イエトク

マンション売却で損をしないための注意点とは?

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

マンション売却の相場とシーズンの注意点

マンションの売却はどのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。マンションの相場を決めるのは、築年数や眺望、階数などによって価格が変わります。例えば、同じ階数でも見晴らしの良い部屋と他のビルのせいで見晴らしが良くない部屋では価値が変わります。これは、新築のマンションでも同様です。そのため、中古でマンションを高く売れる場所は、新築の時点である程度相場が決まっていると言えます。もしその後の価値に変動があるとすれば、周辺環境の利便性の向上や高層ビルの建築による陽当たりなどの環境変化によって左右されるでしょう。自分の地域の相場は、国土交通省の土地総合情報システムで地価調査の結果や不動産取引価格のアンケート結果を公表しているので、ネット上から見ことができます。また、不動産のポータルサイトで自分の地域にある、売り出しているマンションの相場を確認することができます。調査した相場を元に、できるかぎり高い値段でマンションを売却したいと考えるはずです。しかし、マンションも時期によって相場が高くなったり安くなったりします。その時期を知らないと、相場が安いときにマンションを売却してしまう可能性があります。また、シーズンによっては売買が行われにくい時期もあることを把握しなければいけません。マンションは新シーズンが始まる前の3月や、転勤が増える10月前の9月に最盛期を迎えます。もし4月や10月など、シーズンが始まってしまうと、不動産売買の波は収縮を始めるので注意が必要です。売却するときに、ちゃんとした値段で成約させたい場合は、時間と金銭面で余裕をもって取引にのぞむのが賢明でしょう。

マンション売却するための不動産会社選びの注意点

マンションを売却するシーズンを絞れれば、次はパートナーとなる不動産会社を選ぶことが必要です。不動産会社に査定を出すときに注意をするときは、必ず複数の会社に査定依頼をお願いするのが良いでしょう。事前に相場を調べたからとはいえ、不動産会社の方が知識は上で、いろいろな理由をつけて売却価格を低く見積もる可能性もあります。複数の不動産会社に査定を出してもらうメリットとして、実際の査定の相場を知ることと条件が良い不動産会社を見極めることができることです。しかし、自分で複数の不動産会社に査定を依頼するのは結構な手間がかかるでしょう。そのような手間を解消してくれるのが「一括査定サイト」です。不動産の条件を入力し、査定をお願いすると、複数の不動産会社が見積もりをしてくれます。その査定内容から条件の良い会社を選び出し、不動産会社を絞り込むことができます。ある程度絞り込んだあとは、信頼ができる不動産会社を見つけましょう。不動産の売却をするときに、無理に売ることを押す営業を行う不動産会社ではなく、親身になって自分にあった売却プランを提示してくれたり、物件の状態やローン残債などをヒアリングしてくれたりする不動産会社がおすすめです。

マンション売却に際して媒介契約の注意点

不動産会社にマンションの売却を任せるときは媒介契約を結びます。媒介契約は「一般媒介契約」「専属媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。これらは依頼主が決めることができるのですが、それぞれどういう内容なのかを理解する必要があります。「一般媒介契約」とは、複数の不動産会社に依頼するときに使用できる契約です。最も一般的な契約内容で、依頼主は自分で信頼できる不動産会社を選ぶことができ、自由に購入希望者を決めることができるのがメリットです。「専属媒介契約」は特定の不動産会社に仲介を依頼することができる契約です。依頼主が他に契約をしない代わりに、不動産会社は依頼主に売却状況を2週間に1回以上報告することが義務付けられます。また、不動産会社は依頼主の物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録する必要がでてきます。不動産会社にさまざまな規定がありますが、依頼主は購入希望者を自由に決めることができます。「専属専任媒介契約」は専任媒介契約よりも固い契約で、特定の不動産会社のみと契約をし、依頼主は自由に購入希望者を決めることはできません。不動産からの報告義務は1週間に1回以上する必要があるので、売却進行状況を細かに把握することができ、信頼できる不動産会社の場合は最後まで責任をもって任せることができるのがメリットです。信頼できる不動産会社がまだ見つかっておらず、安全に取引を完了したい場合は、自由度が高い一般媒介契約をおすすめします。一般媒介契約では一括査定サイトを利用でき、自分で信頼できる不動産会社と契約することができます。

マンション売却がうまくいかない場合の買い取りに関する注意点

信頼がおける不動産会社に依頼をしても、すぐに買い取り手が決まらないこともあるでしょう。不動産売買はタイミングも重要で、必ず直ぐに契約が決まるものではありません。しかし、中にはすぐにでも売却を検討している人も多いのではないでしょうか。早めの売却を希望の方には、業者買い取りという方法があります。業者買い取りとは、一般消費者に販売するのではなく、転売業者に物件を購入してもらう方法です。業者買い取りは、物件の売却金額を査定してもらい、査定金額が問題なければ売買成立になるというスピーディな取引を行うことができます。買い取り金額は相場の7割から8割程度になります。契約スピードのメリットから、業者買い取りを行う人も少なくないですが、いくつか注意点があることを理解しなければいけません。業者買い取りを行っている会社は、不動産を買い取らなければ商売が成り立たないので、不動産会社と付き合いがある会社も多いのです。そのため、業者買い取りを行っている会社を不動産会社から紹介されるケースもあります。専属媒介契約や専任専属媒介契約の場合、買い取り業者と不動産会社からの囲い込みが行われることもあるので注意が必要です。そのようなリスクを軽減するためにも、一般媒介契約がおすすめと言えるのです。

マンション売却を成功させるための注意点

マンション売却を成功させるためのポイントをご紹介します。マンション売却をするときには、考えに誠実さと柔軟性が求められます。中古物件を販売するので、物件は傷んでいる場合があります。また、長く住んでいる過程でリフォームを行っている人もいるはずです。物件の傷んでいる場所や、過去にリフォームを行った場所については誠実に報告をすることが大切です。もし報告をしなければ、傷んだところやリフォームの事実がわかった場合、値引き交渉の材料にされる場合や不動産との信頼を築けなくなる場合があります。査定で内覧が行われる前に、不動産の整理整頓や清掃や電気の点灯を行うことも忘れないようにしましょう。キレイな物件を内覧するのと、汚れたり、散らかっていたりする物件を内覧するのでは心象が変わってくるので、その後の評価や不動産会社のモチベーションに影響を及ぼす可能性があります。清掃の度合いですが、ハウスクリーニングは高いので自分で大掃除をするイメージで掃除を行いましょう。ハウスクリーニングを入れたほうが良いかは、不動産会社の担当者に相談するのが賢明です。不動産会社との信頼を築くためや、査定金額を上げるためにもマンションやマンション周辺情報は不動産会社の担当者に明確に伝えるようにした方が良いでしょう。伝えることとして、管理組合活動・マンションの管理体制・駅・学校・病院などの情報が当てはまります。また、購入者の気持ちも考えるようにしましょう。売手としては、高く売りたいですが、買手は安く購入して自分でリフォームをかけたいと考える人も多くいます。設備の修繕は必要ですが、高く売るためにリフォームをするのは逆効果になる可能性があることを覚えておきましょう。買い取り希望者が現れ、価格交渉を求められた場合は柔軟に対応することが必要です。もし頑なに売らなければ、維持費がかかってしまい結果として費用がかさむ可能性もあります。注意点を参考に、満足できる契約を行うのが必要なのです。

マンション売却のトラブル防止のための注意点

マンションの売買はさまざまなポイントで起こります。まずマンション売買が完了した後に起こるトラブルとして、売却後に通常では気が付かない不具合が室内設備に起きた場合、そのトラブルを解決する費用は買主が負担をせず、売主が責任を負うことになります。瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という民法があり、もし買主が設備の不具合を発見した場合、売主に損害賠償や契約の解除をすることができるとされているのです。そのため、売却前にリフォームや不具合がある場所は必ず不動産会社に報告した方が良いのです。売却を急いで行いたいと考えている人も注意が必要です。急いでいることを悟られた場合、不動産会社や買い取り希望主に安く買いたたかれる可能性があります。また、もし不動産会社が業者買い取りの囲い込みを行っている場合は、そちらを強要される可能性もあります。不動産会社は業者買い取り業者目的以外にも囲い込みをする可能性があります。自社だけで売手と買手を見つけて契約させる、両手取引は仲介手数料が2倍になる不動産会社にとって美味しい取引方法です。しかし、市場へ出回る情報が限定されてしまうため、売却にかかる時間が長期化するリスクが高まります。不動産会社の囲い込みなどを行わせないためにも、不動産会社に任せきりにせず、問い合わせ数や反響をきちんと確認することが大切です。もし不動産会社とトラブルが発生した場合は、宅建協会に相談してみましょう。

まとめ

マンション売却に限らず、不動産の売買にはトラブルがつきものです。そのため、マンション売却をする工程ごとの注意点を把握し対応していくことで、公平で安全な取引ができる可能性を飛躍的にあげることができます。安心できる契約を結ぶためには、マンションが抱えている問題などを把握して、信頼できる不動産会社に情報を預けて取引に望みましょう。また、契約が決まるまでは焦らずに時間と心にゆとりをもつことが、満足できる売却につながります。トラブルが発生した場合でも、対処法を事前に身に着けておくことで回避することができるでしょう。信頼できる不動産会社を見つけるためにも、一括査定サイトを使用し、不動産会社を比べることも大切です。確実に売却取引を行うために、自分でできることは行動し、安心して売却できる環境を作りましょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

マンションは売るか貸すならどっちが得?決断時の5つの判断基準

マンションを売る場合と貸す場合に、かかるお金と手に入るお金 マンションを売るか貸すか悩んでいるときに、一番最初に知るべきことはお金に関するこ ... 続きを読む

マンション売却の注意点

離婚でマンションを売ることに… トラブルなしで売却するには?

離婚でマンションを売ることになったら何をしたらいい? 夫婦でよく話し合って2人で購入したマンションを売却することになったら、少しでも良い条件 ... 続きを読む

マンション売却の注意点

no image

中古マンションが売れない場合に!売却に苦戦する理由と3つの打開策

中古マンションが売れない場合に考えられる5つの理由 実は、中古マンションが売れないという場合、不動産業界では以下の理由に一つでも該当している ... 続きを読む

マンション売却の注意点

no image
×

イエイ不動産売却