不動産売却のお悩み解決はイエトク!

一戸建て売却の相場が知りたい!物件を高く売るポイントとは

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

一戸建て売却には地価と相場の正しい理解が重要

一戸建ての売却にはまず何が必要か考えてみましょう。売却は不動産会社に任せるのが一般的な方法です。媒介契約をすることで家を買う人を探してもらったり、売買契約など必要なことを代行してもらったりできる頼もしい存在として活躍してくれます。

しかし、不動産会社に売却を任せる前に、売主が知っておかなければならないことが家の価格です。もちろん、不動産会社に依頼すれば査定をして提示してくれます。しかし、ここで注意したいことは、査定価格は不動産会社によって変わってしまうということです。そのため、不動産会社はいきなり1社に依頼するのではなく、複数に査定を依頼することが望ましいといわれています

ここでおすすめしたいのは一括査定です。「一括査定」なら無料で複数社に同時に査定依頼を出すことができます。事前に一括査定をしておけば自分の物件の相場がわかります。また、実際に売却するのがスムーズになります。

また、住宅ローンを滞納していても売却をすることはできます。様々な原因があると思いますがまずは査定しなければ始まりません、査定の種類や方法を見てみましょう。

机上査定と訪問査定

実際に売却する時まず最初は査定を依頼します。不動産会社に依頼をする査定には訪問査定と机上査定2種類があります。

机上査定

机上査定とは不動産会社が築年数や間取りなどのデータから見積もりを出す査定のことで、実際に売却物件への訪問は行いません。訪問には来ないので物件の設備や立地などは考慮されません。しかし、書類のみでの判断なので査定は数日で終わり早く結果を知ることができます。

訪問査定

前項でも少し出てきましたが訪問査定とは実際に不動産関係者が物件に来て視察する査定方法です。なので、周辺との立地関係や設備など正確な査定額を期待してます。訪問査定のために部屋を清掃しきれいに見せることで物件の価格を上げることも望めます。場合によってはリフォームも一つの手です。

デメリットとして訪問の時間を割かなければならないことが挙げられます。

インターネット査定

最近はインターネット上で匿名でも簡易査定できるサービスなどが普及しています。これらはとても便利ですがその分ものすごい量の電話がかかってくるなど一定の注意も必要です。

イエイの一括査定サービスでは個人情報の保護はもちろん、しつこい電話などもありません。しかし、査定してる以上連絡は来るので依頼するのは2〜3社がいいでしょう。

不動産会社の選び方

一括査定サービスで複数社に査定を出し結果が帰ってきたらどこの不動産を選べばいいのか迷うと思います。もちろん高い金額で売却したいわけですから査定額の高い不動産を選びたいと思います。

しかし、あまりにも高い額で見積もってきた場合は注意が必要です。実際に契約すると会社側から「売れる見込みが無いから売り出し価格を値下げをした方がいい」などと言われて結果的に相場よりも安い売却価格になってしまうなんてことも起こりうるからです。

悪徳な業者を避けるためにも、不動産会社を選ぶ時は金額ではなく売却実績を参考にしましょう。複数社に査定額を出し、その平均価格と売却実績で不動産会社を選ぶのようにしましょう。

一括査定は悪徳な不動産会社を避ける手段にもなるということです。いずれにせよ自分の家の価値がどれくらいなのかを知らずに売ってしまうのはおすすめできません。

一戸建ての売却にはまず売主自身がしっかり相場を知り、そのうえでできるだけ多くの不動産会社に査定してもらいましょう。

一戸建ての築年数によって売却の相場は変わる?

一戸建てを売却するときに考えたいのは築年数です。土地の価格は何らかの要因がない限り大きな変化が見られることはありませんが、建物は違います。

どんなに費用をかけて建設したものであっても、築年数が経過するごとに価格はどんどん下落していきます。新築に近い価格での売却が見込める一戸建ての条件は、せいぜい築5年前後と考えるのが妥当でしょう。

しかし、一方で築浅物件は意外と相場が下がりやすい傾向もあります。築10年を経過した中古住宅になってくると、水廻りを中心に設備や内装、外壁などに傷みが見られるようになります。

このタイミングでメンテナンスが必要になる箇所が出てくるため、築10年はひとつの区切りとして考えられています。築8年~10年といえば中古物件としてはまだ築浅として分類されますが、建物として考えたときにはメンテナンス費用がそろそろ発生してくる時期なのです。

この理由から、たとえ築8年の一戸建てであっても、そろそろどこかに傷みが見られる可能性が高いと判断され、相場が下がりやすくなります。

中古物件の購入を希望する人で一番多いのが築10年以内の建物です。購入する側も買ってからいきなりメンテナンスをする必要が出てくると、それだけリスクがかかります。これを避けたいと考えるのは一般的なことでしょう。

一戸建て物件の売却相場を知るために!不動産取引価格情報検索を利用する

一戸建ての相場を知る手段にはほかの方法もあります。こちらは主に土地の価格が中心になってくるので、築年数がかなり経過した古い物件の売却を考えているときの参考にしてください。築年数が20年、30年と経過してくると、傷みだけでなく外観のデザインや間取りなど、使い勝手が近年の家族には合わない部分も出てきます。

古い一戸建ての場合は更地にして売却することも多く、そのほうが高く売れたり早い時期に決まったりする可能性が高いのです。

国土交通省のサイトにある「土地総合情報システム」からは、不動産会社で実際に取引された情報を「不動産取引価格情報検索」から見ることができます。「不動産取引価格情報検索」に入ったら売りたい物件のある地域を検索してみましょう。地図からダイレクトに選ぶこともできるので、入力が苦手な人は地図上でクリックすると取引のあった件数が出てきます。

そこをクリックすれば土地の面積や用途、隣接する道路の種類などが同時にわかります。 「土地総合情報システム」からは「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」を見ることもできます。

その他にも「相続税路線価」、「固定資産税路線価」と言うものもあります。これらはそれぞれ都道府県地価調査価格の80%・70%の価格となるので相場を知るなら地価公示・都道府県地価調査が最もふさわしいと言えます

こちらは地域に対して地価を入力して該当する場所が検索できるものですが、希望価格がある場合に該当するかどうかの目安にできます。国土交通省のサイトで相場を把握してみましょう。国土交通省「不動産取引価格情報検索」

一戸建てを売却する際の相場を知るなら、一括査定を利用すると便利!

一戸建てを売却するうえでは、まず売主が相場を把握してから不動産会社に託すことが上手な売却の方法です。 相場を知ったうえでたくさんの不動産会社で査定してもらうのが望ましいですが、まずは不動産会社を探さなければいけません。 時間のない人にとっては、何箇所も査定依頼するのは大変な作業でしょう。

そこで、近年増えているのが一括査定」です。 登録している不動産会社も多く、個別に訪ねるよりもずっと効率良く依頼ができます。 多いところでは1,000社もの不動産会社が登録されているので、利用者はそこから自由に選べばいいのです。

利用方法は簡単なので、利用してみましょう。 はじめに売りたい家の基本情報を入力します。 間取りや築年数、広さなどを入力するだけです。 サイトによって若干手順や入力内容は異なりますが、査定してもらう不動産会社は5・6社程度選択できるのが一般的です。

これぐらいの数が判断するのに適切ということになります。 入力は個人差がありますが、早ければ1、2分程度で完了するでしょう。 あとは、不動産会社から査定が来るのを待つだけです。

自分で実際に訪ねて説明をしなくてもまとめて査定ができ、手元に見積もりが届くので比較しやすいでしょう。 査定結果を比較して、具体的に話を進めたいところに連絡をすればいいのです。

一括査定の詳細を見る

まとめ

一戸建てを高く売却するポイントとして、不動産会社のポータルサイトや国土交通省のサイトを利用して相場をまず調べておくことがあげられます。 それから、短時間で行える便利な一括査定を活用して、まとめて複数の不動産会社から査定をとって不動産会社を選び依頼をするという手順が、一戸建ての賢い売却方法だといえるでしょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

一戸建て売却における税金は「利益」が出ないと発生しない 一戸建て売却では利益が発生した場合のみ「譲渡所得税」と呼ばれる税金が発生します。 売 ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建てを売却するコツ!物件の現状を把握しよう 一戸建ての売却でまず大切なのは、物件の基本的な情報や特徴、そして経年劣化などに伴う現状を把握 ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建ての売却には「仲介」と「買取」の2種類ある 一戸建て住宅などの不動産を売却する場合、個人で買い手を見つけることは難しいため、不動産会社 ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image
×

イエイ不動産売却