不動産売却のお悩み解決はイエトク!

不動産売却をしたいけど査定ってどうするの?

「査定ってどこにお願いすればいいの?」


マンション売却をする時に行われる査定には種類がありどこにどの査定をお願いしていいか分からないかもしれません。

せっかく物件を売るならやはり高く売りたいと思います。この記事では査定がどのようなものかと査定のコツを解説します。

あなたの家の査定額、500万円UPするかもしれません。

家の査定価格は、実は査定を出す不動産会社によって大きく差が出ます。自分の家や土地の値段を知らずに家を売却すると、440万円も損をすることがあるので「一括査定」であなたの家の適正価格を知りましょう。

差額 物件
Kさん 440万円UP! 東京都
一戸建て
Oさん 200万円UP! 大阪府
マンション
Mさん 220万円UP! 愛知県
マンション
あなたの家の最高査定額を無料比較

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

そもそも査定とは?

不動産売却における査定とはどのようなものなのでしょうか?

査定の種類と一括査定

一戸建ての売却・マンションの売却で不動産売却は少し異なりますが、査定に関しては同じです。不動産売却の査定には机上査定と訪問査定の2種類あります。双方メリットとデメリットがあるので自分にあった査定方法を検討しましょう。

机上査定

机上査定とは不動産業者の立会が不要で簡易的に大まかな相場を知れる査定です。30分前後で査定ができる反面、ほとんどが物件の築年数や間取りなどの情報のみで判断さてしまうためデータの信憑性が低いデメリットがあります。

訪問査定

訪問査定は実際に不動産業者が物件の見学に来て部屋の状態や家の周辺との立地関係など細かい査定が行われるため机上査定よりも精度の高い査定を期待することができます。デメリットとして査定に立ち会うための時間を確保しなければならないため気軽に査定を行えない点が挙げられます。 実際に立ち会うので査定の期間はどうして遅くなります。

まずは一括査定をする

机上査定・訪問査定をする前に「一括査定」をして自分の物件の相場を知っておくことはとても重要です。先に一括査定をしておけばその後の売却までの流れはスムーズになりますし、不動産業者の査定額があまりにも低い時などに悪徳な不動産業者をすぐ見分けることができます。また、イエイの一括査定サービスなら無料で複数社に査定を依頼し比較できるのでより正確な査定額を望めます。イエイの一括査定はイエローカード制度によって個人情報の流失もありません

一括査定の詳細を見る

不動産売却の流れ

不動産売却において査定はとても大事なことです。まずは不動産売却の流れを見てみましょう。

不動産売却の流れ
  • 1.情報収集をして相場をつかむ
  • 2.査定
  • 3.媒介契約の締結
  • 4.販売活動
  • 5.物件案内(内覧)
  • 6.売買契約の締結
  • 7.抵当権の抹消の準備
  • 8.残金決済・所有権移転などの引き渡し準備

このように大きく分けて8つのステップに分かれています。それでは少し細かく見てみましょう。

不動産売却までの8つの流れ

1.情報収集をして相場をつかむ

まずは自分の物件の相場を知りましょう。物件の相場を知るには一括査定」が便利です。

2.査定

次に査定です。実際に不動産会社に査定してもらいましょう。この時先に一括査定をして自分の物件の価格を把握しておくことで、不動産会社から安すぎる価格などを提示された時に適切ではないことを見破ることができます。

なので必ず先に一括査定」をしましょう。

3.媒介契約の締結

媒介契約とは、不動産の売却・購入を不動産会社に仲介してもらうために結ぶ契約です。不動産売却のやりとりや手続きは個人間でおこなうことが非常に困難なので、媒介契約を締結して不動産会社に依頼するのがほとんどです。この媒介契約には

媒介契約の種類
  1. 一般媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 専属専任媒介契約

の3種類があります。

4.販売活動

それでは実際に販売活動を行いましょう。主に自分で行う販売活動には「不動産の売り出し価格設定」があり、不動産業者が行ってくれる販売活動には「スーモやアットホームなどの各種不動産会社のポータルサイトへの掲載」「新聞折込チラシの配布」「不動産流通機構(レインズ)への掲載などがあります。」

5.物件案内(内覧)

購入希望者が見つかると次はいよいよ内覧です。内覧は購入希望者が実際に物件を見学しに来るものです。

内覧のコツはにも記載しているので参考にしてみてください。

6.売買契約の締結

内覧が無事に終わり、あなたの物件が気にいってもらえばついに売買契約の締結です。

売買契約締結までのステップは

  1. 買主と契約内容の確認
  2. 買主への重要事項説明
  3. 不動産売買契約書を用いて契約の締結
  4. 手付金の支払い

以上の4つです。

7.抵当権の抹消の準備

売却時に住宅ローンが残っていたら、抵当権抹消をする必要があります。抵当権の抹消は自分でも可能ではありますが、必要書類を集めて漏れなく記入し、抹消の手続きをするまでには半日以上かかってしまうので、1万円前後かかりますが、報酬を支払ってでも司法書士に依頼するのがオススメです

抵当権の抹消に必要な書類は以下のとおりです。

【抵当権抹消時の必要書類】
  • 登記原因証明情報
  • 登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 登記識別情報通知
  • 抵当権設定契約証書
  • 金融機関からの抵当権抹消委任状
  • 金融機関の資格証明書(代表者事項証明書、現在事項証明書など)
  • 金融機関宛ての返信用封筒

8.残金決済・所有権移転などの引き渡しの準備

抵当権の抹消が完了したら引き渡しはすぐそこです。引き渡しに向けて下記の6つのことを行いましょう

  1. 残金決済
  2. 所有権移転登記
  3. 抵当権抹消
  4. 土地の実測・協会確認
  5. 立ち会いのもと現地確認
  6. 立ち退き確認

詳細はでも説明しているので参考にしてみてください。

どんな不動産会社に査定を依頼すればいい?

自分の物件を売却するのですから失敗したくないのは当然です。どんな不動産会社に査定を依頼すればいいのでしょうか。

査定自体はどこに依頼して大丈夫です。しかし、なかには悪徳業者もいます、査定はしても決して早まって契約しないようにしましょう。複数社で見積もりだしてもらってから信頼できる業者に頼みましょう。

信頼できる業者と言っても高価格で見積もってくれたり迅速に対応してくれたりという要素で決めてはいけません。難しい話ですがやはり今までの実績を確認するのがいいでしょう。

反対にかなり高い金額で査定を出してくる会社には注意しなければなりません。契約して蓋を開けてみると全然物件が売れずに結果売却価格をかなり下げられてしまうなんてこともあります。

このようなトラブルを避けるためにもまずは一括査定」をしましょう。

まとめ

  • 机上査定と訪問査定の2種類がある
  • 一括査定」をしておくとトラブルを避けれる
  • 査定を依頼する時は複数の不動産会社に

不動産ってどう売るの?損しない不動産売却の始め方

手順 やること
1 まずは「一括査定」で簡易査定を依頼する
2 メールで届いた結果をもとに、話を聞きたい会社があれば店舗にいってみる
3 直接話を聞き、査定額の説明に納得できた会社に売却を依頼する

”売却査定”のスピード診断をしてみよう(無料)
今日、売ったら最高いくらで売れるかが正確にわかります

大京穴吹不動産」「ソニー不動産」「ピタットハウス」「センチュリー21
などの不動産会社から査定結果が届きます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

この記事に関係ある記事はこちら

不動産の売却価格(売り出し価格・売却希望価格)の基本 不動産売却価格は相場を知ることが重要 不動産を売却する際に一番気になるのは「いくらで売 ... 続きを読む

不動産査定

不動産売却の査定ってどうやるの?査定方法と基本の流れ 不動産査定とはどんなもの?査定額の出る仕組み 不動産査定とは、不動産の価格を算出するも ... 続きを読む

不動産査定

×

イエイ不動産売却