不動産売却のお悩み解決はイエトク!

【プロならここを見る!】売却を成功させる不動産会社の選び方

不動産の売却活動の質は不動産会社や営業担当者によってバラつきが出てしまいます。
不動産会社の選び方を知り、信頼できる担当者に出会うことが不動産売却では最重要です。

今回は、不動産のプロが不動産会社を選ぶときのポイントを聞いてきました。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
POINT
  • 多くの人は不動産会社を選ぶ際に「高く売ってくれること」や「物件周辺の事情を熟知していること」などを重視する
  • 不動産のプロはが不動産会社を選ぶ場合、ホームページや社員の採用基準などをチェックする
  • 大手不動産会社と中小不動産会社のメリット・デメリットは「表裏一体」である

不動産会社を選ぶときに多くの人が重視する項目

不動産会社選びの基準は人によりさまざまです。これから不動産会社を選ぶ人にとっては「不動産を売却した経験がある人は、どういう項目を重視したのか」を知ることが参考になります。過去にたくさんの顧客から不動産売却の依頼を受けてきたプロによると、以下のような項目に集約されるようです。

  • 高く売ってくれること
  • 物件周辺の事情を熟知していること
  • 信頼できる不動産会社であること
  • 販売活動に熱心であること

これらのほかには、「手数料を値引いてくれる」という項目も多いそうですが、仲介手数料はどの不動産会社も一律なので、あまり現実的ではありません。ただし、地域に密着している不動産会社や依頼の内容によっては、柔軟に対応してくれることもあります。

それでは、不動産のプロの不動産会社を選び方では、どういったことを重視しているのでしょうか。

不動産会社の選び方でプロが注目しているポイント

不動産のプロが不動産会社を選ぶとき、次に挙げるポイントに注目するようです。

不動産会社の選び方①:HPの更新頻度や内容

販売をしっかり行っている会社はネット集客の重要性も心得ているので、ホームページ上の物件の更新頻度が高い傾向にあります。

また、お客様の写真やアンケートなどが掲載されている不動産会社についても、顧客と信頼関係を築いている証なので評価できる要素です。

不動産会社の選び方②:仲介会社の採用基準

採用基準がしっかりとしている会社は、営業の質が高いことが予想できるので高評価なようです。学歴不問・歩合給制で採用している不動産会社も多く、採用基準が不明確な場合、社員の営業の能力やモラルにあまり期待ができない可能性があります。

不動産会社の選び方③:強みや専門分野

基本的に、不動産会社はオールマイティな営業活動をしています。例えば、ハウスメーカーの子会社などは新築住宅の販売がそもそもの事業目的なので、売却に弱いという傾向が見られます。なので、ハウスメーカーの新築住宅を購入したとしても、売却は地域密着型の不動産屋のほうが有利に売却できる可能性が高いです。

大手不動産会社か中小不動産会社かの選び方

不動産会社の選び方に加えて、ここでは大手不動産会社と中小不動産会社の、企業規模の違いによるメリット・デメリットを説明します。

大手不動産会社と中小不動産会社のメリット・デメリット

メリット デメリット
大手不動産会社
  • ネームバリューがあり、顧客数が多い
  • 会社の体制が確立しており、信用度も高い
  • ネームバリューが高いゆえに、営業社員の能力にバラツキがある
  • 社員の異動があるため、地域の細かい情報に疎い
  • 仲介手数料の値引きは絶対にない
中小不動産会社
  • 地域の特性や売り方、売りやすいエリアなどの情報に精通している
  • 顧客数が少ない分、営業社員の能力が高い
  • 経費的な制約が少なく、広告活動にも積極的になりやすい
  • 仲介手数料の値引きに応じてくれることがある
  • 雑な営業をしている不動産会社がある
  • 顧客が少なく、売却チャネルが限られる
  • 企業としての信頼度に欠ける不動産会社がある

このように、大手不動産会社と中小不動産会社というのはメリット・デメリットが「表裏一体」となっていて、どちらを選ぶかは売主次第です。

ただし、最終的には会社としての規模よりも担当する営業社員の資質や能力によるところが大きいと言えるでしょう。

POINT
  • 多くの人は不動産会社を選ぶ際に「高く売ってくれること」や「物件周辺の事情を熟知していること」などを重視する
  • 不動産のプロはが不動産会社を選ぶ場合、ホームページや社員の採用基準などをチェックする
  • 大手不動産会社と中小不動産会社のメリット・デメリットは「表裏一体」である

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

×

イエイ不動産売却