イエトク

中古の一戸建てを売りたい!売却流れを解説

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

一戸建ての売却流れその1!情報収集を始めよう

売却の流れを把握することは、より好条件で一戸建てを売却する方法として欠かせない1つのポイントです。
なぜなら、一戸建ての売却は不動産会社にすべてを丸投げするのではなく、自分自身でも努力をする必要があるからです。
一戸建てを売却するためには、まず自分が持っている物件の価値を自分自身が知っておかなければ始まりません。
もちろん、不動産会社に依頼すればすぐにも価格査定を行ってくれるでしょう。
ただ、不動産会社の価格査定は各会社で数値に相違があります。
依頼する不動産会社によっては、自分が思っていたよりも低い金額を提示されることもあるかもしれません。
もちろん、それが相場に沿った金額であれば納得もできるでしょうが、もし相場と大きく離れていたとしたらやはり不満も出てくるでしょう。
だからこそ、まずは情報収集から始めてみてください。
一括査定を利用して各不動産会社の査定価格の違いを把握したり、自分が所有している物件のエリア相場を理解したりすれば、その後の流れを決める上でも重要な参考になるはずです。

一戸建ての売却流れをその2!不動産会社へ査定を依頼

周辺エリアの相場などを下調べしたら、今度は不動産会社に査定を依頼することになります。
ところで、不動産会社はどのように物件を査定しているのでしょうか。
不動産会社は主に2種類の方法で物件を査定していきます。
1つは簡易査定、もう1つは訪問査定です。
このうち、簡易査定は机上査定ともいわれ、実際に住宅に訪問することなく査定をする方法です。
これは周辺で売却された物件のデータや、公示価格などの

データを参考に査定を行っていく手法で、よりスピーディーに査定ができるところに利点があります。
一方、訪問査定は実査定ともいわれ、簡易査定のデータに加え、実際に現地に赴いて詳しく現況を確認する査定方法です。
周辺環境や立地条件などのさまざまな項目からより正確な査定価格を算出することができます。
一戸建ての売却に際しては、ネットなどで簡単にできる簡易査定をまずやってもらい、自宅の相場を把握してから本格的な訪問査定を行ってもらうというのが基本です。

一戸建て売却の流れその3!不動産会社と媒介契約を結ぶ

一括査定などで適正な価格が把握できたら、信頼できる不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。
ただ、媒介契約には種類があり、それぞれの種類に応じて不動産会社との関係性も変わってきます。
媒介契約には、「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があります。
まず、専属専任媒介について見ていきましょう。

専属専任媒介契約は、特定の不動産会社一社のみと契約を結ぶことができます。
そのため、他の不動産会社と重ねて契約することはできません。
一方、不動産会社にも強い拘束力が及びます。
つまり、依頼主は複数の不動産会社と重複的に契約できない代わりに、不動産会社は週に1回程度の頻度で依頼主へ現況の報告義務が発生します。

これに対して、専任媒介契約は専属専任契約ほど強い結びつきではありません。
報告義務も2週間に1回程度と少し緩めです。
ただ、専属専任と同じように、複数の不動産会社と重複契約することはできません。
一方で、専属専任では依頼主自身が不動産会社を通さずに購入希望者を探すことはできませんが、専任媒介契約ならば自分でも売主を見つけることが可能です。

最後に一般媒介契約ですが、これは複数の不動産会社と契約できる形態の媒介契約です。
不動産会社にも依頼主への報告義務がなく、依頼主も不動産会社を通さずに購入希望者を探すことができます。

一戸建て売却の流れその4!不動産を売り出そう

不動産会社との媒介契約を済ませたら、いよいよ物件を売りに出す準備が整います。
実際に購入希望者とも話し合いの場が持ち上がり、細かな交渉などもこの際にしていくことになります。

この段階で気をつけておきたいのが、購入希望者の内覧です。
不動産会社が物件の宣伝活動を行う過程で、購入希望者は物件についての詳細な情報を知ろうとします。
そこで、実際に物件を見学したいと申し出る希望者も少なくありません。
内覧の要望があったら、当然それを断ることはできませんから、そのための準備をしっかりしておくことが大切です。
具体的には、物件の状態を綺麗に保っておくということです。
玄関や水回りなどは特に汚れやすい箇所ですから、内覧に備えてしっかり清掃作業をしておいてください。
また、内覧を成功させるためには物件の印象を少しでも良くしておくことも重要です。
電灯を変えるだけでも雰囲気がガラッと変わることがありますから、雰囲気が少しでも良くなるように準備しておきましょう。

一戸建ての売却流れその5!購入希望者と交渉しよう

購入希望者が現れたら、交渉してお互いに求める条件を詰めていくことになります。
いつ交渉することになるのか、それはわかりません。
内覧時に交渉になることもありますし、売買契約を結ぶ時に話し合いの場を設けるということもあります。
ただ、かなりの高い確率で、購入希望者から値下げが提案されると考えておいてください。
そのタイミングについてはわかりませんが、売主の立場からするといつ値下げ交渉を申し出られても対応できるように準備しておきたいところです。
値下げの申し出を受けたときに準備が今ひとつだと、その場の雰囲気に流されてつい応じてしまうこともあります。
そうならないためにも、どの程度の値下げであれば応じられるのかなど、あらかじめ基準点を決めておくと良いでしょう。

また、交渉は価格に関することだけではありません。
購入者に求める条件なども、人によってそれぞれ異なるはずです。
実際の交渉は不動産会社が行うことになりますから、自分の要望や条件はあらかじめしっかりと不動産会社の担当者に伝えておくようにしましょう。

一戸建ての売却流れその6!物件情報を開示する

内覧時に購入希望者が訪問したときなど、こちらがわかっている情報はきちんと開示しておかなければなりません。
たとえば、住宅に何らかの不具合がある場合、その不具合を報告しないで物件の引き渡しをしてしまうと、後々になってトラブルに発展してしまうこともあります。
住宅の建てつけが悪い、電気がつかない部屋があるなど、購入希望者の判断に関わりそうなことは隠さず伝えるようにしましょう。
もちろん、そうした不具合はなるべく言いたくないというのが売主の心情かもしれません。
ただ、そうした情報を隠したとしても、結局はいつか露見してしまうことになるでしょう。
不具合が購入後に発覚した場合、売主の側にその責任が生じることもあります。
また、売主にはシロアリや雨漏りなどの情報をしっかり伝える義務があります。
お互い気持ちよく売買を完了するためには、情報の良し悪しに関わらず、包み隠すことなく伝えるようにしましょう。

一戸建ての売却流れその7!売買契約を結ぶ

さまざまな手続きを行った後、ようやく売主と買主との間で売買契約を結ぶことになります。
売買契約の締結の際や物件の引き渡しの日には、当然物件の購入者もその場に同席します。
そのため、お互いのスケジュールを調整しなければなりません。
その際、自分の日程よりも、購入者の希望の方が優先される傾向にあることは覚えておいてください。
購入者にとって、一戸建ての購入は人生で最大ともいえる買物です。
だからこそ、特別な思い入れを持って契約する人も少なくありません。
契約の締結日を大安に合わせたいという人もいるので、スケジュール調整はどうしても難航しがちです。
お互いのスケジュール調整がうまくいかない結果、契約が白紙になってしまうこともないわけではないため、スケジュールにはできるだけ余裕を持たせておくようにしましょう。
日程の調整が無事整えば、いよいよ売買契約に移ることになります。
契約当日には重要事項の説明や、手付金の支払いなども行われるため、その準備もしっかりしておく必要があります。
こうした準備は、通常不動産会社がやってくれますが、自分でもきちんと確認しておくようにしましょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

お盆用コピー

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

最適な価格で売りたい!一戸建てを売却するコツ5選

一戸建てを売却するコツ!物件の現状を把握しよう 一戸建ての売却でまず大切なのは、物件の基本的な情報や特徴、そして経年劣化などに伴う現状を把握 ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建てを買取してもらうなら押さえたい4つのポイント!

一戸建ての売却には「仲介」と「買取」の2種類ある 一戸建て住宅などの不動産を売却する場合、個人で買い手を見つけることは難しいため、不動産会社 ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建てを売却する際に必要!手数料&費用が知りたい

一戸建ての売却に必要!仲介手数料 一戸建て物件を売却する際にかかる費用の中で比較的金額が大きいものに、不動産会社に支払う「仲介手数料」があり ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image
×

イエイ不動産売却