不動産売却のお悩み解決はイエトク!

家の売却に欠かせない!必要書類まとめ!

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

家の売却依頼時に必要な書類

不動産会社へ家の売却を依頼する場合、事前に準備しておく必要のある書類がいくつかあります。一般の人は、普段あまり取り扱うことのない書類も少なくないので、どのように入手すればよいのかわからない人も多いでしょう。 不動産会社へ家の売却依頼時の必要書類の中で特に重要なのが登記簿謄本と売買契約書です。登記簿謄本とは、不動産の現況や状況、権利関係などが記載されているもので、この書類を見れば、その不動産の所有者を把握できます。不動産の所有者でなければ売却できないので、確認するために必要となるのです。登記簿謄本は全国各地にある法務局で入手することができます。自宅の最寄りの法務局で入手すればよいのではないでしょうか。 売買契約書とは、売却を考えている不動産を売買によって取得した時に作成した契約書です。登記簿謄本では、売却対象の不動産の所有者が依頼者になっていても、それが真実の権利関係であるとは限りません。そのため、実際、依頼者に権利があるのかを確認するために売買契約書も必要となるのです。不動産の売買契約をする前に宅建士が、重要事項証明書を交付して、その不動産について詳細に説明しなければならないことになっています。したがって、売買契約書の他に重要事項説明書の提出を求められる場合も少なくありません。これらの書類は、自宅で保管しているのが通常です。 固定資産の納税者とその額を確認するために、固定資産納税通知書の準備も必要になります。毎年、不動産所在地のある市区町村役場から自宅へ郵送されてくるので、入手の必要はありません。 その他、土地の地積の詳細を確認できる土地測量図、隣人との境界合意を証明できる境界確認書、建物の間取りや設備の詳細を確認できる図面や設備などの仕様書も必要になる場合があります。これらの書類が必要であるか否かは、不動産会社によって違うので、事前に詳細を確認したほうがよいでしょう。

売買契約時に必要な書類

売買契約によって、数百万円から数千万円単位の不動産の権利が移転します。真正な取引の実現と売却不動産の情報を明らかにするため、売主は売買契約時にも複数の必要書類を準備しなければなりません。 売買契約時の必要書類として権利証、身分証明書、印鑑証明書、銀行口座の通帳があげられます。権利証とは、売却不動産の権利を取得した際に法務局から交付される書類です。購入時に登記手続きを担当した司法書士から送られてくるのが一般的で、自宅や貸金庫などで保管している場合が多いのではないでしょうか。身分証明書とは、依頼者が不動産の所有者本人であることを確認できる書類のことで、運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど代表的です。印鑑証明書は実印登録したことを証明する書類になります。こちらは、登録先の市区町村役場で入手します。銀行口座の通帳は手付金や残代金の振込先の情報を確認するために用意しなければなりません。 それから、売主や売却不動産の種類などによって、準備する必要書類が追加になる場合があるので、事前に不動産会社へ確認しておきましょう。売主の現住所と売却不動産を購入した時の住所が違う場合、住民票を用意しなければなりません。不動産売買による所有権移転登記の手続きをする前に、売主の住所を変更する登記手続きをする必要があるからです。住民票は住所のある市区町村役場で入手できます。売却不動産にローンが残っている場合は、その額の確認が必要となるので、ローン残高証明書が求められるでしょう。この書類は、ローンを利用している金融機関から発行してもらえます。 建物が建築基準法の適合を証明する確認済証と検査済証も保管しているのであれば、準備しておく必要があるでしょう。その他、建物の詳細を把握できる建築設計図書や設備に関する説明書の準備を指示する不動産会社もあります。

手元にあれば提出したい書類

売却する際の必要書類というわけではありませんが、不動産会社から手元にあれば提出して欲しいとお願いされるものがいくつかあります。これらの書類があれば、買主側にもよい印象を持ってもらえる場合も多いです。それによって、売主側の希望額による売却の実現可能性も高くなるので、手元にあれば提出したほうがよいでしょう。 耐震診断報告書を提出すれば、建物の耐震性を証明できるので、買主側に安心を与えます。築年数の長い中古不動産の売却の際には、特に重要になるでしょう。さらにアスベスト使用調査報告書を提出するとより効果的です。耐震診断やアスベストの使用調査は専門業者へ依頼するので、そこで入手します。地盤調査報告書や住宅性能評価書を提出すると、売却不動産が欠陥品ではないこと印象づけられるでしょう。業者や評価機関から入手できるので、可能な限り提出したほうが好ましいです。 これらの書類を提出するか否かは、状況によって変わってくるので、事前に不動産会社へ確認したほうがよいでしょう。

売却後に!確定申告の必要書類

いくつもの手続きを経て、ようやく不動産を売却できて一安心。長い期間の不動産売却手続きを終えればこのように思ってしまうでしょう。しかし、不動産を売却後、譲渡所得が発生した場合、確定申告をしなければなりません。譲渡所得が発生したとは、売却価格から購入価格と手続き費用などの経費を差し引いて利益が出た場合を言います。 不動産売却後の確定申告をする場合、手続きに関する書類を取得しなければなりません。 具体的な必要書類ですが、確定申告書のB様式に加えて、分離課税用の確定申告書も用意する必要があります。不動産売却による譲渡所得の確定申告は、事業所得や給与所得と分けて計算しなければならないからです。次に不動産売却の譲渡所得の内訳書の提出も必要になります。この書類には、売却不動産の情報と売却価格や取得価格、売却手続き費用などの経費を記載します。それから、不動産売却による譲渡所得を計算する情報を裏付ける資料も提出しなければなりません。不動産売却時と不動産購入時の売買契約書、仲介手数料や印紙税などの領収書などがそれにあたります。これらの書類は原本ではなく、コピーで構いません。

詳細は契約する不動産会社に確認!

家を売却する場合、不動産会社へ依頼する時や売買契約を締結する時に多くの書類を準備しなければなりません。売却手続きがうまくいって売却益が出た時は、確定申告をするために複数の書類が用意する必要があります。また、各手続きの際の必要書類は人によって違うので、どの書類が必要なのか判断に迷う場合も少なくありません。したがって、必要書類を準備する際には、事前に不動産会社へ相談するのがおすすめです。 売却を依頼する場合、どの不動産会社へ選べばよいのかわからない人も多いでしょう。不動産会社によって売却価格の査定が異なるので、複数の業者を比較考慮して選ぶことが大切です。各不動産会社へ個別に査定を依頼していては、時間と手間がかかってしまいますが、複数の不動産会社から一括査定をしてもらえれば、一度で済むのでスムーズです。そのため、一括査定を利用して不動産会社を選ぶのがよいですね。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

空き家の放置は危険!賢い売却と対策方法まとめ 今まで親や親族が済んでいた家が、高齢化などの様々な事情で空き家になっている人は気を付けた方がい ... 続きを読む

家の売却

ローン中の家でも売却できる? 住宅ローンが残っている家を売却するには住宅ローンを全額一括返済する必要があります。 ローンの支払いが残っている ... 続きを読む

家の売却

no image

家の掃除が査定額に影響する? 家の価値は掃除しただけで大きな変動はあるのでしょうか。実際に家の価値を決めるのは、家の構造や間取り、陽当たりな ... 続きを読む

家の売却

no image
×

イエイ不動産売却