれの状況によってまちまちですので、できるだけ長めに期間を見積もっておいた方が安心といえます。マンション売却のためには、まず事前調査を行って、マンションの価格を調べたり、契約する不動産会社の選定を行ったりします。この準備にだいたい1カ月ほどかかります。事前調査を終えると、次は物件を公開する手順に移っていきます。物件公開は要するに買い手を見つけるための手続きです。売り出しを開始して、購入者に内覧などをしてもらいます。この物件公開は早ければ半月ほどで購入者が見つかる一方、3カ月たっても見つからないこともあるため、時間に余裕をもって準備しておく必要があります。物件公開を経て購入者が見つかれば、いよいよ成約という運びとなります。ただ、成約に関しても、買い主が借り入れで物件を購入しようという場合はローン審査などに時間を要することがあります。約1カ月半~2カ月ほどの準備期間を見積もっておきたいところです。こうした手続きを経て、ようやくマンション売却は完了します。

マンション売却の価格に関する準備

マンション売却にあたっては、まず価格を知るための手続きを踏まなければなりません。いわゆる査定をしてもらって、所有のマンションがどの程度の価格で売却できるのかということを把握します。マンション価格の査定は不動産会社に依頼することでしてもらえます。ただし不動産会社に出してもらった査定価格は、その価格であれば必ず売却できるという金額ではありません。売却するとしたらこのくらいの価格が目安になるという基準に過ぎません。また、査定価格は依頼する不動産会社によって算出される金額も違ってきます。そのため、マンションの価格査定は1社ではなく複数の不動産会社に依頼するのが鉄則です。しかし、このとき高い査定価格を出してもらった不動産会社が必ずしも良い不動産会社とは限りません。なぜなら、査定価格は必ず売却できる価格ではなく、あくまで売却するための目安の金額に過ぎないからです。高い査定価格をしてもらっても、結局その価格では買い手が見つからず、後になって売却価格を下げざるを得ないということもあります。マンションの価格については、必ずしも査定価格の高さではなく不動産会社に対する信頼を基準にして判断するようにしましょう。査定価格を出すためには、まず納得できるだけの根拠が必要です。出された査定価格が適正であるかを知るためには、まず複数の不動産会社に査定を依頼し、そのうえで出された査定に根拠があるかどうかを見極めることが大切です。そのためにも、事前に不動産会社の売却実績などを調べておき、その不動産会社が信頼できる会社かどうかを見極めておくようにしましょう。

マンション売却には欠かせない内覧準備

マンションを少しでも好条件で売却するためには、内覧時の印象を良くしておくことも欠かせません。マンション購入者の立場になって考えると、やはり汚いマンションよりきれいなマンションを購入したいと考えるものです。購入希望者は必ずといって良いほど内覧を希望するものなので、希望者ががっかりしないようにしっかり準備しておくことが重要といえます。マンション売却に際しては、急に内覧希望を申請されることも珍しくありません。そのため、普段から準備を怠らないようにして、きちんと物件を清掃しておくという心構えが大切です。住みながら売却活動をする場合もそうでない場合も、普段から意識して部屋をきれいにしておくように心がけておきましょう。とりわけ玄関や水回りは内覧者の印象を大きく左右する箇所です。玄関はその家の第一印象を決定づける場所でもあり、この部分が汚いと部屋全体の印象も悪くなりかねません。住みながら活動している場合、特に玄関は汚くなりがちなので、こまめに掃除をしてきれいにしておきましょう。また、玄関周りは独特の臭いも気になるところです。下駄箱などに臭いがこもらないよう、しっかり消臭や換気をしておくように心がけましょう。一方、水回りも常から清潔に保っておきたい箇所です。水回りの掃除は一朝一夕では賄えないこともあります。急な内覧希望に対応するためにも、掃除をこまめにするなどしてしっかり準備しておきましょう。

マンション売却のための書類を準備

マンション売却を思い立ったら、準備しておかなければならないのが書類です。もちろん、実際に書類が必要になるのは不動産会社と契約するときや、購入希望者との売買が成立したときなど、売却を思い立ってからずっと先のことかもしれません。しかし、いざ書類が必要になったときに準備できていないと、そのときになって慌てて用意しなければならなくなります。売買契約には相手がいますから、書類の準備ができていないとスムーズな契約に移れないということもあり得ます。先のことだからと後回しにしていると、いざというときに対応が後手になってしまいかねないので、マンション売却を思い立ったらすぐにでも書類の準備をすることをおすすめします。それでは、マンション売却で必要な書類にはどんなものがあるのでしょうか。最初に書類が必要になるのは、不動産会社と契約を結ぶ際です。不動産に関する情報が記載されている「登記簿謄本」、売却するマンションの売買に関わる「売買契約書」、また「重要事項説明書」や「固定資産税納税通知書」などさまざまな書類が必要になります。次に売買が成立したときに必要な書類です。「身分証明書」や「印鑑証明書」、「銀行口座書類」や「ローン残高証明書」など、すぐに対応できるように準備しておきましょう。また、マンションを引き渡す際にも、「登記済証」や「設備の仕様書」などが必要です。マンション売却には、このようにその都度さまざまな書類が登場します。いざというときのためにも、事前に抜かりなく準備しておきましょう。

この準備は大切!マンション売却を依頼する不動産仲介会社を選ぶ

マンション売却で重要な準備は、売却を依頼する不動産仲介会社を選ぶということです。マンションを少しでも良い条件で売却するためには、何より不動産仲介会社の力が欠かせません。むしろ不動産会社と媒介契約を結んでから売り主自身ができることといったら、内覧に備えて準備することぐらいです。つまりマンション売却の成否は依頼する不動産会社の手にかかっているといっても過言ではないのです。それでは、どのような不動産仲介会社が優良だといえるのでしょうか。まず、価格の項でも述べましたが、高い価格査定を算出してくれたからといって、必ずしも優良な不動産会社とはいえないことについては、再度確認しておいてください。もちろん、査定価格は不動産会社を選択する上で大きな参考基準になってくれます。ただ、不動産会社を選ぶ際は、査定価格だけを参考にするのではなく、その会社の売却実績や営業担当の能力なども加味したいところです。また、不動産会社にも得手不得手があります。マンション売却を成功させるためには、マンション売却の実績が高い不動産会社を選ぶことも大切です。同じ売却実績でも、一戸建てに強みがある会社と、マンションに強みがある会社とでは得意分野が異なります。特定のエリアに高い実績を持つ不動産会社もあるので、査定価格と合わせてこういった点にも注目して不動産会社選びを進めていきましょう。

まとめ

マンション売却は、大きな金額を取引することになる一種の事業です。そのため、失敗すれば途方もない損失につながることも考えられます。それだけに、ここで紹介したような細かな準備が成功のカギを握ります。また、売り主だけでなく、買い主にとっても、マンションの購入は人生で最も大きな買い物になることもあります。そのため、ちょっとした違和感で購入を断念するという人も珍しくありません。内覧時の印象が悪かったとか、手続きがスムーズにいかなかったといったささいな理由でも、購入が流れてしまうこともあります。だからこそ、そうしたことがないようにしっかり準備しておくことが大切なのです。売却する物件はいつ売りに出しても良いように普段からきれいにしておいてください。いざというときのために、素早く手続きができるように書類を準備しておくことも欠かせません。こうした準備ができていて初めて、好条件のマンション売却を勝ち得ることができるのです。そして何より、信頼できる不動産会社を見つけることが売却の成否を握ります。そのためにも、複数の不動産会社からきちんと査定をしてもらい、好条件で手持ちのマンションを売却するための準備を整えてください。備えあれば憂いなしといいます。マンション売却も準備こそが事の成否を左右しますから、準備をしっかり行って後悔しない売却ができるようにしましょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

マンション売却時に代理人を立てたい…委任方法から注意点まで解説!

そもそも代理人や委任の意味とは? 代理人を立てるときは、相応しい人物を探して手続きを委任することから始まります。委任とは、選んだ人に法的手続 ... 続きを読む

マンションを高く売りたい

no image

マンション売却に影響が?築年数で価格はどう変わる?

住宅ローンから見るマンション売却に適した築年数 マンション売却の条件は、築年数に応じて変わります。そのもっとも大きなものは売却価格です。築5 ... 続きを読む

マンションを高く売りたい

no image

マンション売却で少しでも利益を残したいなら!不動産売却にかかる税金を把握して節税しよう

マンション売却時にかかる税金とは マンションを売却する場合には、主に所得税、住民税そして印紙税の3つの税金が関係します。所得税と住民税は、マ ... 続きを読む

マンションを高く売りたい

no image
×

イエイ不動産売却