不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家を売却したいのに……売れない3つの原因と対策まとめ

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

家が売れない期間は3ヶ月を目安に

不動産会社に売却を依頼する際の結ぶ媒介契約は3種類あります。そのうち1つの会社とだけ契約を交わす「専任媒介」と「専属専任媒介」の契約期間は通常3ヶ月です。複数の不動産会社に依頼することが可能な「一般媒介」には期間の定めはありません。ただ3ヶ月様子をみてもあまり動きがないようであれば、依頼する不動産会社の変更も含めて売却のための対策を練り直すタイミングだといえます。

原因1:売却価格が高すぎる

家を売却する側としてはできるだけ高く売れた方がうれしいのは当然です。しかし適正価格からかけ離れて高すぎる場合はやはりなかなか売れません。そもそも見学に来る人すらいないという状態ならば、家探しをしている人がいても高すぎて物件情報を見た段階ですでに候補から外されている可能性もあります。

もし売れない原因が価格のせいかもしれないと感じたのであれば、まず適正価格を知るために1度複数の不動産会社に価格査定を依頼してみるとよいでしょう.売りに出していた物件価格が適正だったかどうかある程度判断がつくはずです。他にも最初に価格設定したときからかなり時間が経過している場合は相場が変化していることも考えられます。そのため価格査定を見直すとともに、周囲で売りに出ている似た物件の価格も調べて差がないか比較検討もしてみてください。

一方、希望者は出てくるものの契約にまでいたらないという場合は、家の現状と価格が釣り合っていない可能性も考えられます。土地の価格は上がる可能性があるものの、建物自体は時間が経過するほど価格が下落していく傾向です。売り主が考えている以上に市場価格が下がってしまっているというケースや物件そのものの条件以外に何か購入にいたらない要素が影響している場合も考えられます。

例えば「もう少し駅や学校・スーパーなどに近かったら」「騒音がなくて静かな環境なら」など、実際に現地を訪れてみて初めてわかる立地や周辺環境も要素のひとつです。ただ買い主としては高いと購入の決断がしにくくても、価格が低ければ妥協できる範囲に入るかもしれません。そのため高く売りたい気持ちはわかりますが、買い主側のニーズに合った価格に下げることを考えなければいけないケースもあります。

原因2:物件に問題がある

売り主が住んだままで売りに出す場合は空き家を売り出す場合とは異なります。大きな家具類が部屋の中に複数あるだけでも見た目が狭く感じてしまうことがあるのです。そこに生活感のある日用品があふれていたり汚れが目立ったりすると見学に来た人が新しい生活を思い描くどころか購買意欲も失せてしまう可能性があります。

さらに普段生活していると意外と気にならなくなっているのがその家のにおいです。売れる家にするためには掃除や整理整頓しておくのはもちろん、家に入った瞬間の嫌なにおいを感じないよう心配りをしておくことも大切といえます。空き家の場合もこまめな換気や掃除などのメンテナンスをしっかりして、大切にしている姿勢が見える家のほうが好感を持てます。モデルルーム並みの演出までする必要もありませんが、最低限見学に来てくれる人のイマジネーションを妨げないような工夫は忘れないようにしてください。

また汚れやすい水回りは家事をすることが多い女性なら特に気になるポイントでしょう。きれいに掃除しておくのはもちろんですが、老朽化がひどい状態ならば思い切ってリフォームするのもひとつの方法です。例えば古くさいキッチンのままよりもきれいで近代的でおしゃれなキッチンにリフォームされているほうが、主婦の人にとってはテンションが上がる場合もあります。

もちろん買い主側が好みに合ったリフォームをしたいと考える場合もあり、水回りが古い分多少値引きをして売るということもできるでしょう。ただそもそも購買意欲をそそられない物件ならば、いつまで経っても売れずに残ってしまう可能性があります。リフォームをするとなればそれなりに費用も発生しますが、売れない原因が家にあるのならば多少の負担は覚悟でより家の価値を上げるためのひと手間をかけると売却できるケースもあるのです。

原因3:不動産会社に問題がある

実は不動産会社ならばどこでも同じように家の売却をスムーズにしてくれるというわけでもありません。病院にも内科や整形外科などそれぞれに専門とする診療科目があるように、不動産会社でも土地の売買が得意な会社もあれば賃貸業のほうが専門というところもあるのです。

そのため依頼した会社が中古住宅の売却に強いところでない場合は売れない原因が不動産会社の力不足ということも考えられます。また不動産会社と専任や専属専任の媒介契約を結んでいる場合、その後の対応はどうでしょうか。専任媒介の場合は2週間に1回以上、専属専任媒介ならば週1回以上「どのように営業をしたか」「問い合わせがあったかどうか」などを依頼主に報告する義務があります。

そのため客からの問い合わせがあるなしにかかわらずこまめに報告してくれるはずですが、万一専任媒介や専属専任媒介で定期的な報告がないならばもってのほかといえます。報告義務が課されていない一般媒介の場合でも、音沙汰がなく進捗状況が分からないような会社は本当に営業活動をしてくれているのかどうか分かりません。 もし価格や物件の条件が悪くないのに売れないという場合は、依頼した不動産会社に問題がなかったかを思い返し、問題がありそうならば不動産会社を変える検討をする必要があります。

不動産業者の変更は慎重に!

売却したいのに売れない理由を価格・物件・不動産会社の3方面から考えてきました。売れない原因は各物件によってさまざまですし、複数の原因が絡み合っている場合もあります。売れないことで焦りを感じてしまうかもしれませんが、焦って間違った対策を施してしまっては損することにもなりかねません。

まず冷静に原因を追究し、わからないことがあれば適切なアドバイスをしてくれる専門家を見つけて相談することも大切です。そんなにたくさん業者を知らないという場合は一括査定を利用するのがおすすめといえます。査定してくれた業者を含めて幅広い選択肢の中から比較検討して信頼できる業者を探してみてはいかがでしょうか。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

知らないと騙される!契約前に家の相場を把握する 不動産会社の出した査定額が間違っていた場合、あなたの家はいつまでも売れなかったり、安く買い叩 ... 続きを読む

家の売却

家を売却する前に不動産売却の基礎知識を学んで準備しよう 基礎知識の準備1:家を売却するには「媒介契約」が必須 不動産の売却には大きく2通りの ... 続きを読む

家の売却

家を売る準備

固定資産税の評価額って何?どんな風に決まるものなの? 不動産を所有している人に対して、固定資産税が課税されます。この税金額を算出するための基 ... 続きを読む

家の売却

no image
×

イエイ不動産売却