イエトク

住宅ローン残債がある人は一度任意整理を検討しよう

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

住宅ローン残債がある人が任意整理をする方法

任意整理はどんなもの?誰に相談すれば良い?

任意整理は債務整理と同じく多重債務となってしまった債務を返済するために利息をカットする事ができるので早期の返済を可能とすることが出来ます。債務整理と同じですが、過去に払い過ぎている利息を計算していきます。将来の利息はカットして分割払いをすることが出来るようになり特に多重債務者の方で利息が負担になっている方におすすめできる解消方法です。どちらも相談可能ですが、司法書士や弁護士が返済の方法や返済の額について交渉(和解)が可能です。専門的に仕事をしている専門家に依頼するのがベストで、上限が140万円以上の相談、交渉、訴訟は弁護士に依頼するのが妥当です。

基本的に債務整理は、キャッシングやカードローン、クレジットカードの使いすぎ、また返済出来なくなってしまった借り入れ、借金を整理する方法の事で、 債務整理には種類が分かれています。自己破産、個人再生、任意整理、特定調停と分かれていて。債務整理には幾つかの手続きがあります。そのため任意整理ができる条件は原則3~5年間での返済が可能な方、今後も返済を継続していく事が出来る方、今後も返済を継続していく意思がある方に限ります。

任意整理の意味としては任意で借金を整理するということです。債務者と業者間(クレジット会社等からキャッシング、またはカードローン)等の間で取り交わす契約の事を呼びます。裁判所などの公的機関を通さないで和解を持って債務に折り合いを付ける手続きなのです。債務者と債権者の間で利息をストップさせたり、支払い過ぎていた分で毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉をすることになります。返済額(借金額)を減額することができるので 現状の返済額空更に負担が少なくなるように返済をしていくことになります。

任意整理を行う際には多重債務者の方は任意整理をしたい業者を選択することが可能です。コレは債務を返済する際には業者を選択することが出来るようになるということです。借入金額も業者によって異なるので整理する債務先を自分で選択することが可能です。

任意整理の手続きはどの機関に申し立てるのか

任意整理はどこに相談すれば良いのでしょうか?債務整理は法的な手続きなので、司法書士や弁護士に依頼、相談する事が可能となります。弁護士と司法書士の違いは司法書士は一定の借金の整理手続が可能で140万円以下の民事訴訟の和解・交渉が可能です。一方法律関係業務は,登記を等弁護士が行うべきで、弁護士は140万円以上の債務の法律相談、交渉、訴訟などが可能になります。よって債務の生理の際には弁護士に依頼するほうが適しているといえます。
任意整理の手続きの進行はどこの事務所も同じように進行していきます。弁護士によっては和解して元金を減らしたり過払い請求をすることが出来る弁護士や司法書士もいます。また手数量なども異なるのでしっかり確認をしておくことが大切です。
債務整理のやり方、または和解の仕方は各事務所によって異なり、交渉が出来る弁護士に任意整理をしたり、また法的手続きが簡単に出来るように事前に丁寧に解決することが出来るようになります。
任意整理は手続き、裁判所を通す必要はありませんが、評判の良い弁護士や司法書士に相談すれば十分な解決策を見出す事が出来るようになります。債務整理の為に債務整理・借金返済のご相談などは無料で行っている専門家もいますので借金での悩み相談から初めて見ましょう。
借金返済についてどのように解決していくら減額できるのかをシュミレーションすることで任意整理を行うことで借金の負担を軽減することが出来るようになります。滞納した借金でも相談可能です。弁護士事務所に無料相談した際に詳しく返済の仕方をアドバイスしています。
借金をしている金額、返済できる金額によって手続きの方法なども異なります。借金をなんとかしたいと思っている方は弁護士事務所に相談することで任意整理を行うことが出来るようになります。

住宅ローンが払えずに任意整理するどんなことが起こる?

任意整理をすると財産や借金はなくなるのか?

家を守りつつ借金の返済をするなら、任意整理や個人再生と言われるように自己破産ほどの負担がかからないのが特徴です。そのため任意整理を行うことで財産を失うことはありません、また財産もそのまま継続して失うこともないので自己破産に比べるとデメリットの少ない借金解消方法です。任意整理を行って借り入れしている金額を減額する事が可能ですが、財産や住宅ローンをそのまま継続して所有して行くことが可能です。

債務整理を行うときに過払い請求などを行うとより元金を減らして支払いの負担を軽減することが可能になり早期の返済が可能となります。過払い金があれば借金がなくなるどころか、過去に払い過ぎたお金が現金で戻ってきます。任意整理を行うことは支払いを完済する近道であり、財産はそのまま保持していくことが可能です。

その上の手続きで自己破産は、現在住んでいる家は売却され、住宅ローンや借金の返済として支払いをしていくことになります。任意整理や個人再生ならば財産とされる車や不動産、または厳禁や株券などの財産への影響はありません。任意整理は債務者と業者間での和解を行うために、信用情報には傷がつく事はありませんしブラックリストに載ることもありません。

任意整理をすると配偶者や保証人にも影響がある?

任意整理をすると配偶者や保証人にも影響があるのかどうか?基本的に保証人になっている方で債務者がしっかり返済中の時には任意整理を行っても配偶者、及び、保証人への影響はありません。支払いを継続的に行っている段階なので、債務の責任は全て債務者にあると言えます。債務者が支払いを行っている最中は保証人への督促なども行きませんし、また債務者の支払いが遅れていても保証人への請求などもありません。任意整理をすることは、借り入れしている債務の利息を止めることで元金が残ります。この元金を債務者が返済できなくなってしまった時に保証人への請求が始まります。そのため任意整理の手続きを行うことで配偶者、保証人への影響はありません。

任意整理以外にも住宅ローンの苦しさから解放される手段はある?

自己破産と任意整理はどちらが良いのか

借り入れしている金額が高額になってしまっている多重債務者の方には場合によっては自己破産をすすめる専門化もいます。またその時に収入の状況なども大きく関係してきます。返済が可能な金額ならば、債務整理、任意整理などの手続きが良いでしょう。100万円くらいの借り入れならば利息を止めれば早期に完済する事が出来るでしょう。しかし借り入れしている金額が住宅ローンやキャッシング、カードローンからの借り入れが多い方で500万円から数千万円以上の借り入れをしている方で返済の見込みがないときには専門家は自己破産をおすすめします。

個人再生と任意整理はどちらが良いのか

個人再生と任意整理ではデメリットが少ないのが任意整理です。個人再生法は借り入れしている金額を大幅に減額することが可能ですが、手続き期間が長く、原則的に3年間の返済期間に入ります。お大幅に額面が減額することになりますが、決められた期間は計画的に返済をしていく必要があります。任意整理は個人再生の様に手続きに時間がかからず弁護士など専門家がすぐに電話して和解をすることが出来ますので、すぐに利息を止めて返済に入り額面を減らしていくことが出来るようになります。

任意整理をする前に任意売却はオススメ?

任意売却は住宅ローン支払い困難者にとっては助かる手続きで住宅ローンの債務が残っていても不動産などの物件を売却することが可能です。そのためには不動産コンサルタントが債権者と債務者を和解させる必要がありますので。もちろん法的な専門蟹依頼することが大切です。任意整理をする前に任意売却をしておけば住宅ローンの滞納なく、また遅延損害金もかからずに全ての債務の負担を軽減することが出来るようになります。任意売却の後に残る債務は、ローン残高が売却価格を上回るならば、債務の返済に当てることも可能です。下回るときには残りを一括返済する必要があり売却が出来ないとされていましたが、任意売却は、債権者との合意があればローンを残したまま抵当権を自由に決定することが可能となります。ここでは任意整理の様に、裁判所が関与しないので貸付データに名前がブラックリストとして載る事がありません。まずは弁護士に相談することからはじめましょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

【払えない…】住宅ローンの滞納から差し押さえまでの期限は6ヶ月!

住宅ローンの滞納から不動産差し押さえまでの流れ 住宅ローンを滞納すると差し押さえの通知が来る 住宅ローンを滞納すると、最終的には担保不動産を ... 続きを読む

住宅ローンが払えない

不動産差し押さえ

住宅ローンが払えず個人再生をするのは損が少なくなるのか?

住宅ローン残債がある状況で個人再生をする方法 個人再生の手続きと申立に必要な書類は何がある? 個人再生とは、債務(借金)の支払いが困難なとき ... 続きを読む

住宅ローンが払えない

住宅ローンと個人再生TOP

債務整理をすると住宅ローンの残債はどうなるの?

住宅ローンの悩みは3つの債務整理方法で解決できる! 住宅ローンの債務整理は自己破産・個人再生・任意整理、どれが良い? 債務整理は、債務を整理 ... 続きを読む

住宅ローンが払えない

住宅ローンと債務整理TOP
×

イエイ不動産売却