イエトク

最適な価格で売りたい!一戸建てを売却するコツ5選

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

一戸建てを売却するコツ!物件の現状を把握しよう

一戸建ての売却でまず大切なのは、物件の基本的な情報や特徴、そして経年劣化などに伴う現状を把握しておくことです。
一戸建て物件には木造や鉄筋といった造りを基本に、さまざまな建築様式があります。
これによって外観のデザインなど多様な個性が出ます。
これらの特徴から同じ広さの物件であっても売却価格には差が出るのです。
特に自分が居住している物件であれば、長く使っている間に間取りや動線といった実際の使い勝手も把握できるでしょう。
内装や設備の状態など、特に使用には問題が見られないものであっても、利便性についてまとめておくのも良い方法です。
オール電化なのかガスを併用しているのかといった条件でも、使いやすさや生活上の経費は変わってきますし、メンテナンスの費用や頻度にも違いが出ます。
一戸建てといっても、建て主のこだわり次第でそれぞれに個性があり、状態が違うことを理解しておかなければなりません。
誰にでも使いやすいものであるのか、住む人を選んでしまう物件なのか知っておくことも必要です。

一戸建てを売却するコツ!物件の見た目を良くしておこう

築年数が長い場合の一戸建てで問題になりやすいのは、見た目の劣化でしょう。
外壁の汚れ以外に破損や色あせなど、さまざまな要因で外観の印象は悪くなります。
普段はなかなか見えにくい屋根部分やその付近も劣化や破損の多い場所ですが、外壁が全体的に傷んでしまうと家そのものが古い印象を受けます。
こうした見た目の問題は、一戸建ての売却価格を下げてしまう原因にもなり、なかなか買主が現れない原因にもなるのです。
一戸建ての売却価格を少しでも上げるには、適切なリフォームや修繕を未然に行うことも良い方法です。
一戸建てのメンテナンスは普段から適切に行なっていることが理想的です。
しかし、なかなか時間やタイミングがないまま着手ができなかった場合でも、売却を決めた時点で全体をしっかり確認しましょう。
水廻りは傷んでいないか、外壁はどうか、屋根に破損は見られないかなどをチェックし、必要な箇所をメンテナンスしておくのです。
販売してから売れないことを理由に慌ててやるより、販売開始前にやっておくのがコツです。

一戸建てを売却するコツ!物件の価格相場を把握しよう

物件相場を把握しておくことも、一戸建て売却の重要なポイントになります。
自分が売却したい物件がいくらで販売されているのか、どれくらいの価値が適切なのかを目安にする基準は必要です。
物件の相場を知るにはいくつかの方法があるので、できるものからやってみましょう。
もちろん、全部試してみるのもおすすめです。
まずひとつは、不動産のポータルサイトを使って調べる方法があります。
検索でできるだけ上位に来ているサイトにアクセスし、売りたい物件と同じ地域、間取り、広さ、築年数など、同等の条件で検索して販売価格を確認しましょう。
必ず同じということではありませんが目安になります。
そして、国土交通省のサイトにある「不動産取引価格情報検索」でも、実際に取引のあった土地の価格などを知ることができます。
実際に売却を仲介してもらう不動産会社に査定を依頼するのが一般的ですが、できるだけたくさんの会社に査定してもらうのもコツのひとつです。
一括査定を利用すれば、一度に複数の不動産会社の見積りが取れるので、時間のない人でも簡単で大きなメリットがあります。

一戸建てを売却するコツ!適性な価格を設定しよう

一戸建てを売却するときには、できるだけ高く売りたいと考えるものです。
もちろんそれは良いことですが、どこまでなら下げてもいいかということも考えておきましょう。
一戸建ての適正な価格を考えるときには、最高価格と最低価格をあらかじめ設定しておくと迷わずに決められます。
これは、査定してどこの不動産会社と媒介契約をするかというときの決め手になりますが、それだけではありません。
実際に販売が開始されたときに、万が一なかなか売れない場合にはどこまで値引きしても良いかという判断材料になります。
不動産会社に任せておくにしても、どこまでなら値引きしても良いという意思を伝えておけば、売る側もスムーズに進めやすくなります。
もちろん、できるだけ良い条件で売却してもらうことは前提です。
一戸建てを売却するときは、はじめから価格設定を下げ過ぎないようにしましょう。
築年数や外観に対してあまりにも安い印象があると、何か問題があるのではないかと考えてしまう人もいるからです。
下げるときには段階を経て落とすのがコツといえます。

一戸建てを売却するコツ!内覧はオープンな雰囲気を演出しよう

一戸建ての売却前には内覧があります。
この内覧に、希望価格で早く売れるかどうかの大切なコツがたくさんあるのです。
不動産会社に任せてしまうケースもありますが、中古物件の場合は実際に住んでいた人が立ち会うと、購入希望者に安心感を与えることができます。
購入者は問題のある物件は避けたいと考える傾向があるため、前の居住者が健全な事情で手放したことがわかることは、前向きな判断材料のひとつになります。
しかし、内覧での基本的な説明は不動産会社に任せるのがコツです。
売主はプレゼンを補佐する立ち位置で接しましょう。
質問に対して答えるぐらいが適切です。
無理にすすめるような姿勢や報告義務を負わないマイナスイメージを話さないよう注意しましょう。
そして、家は明るい雰囲気にしておくと好感が持たれます。
暖かい季節なら窓を開けて風の通りを印象付けたり、全体的にオープンな雰囲気作りをしたりすることです。
水廻りを中心に気になる箇所にはクリーニングを入れておいたり、電灯を交換しておいたりするなど、自分でできる部分の工夫もしておきましょう。

まとめ

一戸建てを良い条件で売却するためのコツを紹介してきました。
一戸建て売却に向けてのコツは、居住しているときからできること、売却を決めてからできること、そして販売が開始されてから注意したいことなどに大きく分けることができます。
家の現状を押さえて必要なメンテナンスを行い、相場を把握するのも大きなコツといえます。
そして、できるだけたくさんの不動産会社から査定を取るには、一括査定を利用して比較検討するのも、一戸建てを適正価格で売却する重要なコツといえるでしょう。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

一戸建てを売却する際に必要!手数料&費用が知りたい

一戸建ての売却に必要!仲介手数料 一戸建て物件を売却する際にかかる費用の中で比較的金額が大きいものに、不動産会社に支払う「仲介手数料」があり ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建てを売却したいときは査定のここに気をつけよう!

一戸建ての査定はどのように行われるの? 一戸建て売却の査定方法は、主にふたつが主流になっています。 ひとつは「簡易机上査定」で、もうひとつは ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image

一戸建てを売却したい!ローンが残っていても可能?

一戸建てのローンが残っていても、売却時に完済できればOK! 住宅ローンが残ったままの一戸建てに問題が発生する可能性があるのは、抵当権が設定さ ... 続きを読む

一戸建ての売却

no image
×

イエイ不動産売却