不動産売却のお悩み解決はイエトク!

一戸建てを買取してもらうなら押さえたい4つのポイント!

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

一戸建ての売却には「仲介」と「買取」の2種類ある

一戸建て住宅などの不動産を売却する場合、個人で買い手を見つけることは難しいため、不動産会社に依頼した方がスムーズに進みます。
「仲介」は不動産会社に買い手を見つけてもらう方法で、仲介を依頼した会社以外の個人、又は法人に売却する方法です。
仲介を依頼した不動産会社は、その物件を手に入れるわけではありませんが、仲介手数料を依頼者からもらうことによって利益を得ます。

一方の買取制度は、不動産業者に直接買主となってもらって物件を売却する方法です。
不動産会社はそのまま他の個人や法人へ売却することもありますが、購入後にリフォームをして建物の価値を高めた上で売却したり、建物を解体し更地にして売却したりします。
この場合、不動産会社自身が買主となっているので、当然のことながら仲介手数料はかかりません。
不動産会社はリフォームや更地にして建物、又は土地の価値を高めた上で購入価格よりも高く販売することで利益を得ることを目的としているのです。

そのため買取の場合、購入する側の不動産会社は後にかかるリフォーム費用又は解体費用などを予め見込んで多少安い金額で購入しなければなりません。
最初から高値で購入してしまうと、後で売却する時の利益が縮小したり、逆に赤字になったりしてしまうからです。

一戸建ての買取査定はどこで行えばいいの?

一戸建てを買取で売却する場合にはいくつか注意する点があります。
それは、「不動産会社の全てが買取に対応しているわけではない」ということです。
買い手を見つけるだけの仲介であれば、不動産会社が負担する費用は広告費などあまりかかりません。
しかし、買取を行うということになれば、不動産会社にもそれなりの資金力が必要です。
そのため、不動産会社の中には、「買取は行わない!」なんていう会社もあります。
いざ、勇気を出して買取の査定依頼にいったら、「その不動産会社が買取はしていなかった」なんていうことにならないよう、依頼する予定の不動産会社が買取をしているかどうか、事前に調べておくようにしましょう。

また、買取を依頼する際に複数の不動産会社に査定を依頼することは必須ですが、できれば売却する予定の一戸建て住宅がある地域の会社にも依頼しておきましょう。
不動産会社の中には、大手チェーン店から個人が営む比較的小規模なものまで様々です。
しかし、買取価格は店舗が大きければ大きいほど高くなるというわけでもありません。
地元に根付いた不動産会社の方が地域の実情をよく知っており、今後のその地域における開発計画などもよく知っていることがあります。
そのため、適正な価格を提示してくれることもありますので、買取査定をする際は必ず依頼する会社の一つにしておくようにしましょう。

一戸建ての買取金額はいくら?高く売るには買取業者を見極める!

買取する側の買取業者は、購入後にリフォームや解体工事などを行います。
そのため買取価格は仲介で売却するよりも安くなることが多く、一般的な相場としては仲介による売買価格の90%~70%ぐらいです。
そのため、仲介よりも買取の方が高く売れるのは稀ですが、買取業者次第でその買取価格は大きく変わることがあります。

また、売買を専門とする業者の中でも、買取しか行わない会社、仲介も行ってくれる会社など様々です。
買取を希望している場合どちらが良いということはなく、基本的にはより親身になって高値で販売してくれそうな業者を選ぶべきですが、傾向としては買取専門業者の方が高く買い取ってくれることが多いといえます。
これは、買取専門業者の方が仲介をメインとする会社よりも、買い取った後の土地活用におけるノウハウが蓄積されていますので、その分高く売る方法を知っているためです。

買取業者の中には、一定期間販売活動をしても結果的に売却できなかった時に、あらかじめ契約しておいた価格で不動産を買い取る「買取保証」を行っている会社もあります。
利用する側からすると、最悪でも契約金額で売却できるという安心感がメリットです。

仲介より買取の方が向いている一戸建てとは?

仲介で売却する場合のメリットは買取よりも高く売れる場合が多いということですが、買取を利用する場合のメリットには「仲介よりも早く売却できるケースが多い」「売却できない物件でも買い取ってもらえる」ということがあります。

例えば、「道路と一戸建て住宅の敷地が隣接していない」場合や「隣接していても道幅が狭く、車が入れない」といった物件を売却しようとしている場合、中々買い手が見つからないことがあります。
しかし、業者との間で買取の契約がまとまれば、買い手が見つかるまで待つ必要はありません。
売却して新しく住宅を取得することを検討している場合など、できるだけ早くまとまったお金が欲しい時には買取をしてもらった方が早く売却することができるのです。

また、「築年数が20年以上経過しており、建物の価値としてはほぼ0円になっている」場合や、「違法な増改築を繰り返しており、売却できない」場合でも買取業者が直接買取してくれれば、売却することは可能です。
そもそも、最初から売却することが難しい物件の場合には、仲介で依頼するよりも効率よく売却することができます。

査定依頼から物件引渡しまで…一戸建て買取はやることは山積み!

一戸建て住宅を買取してもらうためには、まず複数の会社に査定依頼を出すところから始めましょう。
複数の会社へ査定依頼をして買取価格を提示してもらったら、その中から条件の良い会社に対して提示価格の根拠や疑問点があれば質問して解消してください。
1社に絞ることができたら、買取業者と売却スケジュールを打ち合わせして、売買契約を締結しましょう。
契約締結後、物件の引き渡しや残金の決済をして売却終了です。

買取は仲介よりも比較的短期間で売却することができますが、売却価格は安くなることが多いです。
そのため、できるだけ一戸建てを高く売却を方法として必ず複数社へ査定依頼を出すことが大事なことだといえます。
とはいっても、一社ずつ足を運んで査定依頼をするのは時間も費用もかかります。
そのような手間がもったいないと思う人は、インターネット上で複数の業者に査定依頼ができる「一括査定」を利用してみてはいかがでしょうか。
所定の事項を入力して依頼すれば複数の業者に対して一度に査定依頼ができますので、同じ話を複数の業者にする必要がなく便利です。
できるだけ楽に高額売却することを考えると、一括査定を利用するのがベターといえます。

一戸建て買取は査定額を知ることから!

一戸建て住宅を売却する際に「買取にして買取業者に買い取ってもらう」、「仲介を依頼して買い手を見つけてもらう」という2つの方法については、どちらが優れているということはありません。
どちらにも一長一短があり、売却を検討している人のおかれている状況次第だといえます。

ただし、買取には仲介を依頼するよりも早く売却できるというメリットがありますので、自分の設定している金額よりも高値で売れそうなときは買取を利用してみる方がよいでしょう。
そのためには、買取査定額を知ることが大事です。
現在では一括査定サイトはたくさんありますが、中には数分で手続きが完了するものもありますので、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

一戸建ての売却に必要!仲介手数料 一戸建て物件を売却する際にかかる費用の中で比較的金額が大きいものに、不動産会社に支払う「仲介手数料」があり ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建てを貸すと定期的な賃貸収入に!その相場とは? 一戸建て住宅を賃貸物件として貸し出すことにおける最大のメリットは、何といっても家賃収入を ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建て売却における税金は「利益」が出ないと発生しない 一戸建て売却では利益が発生した場合のみ「譲渡所得税」と呼ばれる税金が発生します。 売 ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image
×

イエイ不動産売却