イエトク

【プロ厳選!】不動産一括査定サイト「TOP3」とメリット・デメリット

不動産一括査定サイトは、売りたい物件に関する情報を入力するだけで、無料で複数の不動産業者へ一括で査定依頼を出すことができます。
しかし、一括査定サイトもたくさんあり、どのサイトを使えばいいか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、不動産のプロが厳選した一括査定サイトTOP3とメリット・デメリットを説明します。

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)
この記事のPOINT
  • 不動産一括査定サイトには、複数の不動産業者に査定依頼を出せるなどのメリットがある
  • 不動産一括査定サイトには、複数の不動産会社から営業電話やダイレクトメールが来るなどのデメリットもある

不動産一括査定サイトのメリットとデメリットを比較してみよう

メリット1:複数の不動産会社に査定依頼を出せる

不動産一括査定サイトのメリットは、一度の入力操作で複数の不動産会社に査定依頼を出せることです。査定依頼は、一社ではなく複数の会社に依頼するのがセオリーですが、その作業をインターネットで完結することができます。

一般に数十社が登録されており、サイトによっては登録されている不動産会社が1,000社以上というところもあります。

登録されている全ての会社に査定依頼を出せるのはもちろんのこと、自分が選択をした不動産会社にだけ依頼をするのも可能です。

メリット2:利用は無料なので、手軽に査定依頼ができる

また、不動産一括査定サイトの利用は無料なので、手軽に査定依頼をすることが可能という点もメリットに挙げられます。

そのため、実際に売却するのを検討しているわけではないが、「ちょっと気になったので、どれくらいで売れるのかを調べてみたい」というときに利用することができます。

メリット3:たまにキャッシュバックキャンペーンを行っている

さらには、不動産一括査定サイトでは数万円分の商品券などがもらえるといった、キャッシュバックキャンペーンを行っていることもあります。

ただし、キャッシュバックをもらうためには、査定を依頼した不動産会社と媒介契約を締結したこと、売却が成立した場合などの条件が設けられているので注意が必要です。

【不動産一括査定サイトのメリット】
  • 一度の入力操作で、複数の不動産業者に査定依頼を出せる
  • 無料なので、手軽に利用することができる
  • キャッシュバックキャンペーンにより、商品券などがもらえることもある

デメリット1:複数の不動産会社から、営業電話やダイレクトメールが来る

しかしその一方、不動産一括査定サイトには、利用するにあたって押さえておくべきデメリットもあります。

一括査定の依頼をすると、複数の不動産会社からの営業電話やダイレクトメールが数多く来るようになります。特に営業電話については、一括査定の依頼をしていることを不動産会社でも知っているので、他社に負けと攻勢をかけてくる点には注意が必要です。そのため、単に価格を知りたいので一括査定をするという場合には、その後の対応も考えて、査定の依頼をする不動産会社を絞るべきです。

デメリット2:査定依頼を出すのは、提携をしている不動産会社に限られる

また、一括査定サイトは複数の不動産会社に査定の依頼を出せるという点がメリットだと説明しました。しかし、それは提携をしている不動産会社に限られるという点には注意が必要です。

サイトによっては中堅の不動産会社との提携が多く、大手や特定のエリアに強い会社などをカバーしていないところもあります。その点を理解したうえで利用するようにしましょう。

【不動産一括査定サイトのデメリット】
  • 複数の不動産会社から、競うように営業電話やダイレクトメールが来る
  • 提携をしている不動産会社による査定に限られる

この点、一括査定サイトを利用する、利用しないにかかわらず、複数の不動産会社に依頼をするのであれば、

  • 査定を依頼するなら2社~3社ほどにすること
  • 査定をする際には、大手・中小・地元密着型など、規模や特性を分散させること

を心がけるといいでしょう。

不動産一括査定サイトでは、個人情報の取り扱いに細心の注意を払っている

不動産一括査定サイトを利用するにあたって、物件情報はもちろん、個人情報の入力も必要になります。そこで心配になるのが、個人情報が漏れてしまうのではないかということ。

前述のように、一括査定の依頼をすると、複数の不動産会社からの営業電話やダイレクトメールが数多く来るようになります。ただし、そのような連絡が来るのは査定を依頼した不動産会社のみです。

この点、個人情報の流出は不動産一括査定サイトを運営している会社にとって、絶対に避けるべき事態です。そのため、プライバシーマークの取得や個人情報保護方針の策定、SSLといったデータ暗号化技術の採用など、細心の注意が払われています。

【SSL(Secure Sockets Layer)】

「Secure Sockets Layer」の略であり、インターネット上で通信データを暗号化する技術のこと。サーバとパソコンとの間の通信データを暗号化することで、第三者による情報漏洩や改ざんを防げる。

なお、それでも個人情報の入力は避けたいという場合、匿名で査定依頼ができる不動産一括査定サイトも一部にはあるので、そちらを利用するといいでしょう。

おすすめの不動産一括査定サイトランキング

不動産一括査定サイトTOP3の評判

ここでは、数ある不動産一括査定サイトのなかから、プロの目線で1位から3位までランク付けをしてみました。なお、3位は2つあるので注意してください。

【不動産一括査定サイトおすすめランキング】
1位

イエイ

登録されている不動産会社の数が最も多く(※1,000社以上)、売却の可能性を広げるという意味で強い。大手が中心でありながらも、買取仲介とエンドユーザー仲介のそれぞれを重視する会社が含まれているので参考になる。
2位 イエウール 大手だけでなく、地域密着型の不動産会社も多く登録されていることが高ポイント。さらに、投資物件に強みを持つ会社も登録されているので、さまざまな観点で査定を受けられるのも強み。
3位 オウチーノ 自社買取と仲介のそれぞれに強みを持つ会社が登録されており、幅広いチャネルで査定の依頼ができることが高評価。
マンション.navi リロケーション物件を取り扱っている会社が登録されており、もし売却活動をしても売れなかった場合に、買取または賃貸という発展的な提案をしてもらえる可能性があるので、「オウチーノ」とともに3位にランクイン。
【リロケーション物件】

リロケーション(relocation)とは、転勤などによって誰も住まなくなった家を一定期間だけ賃貸管理する業務のこと。そのような物件をリロケーション物件と呼ぶ。賃貸期間が終了すると、貸主に家が明け渡される。

この記事のPOINT
  • 不動産一括査定サイトには、複数の不動産業者に査定依頼を出せるなどのメリットがある
  • 不動産一括査定サイトには、複数の不動産会社から営業電話やダイレクトメールが来るなどのデメリットもある

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
完全無料次へ(60秒で完了)

この記事に関係ある記事はこちら

無料で査定価格を比較!不動産一括査定「イエイ」の口コミと使い方

イエイはなにができるサービス?特徴とメリットデメリット 不動産一括査定サービスのイエイは文字通り、複数の不動産仲介会社に一括で売却査定の依頼 ... 続きを読む

不動産の一括査定

イエイトップ
×

イエイ不動産売却